給料日前に作りたい!!「一銭洋食」レシピ

給料日前に作りたい!!「一銭洋食」レシピ
小麦粉を水で溶いた生地を薄くのばして焼いた上に、お好みの野菜・肉・卵をのせてさらに焼き、半分に折って完成の「一銭洋食」。材料がリーズナブルなことから「一銭」、ソースをかけることから「洋食」と名がついたお好み焼きの前身のような料理です。今回は、いろいろな作り方の一銭洋食レシピを集めてみました。
フーディストノート
フーディストノート
2016/11/21
2021/10/07
view

主婦のおひとりさまおうちランチに♪シンプル一銭洋食

お好み焼きをするのも面倒だし、給料日前だからリーズナブルに済ませたい・・・という時にはぴったりなシンプルな一銭洋食。簡単に作れるのにお腹は満足な一品です。材料もほとんどうちにあるようなものばかり。ササッと焼いて美味しく食べちゃいましょう。

↓レシピはこちら
http://www.recipe-blog.jp/profile/23322/blog/13751583

両面焼き♪しょうゆ味のシンプル一銭洋食

こちらも材料はごくシンプル。両面をこんがり焼いているので、ワンハンドでも食べられます。ソース味ではなくて醤油をハケで塗っているので、焦がし醤油味がして食欲も増しますね。こだわりは良い天かすを使うことだとか。材料がシンプルなだけにそのこだわりはポイントかもしれないですね。

↓レシピはこちら
http://www.recipe-blog.jp/profile/38855/blog/12222960

粉もんの元祖♪お店の味を再現した丁寧に作る一銭洋食

生地を作るだし汁もだしパックでとる丁寧なレシピ。全ての具材の下味をつけてからから焼き始めます。とろ~りとろける卵に甘辛いソースが絡んでとっても美味しい一品になっています。一銭洋食の有名店の味を再現したごちそうレシピ。家族がそろった休日に、ぜひ作ってみてくださいね。

↓レシピはこちら
http://www.recipe-blog.jp/profile/35144/blog/11685206

お好み焼き粉を使って♪キャベツが主役の一銭洋食

お好み焼き粉を使うので、味つけの失敗はなし。気軽にトライできるレシピです。主役は火を通すと甘くなるキャベツ。一銭洋食の名の通り、卵もなしのシンプルさです。甘辛いソースをかけていただけば、キャベツの甘さがふんわりと口の中に広がって、シンプルなのを忘れてしまいます。

↓レシピはこちら
http://www.recipe-blog.jp/profile/80602/blog/13942754

駄菓子屋さんの思い出♪卵がトロリが当たりの一銭洋食

昭和な大人が子供の頃に駄菓子屋さんで食べていた思い出の味。こちらもお好み焼き粉を使うレシピなので、味つけの必要はなし。お好みの甘辛ソースをかけていただけば、昭和な時代が思い出されるかもしれないですね。今の子供さんには新鮮な味わいになって、逆に喜ばれるかもしれません。

↓レシピはこちら
http://www.recipe-blog.jp/profile/66/blog/10646625

作り方はほとんど同じの一銭洋食。生地の配合や中身のフィリングで少しずつ違いがありましたね。ぜひ作ってみてくださいね。

この記事のキーワード
新着記事