筋肉料理人の家呑みレシピと時々、アウトドア
筋肉料理人
筋肉料理人の家呑みレシピと時々、アウトドア

きのこともやしの麻婆豆腐鍋

筋肉料理人さんの公式連載です。おうち飲みにぴったりな、ビールや日本酒にあう簡単おつまみレシピをご紹介します。今回は「きのこともやしの麻婆豆腐鍋」です。
2020/12/27
2020/12/27
view
春菊と白菜のちゃんぽん風
記事一覧
レンコ鯛の南蛮漬け

きのこともやしの麻婆鍋033.jpg

∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!今年はコロナ禍、風水害で大変な年でしたが、いよいよ年の瀬が迫ってまいりました。仕事納め、正月準備で忙しくされてると思います。そんな忙しい時の晩御飯にお勧め、簡単に作れてコスパ抜群、きのこともやしの麻婆豆腐鍋です。土鍋で麻婆豆腐を作り、お好みのきのこともやしでかさ増しします。土鍋で作るのでアツアツのまま食べられるのと、材料代が安く上がるのが嬉しい鍋です。麻婆豆腐の味付けなので酒のつまみ、ご飯にも合います。

きのこともやしの麻婆豆腐鍋

材料3~4人分

豚ひき肉 200g
豆腐 1丁
お好みのきのこ 1パック
もやし 1袋
長ねぎ 1/2本
にんにく 1かけ
生姜 1かけ
豆板醤 小さじ1~お好みで
ごま油 小さじ2
花椒、ラー油 お好みで
水溶き片栗粉 片栗粉、水、各大さじ2

A
水 2カップ
日本酒 大さじ1
鶏がらスープの素 小さじ2
テンメンジャン 大さじ2
しょう油 大さじ1・1/2
砂糖 小さじ1

作り方

1)生姜とにんにくはみじん切りにします。きのこは石突を切り取ってほぐしておきます。長ねぎは粗みじんに切ります。長ねぎは葉も10㎝程粗みじんに切っておきましょう。豆腐は角切りにしておきます。


2)土鍋にごま油、豆板醤、にんにく、しょうがを入れて弱火にかけます。煮立ってきたら豚ひき肉を加えて炒めます(ここで中火にしてください)。刻んだ長ねぎを入れて一緒に炒め、豚ひき肉に熱が入ったら、Aを加え、煮立ったら、きのこを入れます。再沸騰したら豆腐を入れて煮込みます。


3)豆腐に熱が入ったら火を消し、水溶き片栗粉でとろみをつけます。とろみがついたら再び火をつけて沸騰させ、もやしを加えます。もやしに熱が入ったら仕上げです。お好みで花椒とラー油をふりかけて出来上がりです。

きのこともやしの麻婆鍋026.jpg

きのこともやしの麻婆鍋022.jpg

きのこともやしの麻婆鍋031.jpg

きのこともやしの麻婆豆腐鍋の完成です!きのこともやしが入った麻婆豆腐はしゃきしゃきとした食感が加わり、ボリュームも出ていて美味しいです。味付けは何時もの麻婆豆腐と同じですが、塩分を少し控えめにして沢山食べられるようにしています。ビールを飲みつつつまみ、締めはご飯にかけて麻婆丼もお勧めですし、うどんを入れても美味しかったです。

春菊と白菜のちゃんぽん風
記事一覧
レンコ鯛の南蛮漬け
筋肉料理人さんのこれまでの記事
この記事のキーワード
この記事を書いた人
筋肉料理人
筋肉料理人

佐賀県在住の料理研究家。「どこでも手に入る材料で作れるおいしい料理」をモットーに、ブログ・YouTube等で写真や動画を使ったわかりやすいレシピを公開中。著書に『筋肉料理人の男子ゴハンレシピ』『最高の晩酌つまみ』(ともに宝島社)などがある。趣味はニックネームの由来でもある筋トレの他、バイクや熱帯魚など多岐に渡る。

 

<ブログ>
魚料理と簡単レシピ

<Twitter>
筋肉料理人 藤吉和男(@kinniku)

<YouTube>
筋肉料理人の簡単レシピ、魚料理

 

※筋肉料理人さんへの取材・仕事依頼はこちら