低カロリーでボリューム満点!お手軽「きのこ丼」はおひとりさまランチにもおすすめ

低カロリーでボリューム満点!お手軽「きのこ丼」はおひとりさまランチにもおすすめ
秋の味覚きのこは、丼にするのもおすすめです。卵や豆腐、お肉を加えることで、食べごたえもアップ。食物繊維が豊富なうえ低カロリーで、ダイエット中にも安心して食べられますよ。身近な材料でパパッと作れるレシピがいろいろあるので、おひとりさまランチにもぜひどうぞ。
wasante
wasante
2021/10/05
2021/10/02
view

きのこの卵とじ丼

きのこを市販のだしでさっと煮たら、卵でとじてごはんにのせるだけ。お好みで、七味や山椒をふるのもおすすめです。

きのこのとろとろ豆腐丼

きのこあんかけに豆腐をプラスして、ボリュームアップ。なめらかなおぼろ豆腐や絹ごし豆腐を使うと、ごはんによくなじみます。

きのこたっぷり甘辛しょうがあんかけ丼

しめじ、鶏肉、玉ねぎを、しょうが風味の甘辛だしで煮込んであんかけに。丼にしても、そのままおかずとして食べてもおいしいですよ。

きのこ豚すた丼

にんにく入りの甘辛だれととろ〜り温泉卵で、お箸が止まらなくなる味!豚肉は料理酒と片栗粉をもみこんでおくと、やわらかく仕上がります。

オイスターバターきのこ丼

オイスターソースとバターのコク、ツナの旨味で、食べごたえばっちりなきのこ丼です。ささがきごぼうも加わり、食物繊維たっぷり!

きのこは免疫作用を高めたり、腸内環境を整える働きのある物質が豊富。コロナ太りや便秘解消にも役立つ食材のひとつです。かんたんに作れてヘルシーな食事にしたいときは、ぜひ参考にしてみてください!
この記事のキーワード
関連記事
新着記事