筋肉料理人の絶品「鶏肉レシピ」
筋肉料理人
筋肉料理人の絶品「鶏肉レシピ」

お酒にもご飯にもいけます!鶏むね肉で作る「水晶鶏のユッケ風」

鶏もも肉や鶏むね肉をはじめとした、使い勝手の良い人気食材「鶏肉」の絶品レシピをご紹介いただく筋肉料理人さんの新連載。記念すべき第一回目は、お酒にもご飯にも良く合う「水晶鶏のユッケ風」レシピをご紹介いただきます。鶏むね肉が驚くほど柔らかく、つるりとした食感になりますよ♪
2021/06/14
2021/08/01
759 view

水晶鶏のユッケ風

∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!今日から連載をリニューアルし、「筋肉料理人の絶品『鶏肉レシピ』」というテーマでレシピをご紹介させていただきます。

最初にご紹介させていただくのは「水晶鶏のユッケ風」レシピです。水晶鶏とは鶏肉に片栗粉を絡めてゆでたもので、表面の片栗粉がゆでることで透明の膜になり、きらきらと輝くことから水晶鶏と言われます。

和食の技法のひとつですが、それを筋肉料理人風にアレンジしてからユッケ風の料理にします。鶏むね肉が柔らかでつるりとした食感になり、甘辛のユッケだれで食べると、あっさり+甘辛で箸が止まらないおいしさになります。

「水晶鶏のユッケ風」レシピ

材料2人分

鶏むね肉…小1枚(200g)
卵黄…2個
ニラ…1束

A
片栗粉…大さじ1・1/3
日本酒…大さじ1
鶏がらスープの素…小さじ1/3
しょう油…小さじ1/3
おろし生姜…小さじ1/3

B
コチュジャン、しょう油…各大さじ1 
黒酢(もしくは酢)、砂糖、ごま油…各大さじ1/2 
おろしにんにく…小さじ1/4~ 
一味唐辛子…お好みで
白いりごま…大さじ1

作り方

1)  鶏むね肉は皮を取り外し、1㎝弱の厚みの一口大に切り、包丁の峰、もしくは麺棒などで軽く叩き、ポリ袋に入れます。Aを加えて口をとじ、手でしっかり揉んで調味料を馴染ませます。

※鶏むね肉に片栗粉、日本酒を揉みこむことで、加熱しても固くなりません

※取り外した鶏皮は冷凍しておき、ある程度たまったら鶏皮ぽん酢など作りましょう

水晶鶏のユッケ風

水晶鶏のユッケ風

水晶鶏のユッケ風

2) ニラは根元の端を輪ゴムで縛ります。フライパンにたっぷりの湯を沸かし、ニラの根元から漬け、その後に全体を漬けて色が変わったら冷水で冷まし、水気を手で絞ります。これを4~5㎝に切っておきます。

水晶鶏のユッケ風

3) 同じフライパンの湯で、1)の鶏むね肉をゆでます。鶏むね肉を1枚づつ広げて入れ、7~8分、鍋底から細かい泡が出るくらいの火加減でゆでます。ゆで上がったら冷水で冷まし、冷めたらザルにあげて水気をしっかり切ります。

※この状態で水晶鶏になります。これを汁のタネにしてもいいし、わさびしょう油で刺身みたいに食べてもおいしいです

水晶鶏のユッケ風

4) Bを混ぜてユッケだれを作ります。お好みで酢を増やしてもおいしいと思います。

5) 水気を切った水晶鶏と、ゆでたニラを混ぜます。皿に盛り付け、仕上げに卵黄をのせます。お好みでユッケだれをかけて完成です。

水晶鶏のユッケ風

水晶鶏のユッケ風

水晶鶏のユッケ風

片栗粉と日本酒を揉みこんでゆでた鶏むね肉は、しっとり柔らか、噛むとあっさりした中に旨味があります。これにユッケだれをかけると、辛味、甘味、酸味の刺激が入って、あっさり+刺激味になります。さらに卵黄を絡めると更に旨味がのっておいしくなります。

基本は、あっさり味なのでたくさん食べても大丈夫。ヘルシーにタンパク質補給できます。鬱陶しい梅雨時におすすめのレシピです。是非、お試しください。

ピリッとうま辛!「鶏むね肉とキ...
この記事を書いた人
筋肉料理人
筋肉料理人

佐賀県在住の料理研究家。「どこでも手に入る材料で作れるおいしい料理」をモットーに、ブログ・YouTube等で写真や動画を使ったわかりやすいレシピを公開中。著書に『筋肉料理人の男子ゴハンレシピ』『最高の晩酌つまみ』(ともに宝島社)などがある。趣味はニックネームの由来でもある筋トレの他、バイクや熱帯魚など多岐に渡る。

<ブログ>
魚料理と簡単レシピ

<Twitter>
筋肉料理人 藤吉和男(@kinniku)

<YouTube>
筋肉料理人の簡単レシピ、魚料理

 

※筋肉料理人さんへの取材・仕事依頼はこちら

この記事のキーワード
筋肉料理人さんのこれまでの記事
関連記事