筋肉料理人の家呑みレシピと時々、アウトドア
筋肉料理人
筋肉料理人の家呑みレシピと時々、アウトドア

鶏むね肉の茄子味噌炒め

筋肉料理人さんの公式連載です。おうち飲みにぴったりな、ビールや日本酒にあう簡単おつまみレシピをご紹介します。今回は「鶏むね肉の茄子味噌炒め」です。
2020/10/04
2020/10/04
88 view

鶏むね肉の茄子味噌炒め025.jpg

∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!今日の料理は鶏むね肉の茄子味噌炒めです。皮を取り外した鶏むね肉を加熱しても固くならないように下処理し、茄子味噌炒めにします。茄子味噌炒めは、お店で作るときは茄子を油通しして作りますが、自宅で茄子を油通しするのは用意が大変です。ですのでフライパンで焼いて作ります。焼いて作るのでカロリー的にも安心です。まずは作り方動画をご覧ください。

鶏むね肉の茄子味噌炒め

材料2~3人分

鶏むね肉    1枚(300g)
なす      2本(300g)
木綿豆腐    1/4丁
トウバンジャン 小さじ1/2~お好みで
サラダ油    大さじ1
ごま油     大さじ1/2

A:鶏むね肉の下味


片栗粉     大さじ1
しょう油    小さじ1/2
鶏がらスープの素 小さじ1/2
おろしにんにく 小さじ1/4
日本酒     大さじ1

B:合わせ調味料


味噌      大さじ2
しょう油    大さじ1/2
砂糖      大さじ1・1/2
日本酒     大さじ2

作り方

1)茄子はヘタを切り取り、大きめの乱切りにします。切ったら5分程水晒しし、その後、水けを切ります。※フライパンで焼くので、水切りした後に布巾で水気を吸い取るといいです。

CA030130.jpg


2)鶏むね肉は皮を取ります。身を5mm位の厚みに切り、大きな部分は半分に切っておきます。これをポリ袋に入れ、口をとじて調味料を鶏むね肉に揉みこみます。※こうすることで加熱しても鶏むね肉が固くなりません。下味も入って美味しくなります。

CA030133.jpg

CA030134.jpg


3)Bを混ぜ合わせて、味噌だれを作ります。※味噌はご自宅でお使いのもので大丈夫です。

CA030135_1.jpg


4)木綿豆腐は耐熱ボウルに入れ、電子レンジ600wで2分加熱します。

鶏むね肉の茄子味噌炒め037.jpg


5)フライパンにサラダ油を入れて中火にかけます。熱くなったら、茄子の皮を下にしていれます。皮目を下にし、身が少し柔らかくなってくるまで、しっかり焼きます。身に熱が入ってきたら、茄子が柔らかくなるまで炒め、一旦取り出します。※茄子の皮を下にした焼くことで、茄子が紺色に色よく仕上がります。茄子の皮は意外に固いので、柔らかくなります。しっかり炒めることで、とろりとした食感が出やすくなります。

CA030143.jpg

CA030143_2.jpg


6)フライパンにごま油を足し、2)の鶏むね肉を炒めます。鶏むね肉に熱が通ったら、豆板醤を入れて炒めます。電子レンジで温めた木綿豆腐を入れ、木べらでつぶします。取り出しておいた茄子を戻し、3)の味噌たれを加えて炒めます。水気が飛び、タレが馴染んだらできあがりです。

CA030144.jpg

CA030146.jpg

CA030146_3.jpg

CA030146_5.jpg

皿に盛り付け、刻みねぎをちらして頂きます。

鶏むね肉の茄子味噌炒め010.jpg

鶏むね肉の茄子味噌炒め028.jpg

鶏むね肉の茄子味噌炒め031.jpg

鶏むね肉の茄子味噌炒めの完成です!茄子味噌炒めは甘辛の味噌味が絡んだ茄子が美味しいですね。茄子は皮を下にして、しっかり焼くことで皮が色よく、皮も身も柔らかくしあがって、とろりとした食感が美味しいです。鶏むね肉は下処理して焼くので、柔らかジューシーに仕上がり、これにピリ辛の甘味曽が絡んでこれまた美味しいです。辛さは豆板醤の量で調節できます。辛いのが苦手な方は無しでもいいし、辛いのが好きな方は倍量入れてもいいです。お好みのアレンジでお楽しみください。

漬け刺身の納豆蕎麦
きくらげの卵炒め風焼きそば
この記事を書いた人
筋肉料理人
筋肉料理人

佐賀県在住の料理研究家。「どこでも手に入る材料で作れるおいしい料理」をモットーに、ブログ・YouTube等で写真や動画を使ったわかりやすいレシピを公開中。著書に『筋肉料理人の男子ゴハンレシピ』『最高の晩酌つまみ』(ともに宝島社)などがある。趣味はニックネームの由来でもある筋トレの他、バイクや熱帯魚など多岐に渡る。

 

<ブログ>
魚料理と簡単レシピ

<Twitter>
筋肉料理人 藤吉和男(@kinniku)

<YouTube>
筋肉料理人の簡単レシピ、魚料理

 

※筋肉料理人さんへの取材・仕事依頼はこちら

この記事のキーワード
筋肉料理人さんのこれまでの記事