乳酸菌の宝庫!辛くない「水キムチ」はやみつき必至!

乳酸菌の宝庫!辛くない「水キムチ」はやみつき必至!
唐辛子を使った一般的な赤いキムチと違い、「水キムチ」は、主に乳白色をした漬け汁が特徴。暑くなるこれからの季節、サラダ感覚でサッパリと食べられる「水キムチ」に注目です。
フーディストノート
フーディストノート
2016/05/25
2021/10/07
view

まずは定番!白菜の水キムチ

まずは、キムチと言えば真っ先に思いつく「白菜」でトライ。自然な酸味とマイルドな塩気のさっぱりした一品です。塩麹を使って、発酵スピードを促します。

▼レシピはこちら
http://www.recipe-blog.jp/profile/368/blog/11480532

なすとリンゴでさっぱり!な水キムチ

スライスしたリンゴが、よりさっぱりと感じられる組み合わせ。こちらも塩麹を使用。浅漬けでも十分においしく頂けるようです。

▼レシピはこちら
http://www.recipe-blog.jp/profile/134182/blog/14526749

大根の水キムチで涼しげに♪

韓国ではどの家庭でも作られているという大根を使った水キムチ。韓国語では「ナバクキムチ」と言うのですね。その清涼感から別名「キムチ・サイダー」なんて呼ばれるほど!

▼レシピはこちら
http://www.recipe-blog.jp/profile/30612/blog/11322595

意外と合う!? 塩レモンのアレンジも…

塩や塩麹にかわり、塩レモンを用いた変わり種レシピ。レモンとにんにく、そして粒マスタードの組み合わせが意外にもマッチするんだとか。

▼レシピはこちら
http://www.recipe-blog.jp/profile/88712/blog/15002892

漬け汁も余さず使うのが基本!

最も栄養があるとされる漬け汁を、余すことなく頂く知恵なのでしょうか?本場ではチゲや冷麺の具材に用いられることも多い水キムチ。それなら簡単に、おじやにしてしまう手もあります。発酵が進みすぎてしまった時の消費にもぜひ。

▼レシピはこちら
http://www.recipe-blog.jp/profile/3017/blog/13425961

発酵食品がカラダに良いことはよく知られるところですが、「水キムチ」に含まれる乳酸菌の量は、普通のキムチの比でないとか。作り方も至って簡単で、一度は食べればハマること間違いなし!

この記事のキーワード
関連記事
新着記事