両手鍋で焼く、あつあつディップの「スキレットブレッド」

両手鍋で焼く、あつあつディップの「スキレットブレッド」
進化したちぎりパン、スキレットブレッドをご存知ですか?ちぎりパンの真ん中に、ディップできる熱々ソースを入れて一緒に焼き上げる、ご馳走ちぎりパンなんです。スキレットで焼かれたことからその名前がつきましたが、今回は冬のおもてなしにも使える、20センチの両手鍋を使って作る「ディップできるちぎりパン」をご紹介します。
アンジェ web shop
アンジェ web shop
2016/12/24
2021/10/07
view

ちぎりパン×ディップ!スキレットブレッド

材料 (20センチ鍋ひとつ分)
■ パン生地
強力粉:200g
牛乳:100cc
水:40cc
バター:10g
塩:小さじ1/2弱
砂糖:大さじ1.5
ドライイースト:3g
■ ディップ用
ミートソース:大さじ3程度
お好きなチーズ:ひとつかみ程
ローズマリー(あれば):1本

【1】パン生地の材料をHBに入れ、パン生地モードで一次発酵まで終わらせます。
生地を8〜10等分したら乾かないようにラップをして生地を15分休ませます。(ベンチタイム)
【2】両手鍋(20cm)に生地を均等に並べていきます。
30度で30分、2次発酵させます。
【3】発酵が終わったら中央にディップ用の具材を入れていきます。
ミートソース、ゴーダ、サムソー、モッツァレラチーズを乗せ、胡椒をしてローズマリーを乗せました。
【4】180度のオーブンで15〜20分焼いて完成です。

中のチーズもいい具合に溶けて、焼き上がりはとてもいい香りです。

外側のパンをちぎってソースにからめていただきます。
焼き立てをそのままテーブルにサーブするとパーティーでは盛り上がりそうですね。

スキレットブレッドが人気なのは、アレンジの多彩さ。
真ん中にはカマンベールを丸ごと一個いれてもOKですし、シチュー×チーズ、カレー×チーズといった組み合わせも。
焼く度に新しい発見ができるのも楽しさのひとつです。

スキレットで焼くとどうしても小ぶりなサイズになりますが、オーブン調理OKの両手鍋を使えば、サイズ感も見た目もパーティーにピッタリ!
休日のブランチやちょっとした人の集まりに、試してみては如何でしょうか?

▼Table On IH対応 両手鍋 20cmはこちら
ご自宅でバル気分が味わえるアルミ製鍋、両手鍋。ガス火、IHどちらにも対応、さらに具材を入れてそのままオーブン調理もOKです。
http://bit.ly/2hfdpFV

■アンジェ web shop
気ままな暮らしのライフスタイルショップ。
キッチンツール、テーブルウェア、家電など話題のグッズを多数揃えています。

↓アンジェキッチンはこちら
http://www.angers-web.com/ekitchen

お知らせ
アンケート回答でプレゼントがもらえる♪アプリダウンロードキャンペーン実施中!
この記事のキーワード
関連記事
新着記事