おうちでも焼ける!カフェに出てくるような“極厚キッシュ”

おうちでも焼ける!カフェに出てくるような“極厚キッシュ”
カフェやブランチの定番、キッシュ。目にする機会は多くても、家庭で作るのはなんとなくハードルが高く感じますね。でもキッシュがお家で焼けると、手土産や人の集まる機会に大活躍!生地は冷凍パイシートを使えば簡単ですし、混ぜて焼くだけなので意外と失敗しらずのお手軽レシピなんです。何センチのどんな型を使えばいいかよくわからない…という方におすすめなのが深型のタルト型。ちょっと深めの型を使えば、まるでお店で出てくるような極厚キッシュも焼けちゃうんです。「これ家で焼いたの?」そんな驚きの声が聞こえてきそうな厚焼きキッシュをご紹介します。
アンジェ web shop
アンジェ web shop
2017/02/20
2022/05/30
view

ほうれん草の厚焼きキッシュ

材料:(18センチタルト型1つ分)
冷凍パイシート:2枚
ほうれん草:1/2袋
生鮭:2切れ(またはベーコン80g)
しめじ:1/2袋
玉ねぎ:1/2個
卵:3個
生クリーム:200cc
とろけるチーズ:50g
塩コショウ:適量

【1】ほうれん草は水に晒してアク抜きし、3センチ幅にカット。玉ねぎは薄くスライス、しめじは石づきをとっておきます。
【2】生鮭の皮と骨をとって一口大にカットし、塩コショウしておきます。鮭と野菜と一緒に炒めます。(ベーコンを使用する場合は一口程度にカットして、野菜と一緒に炒めます)
【3】冷凍パイシートを2枚、1センチほど重ねて並べ、麺棒でのばし、型にはりあわせます。
【4】フォークで生地に満遍なく穴をあけてておきます。

【5】生クリームと卵、塩コショウをボウルに入れ、混ぜ合わせます。
【6】型に2と、5の卵液を流し入れます。
【7】チーズをまわしがけ、軽く混ぜ合わせます。
【8】200度のオーブンで30〜40分焼きます。竹串をさして液がつかなければ完成です。

今回使用した深型のタルト型は、プロに迫る本格的製菓用品として開発されているので、焼きムラが少なく、極厚のキッシュもじっくり焼き上げます。
また焼きたてでも型離れがよく、底が取れるタイプなので焼き立てを味わうことも。

その断面は5センチと、まるでケーキのよう!その場でカットしてお出しすると場が盛り上がりそうですね。深型のタルト型を使えばおうちでも極厚キッシュがこんな身近に楽しめます。人の集まるシーンに極厚キッシュをふるまってみませんか?

▼タルト型(キッシュ) 18cm
http://bit.ly/2kDEtzs

■アンジェ web shop
気ままな暮らしのライフスタイルショップ。
キッチンツール、テーブルウェア、家電など話題のグッズを多数揃えています。

↓アンジェキッチンはこちら
http://www.angers-web.com/ekitchen

この記事のキーワード
関連記事
新着記事