身近な材料ですぐできる!「ヨーグルトパフェ」ならダイエット中にも◎

身近な材料ですぐできる!「ヨーグルトパフェ」ならダイエット中にも◎
カロリーが気になるパフェですが、生クリームやアイスの代わりにヨーグルトを使えばダイエット中でも安心!身近な材料を重ねるだけなので、朝食にもデザートにもオススメです。どんな組み合わせが合うのか、さっそくご紹介していきましょう。
wasante
wasante
2020/05/03
2021/10/07
5,306 view

いちごのヨーグルトパフェ

断面が見えるようにいちごをグラスに貼り付けたら、グラノーラや水切りヨーグルトを重ねます。これだけで、お店のパフェみたいな仕上がりに!

レシピをチェック!>>

フルーツマリネとヨーグルトのジャーパフェ

はちみつレモンでマリネしたフルーツが、さわやかなヨーグルトにピッタリ!ジャーで作るので、フタをすれば持ち運びにも便利です。

レシピをチェック!>>

カルダモン香るヨーグルトパフェ

コーンフレークに水切りヨーグルトをのせたら、フルーツとビスケットをトッピング。カルダモンパウダーの風味が、ヨーグルトを引き立てます。

レシピをチェック!>>

黒豆と豆乳の和風ヨーグルトパフェ

ヨーグルトの酸味が、豆乳を加えることでマイルドに。黒豆と豆乳のダブル使いで、女性にうれしいイソフラボンもたっぷり摂れます♪

レシピをチェック!>>

クッキーとジャムのヨーグルトパフェ

ヨーグルトとジャム、くだいたクッキーを交互に重ねた、素朴な味わいのパフェです。クッキーはていねいに、均一にくだくのがポイント。

レシピをチェック!>>

いつものヨーグルトをパフェ風にデコレーションするだけで、テンションの上がるスイーツになりますね♪残ってしまったヨーグルトの消費にもオススメです。パフェが食べたいけどカロリーも気になるというときには、ぜひお試しください!

この記事のキーワード
関連記事
新着記事