フーディストノートアプリ

1本あれば大丈夫!おにぎりも煮物もおまかせ「うなぎのタレ」は万能短調味料でした

1本あれば大丈夫!おにぎりも煮物もおまかせ「うなぎのタレ」は万能短調味料でした
うなぎの季節だけではなく、スーパーで1年中見かけるようになった「うなぎのタレ」。しょうゆベースの甘辛味、濃い目の味でコクも◎のこのおいしさ、うなぎにだけ使うのはもったいないですよ!今回は、うなぎのタレの使い道、いろいろ探してみました♪
フーディストノート
フーディストノート
2019/05/23
2021/09/28
view

煮物の味つけも一発で決まります!

こってり味がやみつきの豚大根。あれこれ調味料を用意しなくても、うなぎのタレさえあれば一発で味が決まります。見てください、このツヤツヤな仕上がり♪鶏肉で鶏大根もおいしいですね!

レシピをチェック!>>

バター×うなぎのタレ、最高の組み合わせです♪

バター×うなぎのタレ、これは間違いない組み合わせ!淡泊な味わいのはんぺんを、バターとタレでこんがり焼いた、ご飯のおかずにもおつまみにもたまらない一品です。はんぺんに包丁で切り込みを入れておくと見た目のおいしさも3割増し♪

レシピをチェック!>>

そぼろ丼の時短ワザ!

ひき肉で作るそぼろ丼。いつもならしょうゆや砂糖などを用意するところですが、うなぎのタレなら簡単に味が決まります!しかも、うま味もたっぷり入ります。こちらのレシピは豚ですが、鶏ひき肉で作ってもよし、2色丼、3色丼にしてもいいですね。

レシピをチェック!>>

これも“悪魔のおにぎり”になりそう♪

ひと口食べたら止まらなくなると話題の“悪魔のおにぎり”。自分で作るなら、白だしやめんつゆのかわりに、うなぎのタレを使ってみるのもありです。レシピのようにネギを入れてもいいですし、悪魔のおにぎり風に青のりを使っても◎ですよ。

レシピをチェック!>>

うなぎのタレをレンジで4分で作る方法

最後は、うなぎのタレがたった4分で作れてしまうレンチンレシピです。調味料もしょうゆ、みりん、砂糖、そしてお酢と家にあるものばかり。これをとうもろこしにかけて焼けば、縁日の焼きとうもろこしの味に♪

レシピをチェック!>>

他にも焼きうどんやパスタ、ピザ、唐揚げの油淋鶏風ソースなどいろいろ使えるうなぎのタレ。そのままご飯にかけてもおいしいですよね!みんな大好きな甘辛~い味、今日から冷蔵庫に常備決定です!

この記事のキーワード
関連記事

Campaign キャンペーン

新着記事