夏野菜は凍らせると便利♪野菜料理家いがらしかなさんの夏野菜ランチレシピ

夏野菜は凍らせると便利♪野菜料理家いがらしかなさんの夏野菜ランチレシピ
暑くて食欲がない…。そんなときのランチは、手早くできてスルッと食べられる、麺類や丼ものの出番!そこで、野菜料理家のいがらしかなさんに、そうめんやパスタ、丼に夏野菜を組み合わせた、おいしくて野菜もたっぷりいただける、夏野菜ランチレシピを教えていただきました♪なかでも、野菜を冷凍するアイデアは必見です!
フーディストノート
フーディストノート
2021/08/12
2021/08/09
view

暑いときにぴったり「氷野菜そうめん」

「食べきれない夏野菜は下ごしらえして保存袋に入れて冷凍しておくと、さっと使えて便利ですよ」と、いがらしさんおすすめの“氷野菜”。そうめんにたっぷり盛れば、そうめん全体がほどよく冷えて暑い日にぴったりの一皿に♪氷野菜が溶けないうちに、作ったらすぐにお召し上がりください。

いがらしかなさんの氷野菜そうめん

https://tokyo831.com/post-6480

材料(2人分/調理時間10分※冷凍時間は除く)

そうめん…200g(50g×4束)
トマト…1個
なす…1本
きゅうり…1/2本
ツナ缶…1缶(70g/ノンオイル)
青じそ…4枚
ごま油…大さじ1と1/2
白いりごま…小さじ1
めんつゆ…適量(ストレート)

作り方

いがらしかなさんの氷野菜そうめん

撮影:いがらしかな

【下準備】トマトは1.5cmの角切りにする。なすは乱切りにして、ごま油(大さじ1/2)を中火で熱したフライパンで焼く。きゅうりは輪切りにして塩少々(分量外)で塩もみにする。野菜別に食品保存袋に入れ、冷凍しておく。

1. そうめんをゆで、冷水で洗って水気をきっておく。

2. ツナ缶は汁気をきる。青じそはせん切りにする。冷凍しておいたトマト、なす、きゅうりは袋の上から水をかけてほぐす。

3. 器にそうめん、めんつゆを入れ、トマト、なす、きゅうり、ツナを盛る。青じそをのせ、白ごまをちらし、ごま油(大さじ1)をまわしかける。

 

そうめんや冷やしうどん、冷やし中華など、冷たい麺にぴったりのこの氷野菜。「ほかにも冷や汁、酢のもの、スムージーなどにも活用できますよ。私は、焼いて冷凍したなすを冷や汁に入れるのが好きです♪」と、いがらしさん定番の冷凍ストックだそうです!

 

こちらもおすすめ!いがらしさんの夏野菜お手軽ランチレシピ3選

定番の豚キムチにとろけ~るなすをプラス!

ジューシーな豚肉、とろけるなすを、食欲そそるピリ辛のキムチ味でいただく丼レシピ。「大盛りごはんもペロリの、夏のうま辛丼です。卵黄を絡めながら召し上がってください」

生トマトのフレッシュな香りが食欲をそそる!

「トマトに多く含まれるβカロテンやリコピンは、油と合わせることで吸収しやすくなります。オリーブオイルと合わせるスパゲッティは、トマトの効果的な食べ方です!」。トマト缶は酸味が気になる、という方は生トマトのパスタがおすすめです。

箸が止まらなくなる♪ピリ辛みそそうめん

ピリ辛の味付けが食欲をそそるぶっかけそうめん。「野菜も肉も炭水化物もバランス良く食べられますよ。豆板醤の量を調節すれば、辛いのが苦手なお子さんにも!」

「夏のランチは、夏バテしないようにしっかり食べる派です。身体のほてりを取ってくれる夏野菜をたくさん使います!」という、いがらしさん。いがらしさんのレシピを参考に、甘みもうま味も強い夏野菜をおいしく食べて、暑い夏を乗りきりたいですね。

いがらしかなさん
いがらしかなさん

結婚を機に農家で野菜作りに携わり、野菜料理が大好きになる。現在は旬の野菜たっぷりの簡単レシピを発信する野菜料理家として、書籍、WEB、企業向けのレシピ開発、フードスタイリング、撮影、コラム執筆など行う。著書に『おいしく長く楽しめる!収穫野菜の保存テク&レシピ』(ナツメ社)、電子書籍『ワインに合う!新じゃが&じゃがいもの簡単レシピ10(YASAI&WINE)』(Kindle版)。

<ブログ>
「農家のレシピ帳」

<Instagram>
いがらしかな(野菜料理家)(@tokyo831_com)

この記事のキーワード
関連記事
新着記事