旨みや食感がたまらない♪「ザーサイ入りチャーハン」のアイデア5選

旨みや食感がたまらない♪「ザーサイ入りチャーハン」のアイデア5選
中華料理でおなじみの「ザーサイ」。箸休めやおつまみなど、そのまま食べてもおいしいですが、チャーハンの具材として使うのもオススメですよ!塩気や旨味、コリコリとした食感がいいアクセントになってくれます♪すぐに試してみたくなる組み合わせがいろいろ!ぜひチェックしてみてくださいね。
fumirioko
fumirioko
2022/03/16
2022/03/15
view

ザーサイと焦がし白菜のチャーハン

甘みのある白菜の芯の部分とザーサイを使ったチャーハン。白菜を炒める時はあまり動かさず、両面をこんがりと焼き付けるようにするとジューシーが保てます。塩気のあるザーサイも味付けの一部なので塩抜きは不要。塩こしょうで味を調えてくださいね。

ザーサイとそら豆の炒チャーハン

旨味たっぷりのザーサイとウィンナーに、ほくほくのそら豆を加えて食べ応えたっぷり!そら豆は冷凍のものでもOKですが、旬の時期にはぜひ塩ゆでして使ってみてくださいね。塩こしょうで味を調える際は、少し薄めに仕上げると最後までおいしくいただけますよ。

ザーサイと桜えびの塩チャーハン

ザーサイと桜海老の入ったシンプルな味付けのチャーハン。レンジで全て完結するお手軽レシピなので、パパッと作りたいランチにもぴったりです。2人分作る時はレシピの分量を全て倍にすればOKです。

鶏と野菜のザーサイチャーハン

鶏もも肉とみじん切りにした野菜がたっぷり入ったチャーハンに、ザーサイの塩気がアクセントになった具だくさんの一品。彩りにねぎとごまをふってどうぞ♪

ザーサイときゅうりのチャーハン

きゅうりとザーサイ、卵を使ったシンプルなチャーハン。きゅうりはスライスしてそのまま炒めても大丈夫ですが、ひと手間かけられるなら塩もみして水気を絞って炒めると、シャキシャキの食感が楽しめます。

特別な食材を用意しなくても、おうちにあるものですぐにできそうなものばかり。ぜひチャーハンの定番に加えてみてくださいね!

この記事のキーワード
関連記事
新着記事