あいりおーの“毎日作りたくなる”おうちパン
あいりおー
あいりおーの“毎日作りたくなる”おうちパン

オレンジとチョコのショコラブレッド

あいりおーさんのフーディストノート公式連載です。主にホームベーカリーを使った、初心者でも簡単に作れるおうちパンをご紹介します。今回は「オレンジとチョコのショコラブレッド」です。
2017/02/10
2017/02/10
view
焼きチョコみたいなほろにがショ...
記事一覧
香ばしセサミ食パン

チョコオレンジ13.jpg

みなさん こんにちは あいりおーですノヽ口―_φ(ゝc_,・*)♪

先週もバレンタイン向けというか、

バレンタインにのっかってチョコのパンでしたが

今週もチョコを使っためっちゃ美味しいパンのご紹介です。

パンをプレゼントすることはないと思うのですが(笑)

家族へバレンタインにちなんで作るって感じでパンが登場してもね。

オレンジピールを練り込んだココア生地にチョコチップを巻き込み

仕上げにチョコレートでデコレーションするというチョコづくしのパンです。

クグロフ型でちょっとよそ行きな感じに仕上げていますが、

どんな型を使っても、そのままでもOKです。

型に入れて焼き上げることでよりしっとり柔らかく焼き上がります。

ではバレンタインに乗っかって早速レシピをご紹介します。

材料   14cmクグロフ型2個分
パン生地材料
強力粉・・・180g
無糖ココア・・・20g
黒砂糖・・・25g
・塩・・・3.6g
スキムミルク・・・6g
インスタントドライイースト(あれば耐糖性)・・・3g
・全卵・・・25g(室温に出して冷たくないもの)
・水・・・105g(今時期ならぬるま湯、卵と合わせて34度くらい)
オレンジピール・・・50g
バター・・・20g

フィリング
チョコチップ・・・20g×2個分

トッピング
ローストアーモンド・・・8粒(160〜180度で10〜15分程度ロースト)
ローストピーカンナッツ・・・4粒(160度~180度で10分程度ロースト)
グリーンピスタチオ・・・適宜
・ドライみかんチップ・・・2枚
・シナモンスティック・・・2本(飾りだけ)
チョココーティング
チョコレート・・・50g
マイクリオ・・・0.5g
テンパリングが面倒な方は

コーティングチョコ・・・50g

作り方

チョコオレンジ.jpg

1、バター以外の・印のパン生地材料をホームベーカリーや捏ね機にセットし、

スイッチオン。オレンジピールも最初からですよ。
10分後にバターを投入。

捏ね上がったら綺麗に丸め直してボウルに入れて

シャワーキャップをかぶせて30度くらいのところで

生地が2倍~2.5倍になるまで1次発酵します。

砂糖とオレンジピールの糖分で通常よりも糖分が少し多めなので、

耐糖性のインスタントドライイーストがおすすめですが、

ない場合はいつものイーストでも時間はかかりますがゆっくり

発酵しますので気長に膨らみを見ながらお待ちくださいね。

仕込みに使う水や粉が冷たいとそれだけでも発酵を遅くしてしまいます。

気温に合わせて仕込み水の温度を少し温めてあげるといいと思います。

チョコオレンジ2.jpg

2、1次発酵が終了したら、2分割にして綺麗に丸め直して生地を休ませます。

この時室温が寒い部屋だと生地が冷え切ってしまうと2次発酵も遅くなるので

20度切るようなお部屋ならオーブンの発酵機能のスイッチを入れて

丸め直した生地が乾燥しないように大きなビニール袋をかぶせて

15分ほど休ませます。

チョコオレンジ3.jpg

3、成型
①十分生地を休ませたらガス抜きめん棒を使って18cm程度の丸に伸ばします。
フィリングのチョコチップを2/3程度パラパラと乗せる。

②上から真ん中へ折る。

③下から真ん中へ折る

④3に残りのチョコチップを乗せる。


チョコオレンジ4.jpg

4、成型つづき
①3-4の生地を真ん中へ半分折る
②反対側も真ん中へ折る
③裏返して10分生地を休ませて生地が緩んだら丸める。
④丸めた生地の真ん中に指で穴を開ける。

チョコオレンジ5.jpg

5、オイルスプレーを塗った型の筒に穴を開けた部分を通し
 生地を入れたら、手で軽く押さえて平にならします。
※この時生地の綴じ目が型の底にくるように、綺麗な面が上を向くようにします。


チョコオレンジ 6.jpg

6、5の生地を35度に設定したオーブンや発酵器で一回り大きくなるまで2次発酵させます。

この時生地が乾燥しないようにお湯を少し入れたトレーなどを

オーブンの天板の下に入れておくと湿度を保って発酵できますよ。

チョコオレンジ7.jpg

7、6の生地を200度に余熱したオーブンで14分~15分ほど焼成します。

焼けたら型ごとキッチンの台に軽く打ち付け、中の熱い空気を逃し

型から出して、ケーキクーラーで荒熱を取ります。

※ご家庭のオーブンに合わせて温度、時間は調整してくださいね。

チョコオレンジ10.jpg

8、仕上げ
チョコレートを湯煎にかけて40度に溶かし、34度まで下がったら
マイクリオを入れてヘラで撹拌して簡単テンパリング終了。
この時32度を下回らないように手早く作業します。

面倒な方はコーティングチョコでもOKです。
ただチョコを溶かしただけでは綺麗に固まらないのでテンパリングは
面倒ですが、チョコが美味しく綺麗に固まる大切な工程です。

チョコオレンジ8.jpg

9、8のテンパリングしたチョコレートを絞り袋に入れて
画像のように垂らしながら絞る。

チョコオレンジ9.jpg

9、チョコを垂らしたらローストしたナッツやオレンジを飾って出来上がり。


チョコオレンジ12.jpg

ケーキみたいな華やかな「オレンジとチョコのショコラブレッド」の出来上がり。

チョコオレンジ11.jpg

カット面は見えにくいですが、オレンジと大振りのチョコチップが見え

オレンジのさわやかな風味とチョコの甘さがとっても美味しいパンです。

よかったらぜひお試しくださいね♪




最後まで読んでくださってありがとうございます。
。” ゚☆,。・:*:・゚★o(´▽`*)/♪Thanks♪\(*´▽`)o゚★,。・:*:・☆゚”

焼きチョコみたいなほろにがショ...
記事一覧
香ばしセサミ食パン
あいりおーさんのこれまでの記事
この記事のキーワード
この記事を書いた人
あいりおー
あいりおー

福岡県在住。子どもたちの為に始めたキャラ弁作りをきっかけに2006年からブログを開始。その後、パンやお菓子も作れるお母さんになりたいという思いから全く縁のなかったパンやお菓子作りを開始。写真の美しさや世界観にも定評があり、今では企業へのレシピ提供やCM撮影用のパン制作など、多方面で活躍の幅を広げている。著書『あいりおーのお店みたいなパンレシピ』(宝島社)も好評発売中。

 

<ブログ>
Happy Delicious Bakery
Happy Delicious Bakery Sweets

 

<Instagram>
あいりおー(@airio830)

 

※あいりおーさんへの取材・仕事依頼はこちら