「料理が苦痛で、食べることも嫌になって…」苦しい時間から、大石亜子(あこ)さんが気づいたこと【おいしい暮らし】

「料理が苦痛で、食べることも嫌になって…」苦しい時間から、大石亜子(あこ)さんが気づいたこと【おいしい暮らし】
暮らし上手な人にフォーカスし、お料理をすることや食べること、心地よく暮らすためのヒントをお届けする不定期連載「おいしい暮らし」。今回は、ブログ「おうちで家庭科ラボラトリー ~料理とてしごと~」の大石亜子(あこ)さんに、お料理や暮らしを楽しむコツを教えていただきました。
フーディストノート
フーディストノート
2019/07/30
2021/10/07
view

肩肘張らず、身近な食材で簡単に

レシピを考えたり、お料理をするうえで大切にしていることはなんですか?

「会社員時代、仕事と家庭の両立が難しくなり体調を崩しました。その当時、特に料理が苦痛で、作ることはおろか、食べることまで嫌になってしまったんです…。
そんな状況を克服するにはどうしたらいいのだろうかと悩み、『早くおいしく料理を作ることができたら、ラクになるのではないか』と、会社を辞めて調理師学校に通う決心をしました。

この経験がきっかけになって、肩肘張らず、身近な食材で簡単につくることができる“目にもおいしいレシピ”を心がけるようになりました」

忙しい毎日でもできる「味も見た目もおいしくするコツや準備」のアドバイスをお願いします!

「1つのメニューに多くの材料や調味料を使いすぎると、かえってうまくいかないことが多いので、食材と味付けをシンプルにすることで料理がおいしくラクになる!と私は考えています。

また、簡単な料理でも、彩りを添えることでグンと見た目がよくなります。例えば、豚のしょうが焼き+紫キャベツときゅうりの千切りのミックスとミニトマト、ハンバーグ+目玉焼き、みじん切りにしたパセリやパプリカなどは、おすすめの組み合わせです」

食材や調味料選びでこだわっていること、気を付けていることはありますか?

「できる限り旬の食材を使い、素材の風味を活かすことで、おいしさや栄養価を高めています。
それから、毎年みそは手作りしています。大豆、米麹、藻塩でみそを仕込んでいて、もう今年で12年目になりました。みそ作りにかかせない塩は、私の父の故郷、新潟で作られている藻塩を使っています」

これまでのMY BEST レシピは?

■こんにゃくと鶏のうまうま煮

「鶏のうまみがしっかりしみたこんにゃくがくせになる!おかず、おつまみ、常備菜、さらにはお弁当にもなる、万能メニュー。身近な食材で簡単にできておいしい!という、私の代表レシピです」

レシピをチェック!>>

■さわやかすぎるレモンアイシングクッキー

「さくさくクッキーにレモンのアイシングをかけることで、さわやかな香りもおいしくいただけるところがとっても気に入っています」

レシピをチェック!>>

■トマとんチーズソテー

「とても簡単なのに、ちょっとおしゃれに見えるのがうれしいレシピ。私の料理コンセプトである“目にもおいしいおうちごはん”の1つ」

レシピをチェック!>>

イタリア語で“小さな家”。料理教室はライフワークの1つ

大石さんがお料理教室を始めたきっかけ、を教えてください

「2015年に今の家を新築したのをきっかけに、自宅でのんびりと、いくつになってもできるライフワークの1つになればとの思いでスタートしました。
教室の名前『casa piccola』は、イタリア語で“小さな家”という意味。こぢんまりとしたわが家そのもので、イタリア語にしたのは、料理を知る上で歴史的に欠かせないローマの地に由来しています。

レッスンで好評な一品は、私が参加するイベントなどでも度々登場する『ミニミニバーガー』です。持ち寄りパーティーなどで大活躍との嬉しいお声をいただいています!」

***

料理するのも、食べるのも嫌だった…。そんな苦しい経験も、笑顔でお話いただいたあこさん。そうして生まれた“目にもおいしいレシピ”だからこそ、食べる人はもちろん、作る人の気持ちにも寄り添い、ブログやInstagram、レッスンや本を通じて、たくさんの人に愛されているんですね。

大石亜子(あこ)さんへのQ&A

ブログを始めたきっかけは?ブログ名の由来は?

「会社を辞めてから専門学校に通い、取得した調理師免許を活かすために、まずは、日記をつけるように日々の料理の写真を撮り、レシピを書いて記録しようと思ったのがもともとのブログ『調理師あこのおいしいレシピ』を始めたきっかけです。
その後、いままでやってきた料理を軸に、暮らしにまつわるてしごと(DIY、ハンドクラフト、手芸など)を通じ心地のよい暮らしづくりの提案ができたらいいなと思い、『おうちで家庭科ラボラトリー ~料理とてしごと~』にリニューアルしました」

大好物といえば?

「大好物はエビ、アジです。基本的に肉よりも魚が好きで、特に、エビフライとアジフライは得意料理です」

インテリアやライフスタイル、DIYなど参考にしているショップ、カフェ、雑誌、サイトなどはありますか?

「食器、カトラリーはstudio’m(スタジオエム)が好きで、わが家の食器はこちらのものが8割以上だと思います。あとは、近くのデパートにお店があるMadu(マディ)でも食器やカトラリー、クロスなどをよく購入します」

お料理以外で、リラックスタイムの過ごし方といえば?

小さな庭に植えたハーブを摘んでは、グラスに刺したり、ドライにして飾ったりしています。また、度々行くアメリカから持ってきたスーパーなどの広告を利用して、手さげ袋を作ったりして楽しんでいます。基本的におうちで“てしごと”をするのが大好きです。手さげ袋の作り方は、『かわいい、どうやって作るの?』とうれしいお声をたくさんいただくようになり、基本編応用編と作り方の動画もアップしました!」

大石亜子
大石亜子(あこ)さん

調理師、料理家。料理教室「casa piccola」を主宰し、気軽に作れて、彩りや盛り付けも考慮した“目にもおいしいおうちごはん”が人気。『時短!簡単!さば缶をたべる。』(ダイアプレス)、『調理師あこの今日なにつくる?』(エンターブレイン)が発売中。

<ブログ>
おうちで家庭科ラボラトリー ~料理と手しごと~

この記事のキーワード
関連記事
新着記事