今が旬!「生牡蠣」はこうやって味わおう。

今が旬!「生牡蠣」はこうやって味わおう。
この季節、豊富に店頭に並ぶ「牡蠣」。蒸す・揚げる・グラタンのように焼く・オイルに漬けて保存…などなど、加熱調理のバリエーションは実に豊富なのですが、生牡蠣に関してはいかがでしょうか?
今回は、是非試してほしい「生牡蠣の頂き方」レシピをピックアップ。お好みのお酒を片手にトライしてみて!
フーディストノート
フーディストノート
2015/01/24
2021/10/07
view

昆布〆め

お魚だけではないのです。昆布の旨味を牡蠣に移すというアイデア!これは出来上がりが待てそうにありません…。お時間と気持ちに余裕のある方はどうぞ!

↓レシピはこちら
http://www.recipe-blog.jp/profile/19303/blog/10734064

ケチャップ&タバスコ

海外のオイスターバーでも定番の食べ方、ケチャップ。ほどよく臭みを消してくれます。タバスコの量はお好みで加減して。

↓レシピはこちら
http://www.recipe-blog.jp/profile/252/blog/14845806

キムチ

酢で軽く〆て、キムチ漬けの材料と和えます。蒸し牡蠣を使っても悪くはないのでしょうが、本場の韓国でも生食のほうが好まれているようです。

↓レシピはこちら
http://www.recipe-blog.jp/profile/13701/blog/2252151

柚子胡椒

白だしで見た目を美しく仕上げつつも、柚子胡椒でインパクトを効かせて。同じく旬の「菜の花」と和えて、大人好みの一品に。

↓レシピはこちら
http://www.recipe-blog.jp/profile/101606/blog/14105259

オイル&ビネガーでマリネ

生牡蠣が苦手な人でも食べられるかも?みじん切りの香味野菜とビネガー、少々のオイルで合え、馴染ませる。このひと手間でグッと食べやすくなりますよ。

↓レシピはこちら
http://www.recipe-blog.jp/profile/34075/blog/10749369

独特の風味で、苦手とされることもある生牡蠣。実はそれこそが「旨味」であり、それを引き立てるためのプロセスは意外にもシンプル。

ぜひ、次回のお買い物では「生食用」を手に取ってみてはいかがでしょう?

この記事のキーワード
関連記事
新着記事