基本から進化系レシピまで♪スイートポテトに飽きたら「おうち芋ようかん」を作ってみよう

基本から進化系レシピまで♪スイートポテトに飽きたら「おうち芋ようかん」を作ってみよう
秋になると食べたくなる、旬のさつまいもを使った「お芋スイーツ」。おうちで作るならスイートポテトがおなじみですが、毎年作っていてちょっと飽きちゃった、なんて声もちらほら…。そこでおすすめしたい簡単お芋スイーツが「芋ようかん」。スイートポテト同様、少ない材料で手軽にできて、クレームブリュレ風、フルーツ風味など目からウロコのアレンジも楽しめますよ♪
フーディストノート
フーディストノート
2019/10/18
2021/10/07
view

スイートポテトの材料、レシピとの違いはここ!

基本の芋ようかんレシピです。スイートポテトとの違いは、バターと牛乳の代わりに寒天と水、あとは焼かずに冷やし固めるところでしょうか。仕上がりの滑らかさは少し変わりますが、裏ごし器がなければマッシャーなどでも代用できそうです。

レシピをチェック!>>

製氷皿ならひと口サイズに♪

芋ようかんといえば、和菓子屋さんでよく見かけるきちっとした四角い形をイメージしがち。でも、自分で作るのなら自由度はアップ♪たとえば、かわいい製氷皿を使えば、食べやすいひと口サイズのハート形芋ようかんになります。お好きな形に仕上げてくださいね。

レシピをチェック!>>

まるで南国のスイーツみたいな香り

こちらのレシピはちょっとアレンジ。しょうがを入れた、ジンジャー風味の芋ようかんです。ココナッツパウダーもプラスして、口に入れるとまるで南国のスイーツのよう。冷やし固めるのはパウンド型を使うか、牛乳パックも利用できそうです。

レシピをチェック!>>

ありそうでなかった、芋ようかん×カラメルソース

芋ようかんに、ほろ苦いカラメルソース♪ありそうでなかった組み合わせは、まるでクレームブリュレのような味わいです。ホイップクリームも添えたくなりますね。弱火にかけ、溶けたグラニュー糖がぶくぶくあわ立つまで触らないのがカラメルソース作りのポイントです。

レシピをチェック!>>

みかん果汁でほんのりオレンジ♪

作り方は基本のレシピのまま、水と一緒にみかんの果汁を加えた、オレンジのやさしい色合いが新しいフルーツ芋ようかんです。他のフルーツでも試してみたくなる素敵なアイデアですね。

レシピをチェック!>>

材料もレシピもとってもシンプルなので、作りやすいばかりか、アレンジの自由度も高い「芋ようかん」。メープルシロップやアイスクリームと合わせてもおいしいですよ。さつまいものおいしい季節、手作りしてぜひ新しい食べ方も見つけてみてください!

この記事のキーワード
関連記事
新着記事