筋肉料理人の家呑みレシピと時々、アウトドア
筋肉料理人
筋肉料理人の家呑みレシピと時々、アウトドア

牛カルビの塩ガーリック焼き

筋肉料理人さんの公式連載です。おうち飲みにぴったりな、ビールや日本酒にあう簡単おつまみレシピをご紹介します。今回は「牛カルビの塩ガーリック焼き」です。
2019/07/29
2019/07/29
view
イカ刺身の磯納豆和え
記事一覧
アジのなめろう

牛カルビのガーリック塩焼き005.jpg

∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆様、お元気ですか~きょうの料理は牛カルビの塩ガーリック焼きです。焼肉用に売っている牛カルビを塩味で、ガーリックオイルを使って焼きました。お家で手軽に肉?焼き鳥?焼き肉を食べたいって時におすすめのレシピです。

自宅で焼き肉を食べたいってときがありますよね。そんな時、私的にはホットプレートを出して焼きながら食べたいですが、それをやると脂が飛んで部屋が脂だらけになっちゃいます。なので台所で焼いてから食べる時に、この方法で焼くことが多いです。

牛カルビの塩ガーリック焼き

材料2人分

牛カルビ      400g

にんにく      3~4かけ

塩         小さじ4/5

黒こしょう     小さじ1/3

オリーブオイル   大さじ1と1/3

キャベツ、ミニトマト、レモン、マヨネーズ、ぽん酢しょう油 適宜

作り方

1)キャベツは一口大に切っておきます。にんにくは薄く輪切りにします。すると中央に芽があるので、菜箸の先で押して取り外しておきます。

2)フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて弱火にかけます。時間をかけてにんにくをフライにし、きつね色になったら取り出しておきます。

牛カルビのガーリック塩焼き025.jpg

牛カルビのガーリック塩焼き026.jpg

3)まな板に牛カルビを広げ、塩と黒こしょうをふります。これを2)のフライパンで焼きます。火力は弱めの中火です。片面をじっくり焼き、肉の上面の周囲の色が変わって来たら返して焼きます。

牛カルビのガーリック塩焼き029.jpg

牛カルビのガーリック塩焼き032.jpg

牛カルビのガーリック塩焼き037.jpg

皿に盛り付け、キャベツ、ミニトマト、マヨネーズ、レモンを添えます。肉にはフライドガーリックをちらします。キャベツにはぽん酢しょう油をかけます。

牛カルビのガーリック塩焼き008.jpg

牛カルビのガーリック塩焼き010.jpg

牛カルビのガーリック塩焼き003.jpg

牛カルビの塩ガーリック焼きの完成です!シンプルな塩味に黒こしょうがキリリと効き、ガーリックオイルの風味で美味しく食べられます。レシピの塩は控えめにしているので、これをつまみにビールをグイグイ飲みたい方は塩を強めにするといいでしょう。フライドガーリックと肉を一緒に食べると美味しいですよ。

イカ刺身の磯納豆和え
記事一覧
アジのなめろう
筋肉料理人さんのこれまでの記事
この記事のキーワード
この記事を書いた人
筋肉料理人
筋肉料理人

佐賀県在住の料理研究家。「どこでも手に入る材料で作れるおいしい料理」をモットーに、ブログ・YouTube等で写真や動画を使ったわかりやすいレシピを公開中。著書に『筋肉料理人の男子ゴハンレシピ』『最高の晩酌つまみ』(ともに宝島社)などがある。趣味はニックネームの由来でもある筋トレの他、バイクや熱帯魚など多岐に渡る。

 

<ブログ>
魚料理と簡単レシピ

<Twitter>
筋肉料理人 藤吉和男(@kinniku)

<YouTube>
筋肉料理人の簡単レシピ、魚料理

 

※筋肉料理人さんへの取材・仕事依頼はこちら