フルーティーなアクセントがおいしい!「柿を使った秋の副菜」5選

フルーティーなアクセントがおいしい!「柿を使った秋の副菜」5選
秋の果物の代表格と言えば「柿」。デザートとして食べることが多いですが、お料理のアクセントとして使うのもオススメです。そこで今回は箸休めにピッタリの副菜レシピをご紹介します。ぜひ食卓に取り入れてみてくださいね♪
fumirioko
fumirioko
2021/11/04
2021/11/03
view

春菊と柿の白和え

甘い柿と春菊のほろ苦さがマッチした白和え。甘さの中にもちょっと塩を効かせるとおいしい!豆腐の水切りはしっかりとしておくのがポイントです。

柿と生ハムのサラダ

柿・生ハム・チーズの組み合わせが最高においしいサラダ。チーズはお好みのものでOK。ベビーリーフを合わせ、ワインビネガーやバルサミコで作ったドレッシングをかけてどうぞ♪

柿と大根のなます

さっぱりとした上品な甘さが特徴の、柿を使ったなます。シンプルな味付けで十分においしい!ちょっと固めの柿を選ぶとGood♪

ほうれん草と柿のごま和え

ゆでたほうれん草と柿を白ごまとだし醤油で和えたごま和え。柿の甘さでまろやかな仕上がりです。だし醤油の分量は、お使いのものによって調整してくださいね。

柿のカプレーゼ

甘い柿にミルキーなモッツアレラチーズを組み合わせた一品。オリーブオイルと塩胡椒のシンプルな味付けでいただきます。切って盛りつけるだけなのでかんたん♪おつまみにもおすすめですよ。

柿がおいしい季節ならではの、味わい深い副菜をご紹介しました。柿の甘さが、いいアクセントになってくれますよ♪ラダや和え物に使う柿は、熟して柔らかいものより、固めのものを選ぶのがオススメです!

この記事のキーワード
関連記事
新着記事