家呑みをアップデート!ぐっち夫婦さんの最高にうまい、おつまみレシピ

家呑みをアップデート!ぐっち夫婦さんの最高にうまい、おつまみレシピ
コロナ禍が続き、おうちでお酒を呑む機会も増えていますがおつまみのレパートリーに悩まれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな時は家呑みをこよなく愛するぐっち夫婦さんのアイデアレシピに頼っちゃいましょう。一見すると手がかかりそうなものも「あれ?実は切るだけ?」「フープロ任せでできちゃう!」など、簡単でおいしいメニューが満載。お店で食べるようなおしゃれなおつまみが作れちゃいます。
フーディストノート
フーディストノート
2021/07/10
2021/07/28
9,668 view

外で呑むのも大好きだけど、同じくらい家呑みが好きだというぐっち夫婦さん。肩肘張らずに、今日食べたいものを作って二人で呑むひとときが、至福の時間だそう。週末はちょっと早い時間から好きなものを作ってゆっくり乾杯。平日は缶詰や市販のものに頼りつつ、さっと作れる時短メニューでサクッと呑むのが定番です。今回は新刊『お疲れ、乾杯。今夜は家呑み』の中から、とっておきのおつまみ3点をご紹介します。

 

ズッキーニの焼きカルパッチョ

“焼き”で変化球!シュワッとしたお酒が呑みたくなる一品です。

カルパッチョ

材料(2人分)

ズッキーニ…1本
ベーコン(ハーフカット)…4枚
オリーブオイル…小さじ1と大さじ1
塩…少々
粗びき黒こしょう…少々
パセリ(みじん切り)…適量
パルミジャーノチーズ(削る)…小さじ1
A オリーブオイル…大さじ1
A レモン汁…大さじ1/2

作り方

1. ズッキーニはヘタを落として5mm幅の輪切りに、ベーコンは1cm幅に切る。
2. フライパンにオリーブオイル小さじ1を中火で熱し、ベーコンを炒めて取り出す。
3. 同じフライパンにオリーブオイル大さじ1を熱し、ズッキーニを並べ入れ、塩と粗びき黒こしょうをふり、両面にこんがりと焼き色がつくまで焼く。
4. 2と3を器に盛り、混ぜ合わせたAとパルミジャーノチーズをかけ、パセリをふる。

 

サバ缶とトマトのガリマヨパン粉焼き

サバ缶を洋風な味つけに。食べごたえあり!平日でもワインをあけたくなるおいしさ。

パン粉焼き

材料(2人分)

サバ缶(水煮)…1缶
トマト…1個
A マヨネーズ…大さじ2
A すりおろしにんにく…小さじ1/4
ピザ用チーズ…50g
パン粉…適量
オリーブオイル…大さじ1
オレガノ…少々

作り方

1. トマトはくし形切りにする。Aを混ぜる。
2. 耐熱皿に汁けを切ったサバ缶、トマト、A、チーズ、パン粉を順に入れ、オレガノをふってオリーブオイルかける。
3. トースター1000Wで2~3分こんがり焼き色がつくまで加熱する。

 

本格水餃子

花椒(ホアジャオ)使いでいつもと違う味が作れる!

水餃子

材料(作りやすい分量)

餃子の皮…20枚
豚ひき肉…150g
キャベツ…80g
ニラ…15g
長ネギ…1/2本
青ネギ(小口切り)…適量
A 酒…大さじ1/2
A 塩・こしょう…各少々
A しょうゆ…大さじ1/2
A すりおろししょうが…小さじ1/2
A すりおろしにんにく…小さじ1/2
A 花椒(パウダー)…小さじ1
<たれ>
ポン酢…大さじ3
ゴマ油…小さじ1
白すりゴマ…小さじ1
花椒(パウダー)…大さじ1
ラー油…適量

作り方

1. キャベツと長ネギはみじん切りにし、ニラは2~3mm長さに切る。
2. ボウルにひき肉、1を入れて、Aを加えてよく混ぜる。
3. 皮の縁半分に指で水(分量外)をぬり、両端を重ねるようにして2を包む。
4. 鍋に湯を沸かし、3を4~5分茹でる。浮いてきたら取り上げ、青ネギを散らし混ぜ合わせたたれをかける。

『お疲れ、乾杯。今夜は家呑み』には、その他にも肉・魚のおつまみ、ピザ・パスタ、冷やっこ・練り物のアレンジ、野菜のおつまみ漬けなど全129品が収録されています。おうち呑みが楽しくなるレシピばかりなのでご興味のある方はぜひチェックしてみてださいね。

 

表紙

『お疲れ、乾杯。今夜は家呑み』ぐっち夫婦(著)

総フォロワー数約80万人!大人気夫婦料理家として活動するぐっち夫婦待望のおつまみレシピ本がついに登場!切るだけ、ほっとくだけ!なのにお店で食べるような、洒落たおつまみが作れます。リラックスできて楽しい家呑みですが、おつまみレシピのレパートリーってそんなにないし、毎度テイクアウトするというわけにもいきません。今回、おうち呑み大好きなぐっち夫婦が家呑みをアップデートするアイディアを提案します。

プロフィール
ぐっち夫婦さん

夫婦料理家。「食」「料理」を通して、何か楽しいことを伝えるべく活動中。テーマは「日々の暮らしを楽しくおいしく。ちょっとおしゃれに」。

(Tatsuya) ご飯のすすむ料理や一品ものが得意。料理を口に入れた瞬間のおいしさを大切にしている。(SHINO) 栄養士とフードコーディネートの資格を持つ。彩りがきれいな家庭料理や季節を楽しむ料理、サラダ系を担当。

<ブログ>
ぐっち夫婦の今日なにたべよう?

<Instagram>
ぐっち夫婦の今日なにたべよう?@gucci_fuufu

<Twitter>
ぐっち夫婦@料理家 @gucci_fuufu

この記事のキーワード
関連記事
新着記事