「今日のごはん、どうしよう…」を解決!材料2つでできるラクうま節約おかず

「今日のごはん、どうしよう…」を解決!材料2つでできるラクうま節約おかず
料理ブログ『つきの家族食堂』が人気のつきさんが書籍『つきの家族食堂 毎日のごはん作りがラクになるおかずの本』を発売しました。毎日料理を作っていると料理がマンネリになりがちで、何を作ったらいいのかもう分からない…。でも、疲れていても忙しくても大切な家族にはおいしいものを食べてほしいですよね。「今日の夜ごはん、何にしようかな?」と日々頭を抱えている方のために、つきさんが毎日食べても飽きない、簡単でおいしいおかずを伝授します。
フーディストノート
フーディストノート
2019/11/03
2021/10/07
view

ごはん作りでは食材やお金のやりくりも大事。家計の救世主である“お買い得食材”はほんの少しの工夫でおいしくなったりボリュームがアップします。今回は本書から2つの食材で作れる大満足おかずをご紹介します。毎日の献立作りに役立つこと間違いなし!ぜひご家庭で作ってみてください。

「豚バラ薄切り肉×白菜」=豚バラと白菜のオイスター煮込み

とろっとしたスープが豚肉や白菜にからまり、食べていると体がぽかぽかと温まってきます。時間が経つと白菜から水分が出るので、味やとろみ具合を調整してください。

材料(2人分)

豚バラ薄切り肉…200g
白菜…1/8株(300g)
ごま油…小さじ2
A 酒、オイスターソース…各大さじ1
A 顆粒鶏ガラスープの素、片栗粉…各小さじ2
A 砂糖、しょうゆ…各小さじ1

作り方

1、豚肉は4cm長さに切る。白菜は3cm幅に切る。
2、鍋にごま油を中火で熱し、豚肉を入れて炒める。白菜を加えて油が回るまで炒め、水1/2カップ(分量外)を加える。煮立ったらふたをして弱火にし、白菜がやわらかくなるまで5分ほど煮る。Aを加えてさっと混ぜ、ひと煮立ちさせる。

「木綿豆腐×長ねぎ」=豆腐と長ねぎのバターしょうゆステーキ

シンプルで滋味深い味わいが、体にすーっとしみ込む一品。調味料とからんでくたっとした長ねぎは、ソースとして楽しみましょう。

材料(2人分)

木綿豆腐…1丁(300g)
長ねぎ…1本
小麦粉…適量
バター…10g
A めんつゆ(2倍濃縮)…大さじ2
A 酒、みりん…各大さじ1
A しょうゆ…小さじ1

作り方

1、豆腐は半分に切り、それぞれペーパータオルで包む。耐熱皿にのせて電子レンジで3分ほど加熱して水きりをし、粗熱を取って小麦粉をまぶす。長ねぎは斜め薄切りにする。
2、フライパンにバターを中火で熱し、豆腐を入れて全体がこんがりと色づくまで焼く。長ねぎ、Aを加えてさっと炒め、軽く煮詰める。

「豚ひき肉×大根」=大根マーボー

大根の食感がジューシーで食欲をそそります。辛い料理が好きな人は、粉山椒やラー油を加えても!

材料(2人分)

豚ひき肉…100g
大根…300g
A おろしにんにく、おろししょうが(各チューブ)…各2cm
A ごま油…大さじ1
A 豆板醤…小さじ1
B 水…1/2カップ
B 砂糖、顆粒鶏ガラスープの素、甜麺醤…各小さじ1
C 水…大さじ1
C 片栗粉…小さじ2

作り方

1、大根は皮を厚めにむき、4cm長さ、1cm角の棒状に切る。
2、フライパンにAを入れて中火で熱し、香りが立ったらひき肉を加えて炒める。肉の色が変わったら1を加え、全体に油が回るまで炒める。
3、2にBを加え、煮立ったらふたをして弱火にし、大根がやわらかくなるまで10分ほど煮る。火を止めて混ぜ合わせたCを加え、再度中火で熱してひと煮立ちさせる。

いかがでしたか?本書では他にも肉、魚を活用した主菜や副菜、スープなど全155品をご紹介しています。使用する調理器具や味付けタイプ、作りおきの日数も収録されていますので、毎日の献立にお役立てくださいね!

『つきの家族食堂 毎日のごはん作りがラクになるおかずの本』
長田 知恵(著)

人気ブログ『つきの家族食堂』から、毎日のごはん作りに役立つおかずの本が完成しました。おかずは食材×カテゴリー別になっていて、家にある食材やその日の気分に合わせたおかずをパッと探せます。食べたいものや作りたいものがシーンに合わせて選べるから、献立作りもラクラク。主菜、副菜だけでなく、安くて食べ応えのあるお買い得食材を使った“節約おかず”も紹介しています。毎日食べても飽きない、簡単でおいしいおかずレシピが満載です。

詳しくはこちら>>

つきさんのプロフィール>>



1978年、兵庫県生まれ。アメーバブログ公式トップブロガー、レシピブログアワード2018節約部門グランプリ受賞。夫、長女、長男、次女の5人暮らし。2016年にブログ「つきの家族食堂」をスタートし、作り置きや節約料理など役立つレシピを紹介している。料理のほかにお菓子作りも好き。著書に『つきの家族食堂 作り置き弁当』(宝島社)がある。

★好評連載中♪『つきの“繰り返し作りたくなる簡単おやつ』>>

協力・画像提供:扶桑社(http://www.fusosha.co.jp/

この記事のキーワード
関連記事
新着記事