筋肉料理人の家呑みレシピと時々、アウトドア
筋肉料理人
筋肉料理人の家呑みレシピと時々、アウトドア

冷やし中華みたいな冷やしラーメン

筋肉料理人さんの公式連載です。おうち飲みにぴったりな、ビールや日本酒にあう簡単おつまみレシピをご紹介します。今回は「冷やし中華みたいな冷やしラーメン」です。
2019/06/30
2019/06/30
view
牛すじ煮込み、圧力鍋なら暑い夏...
記事一覧
イカとゴーヤのキムチ炒め丼

冷やし中華みたいな冷やしラメ002.jpg

∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆様、お元気ですか~きょうの料理は冷しラーメンです。市販の麺つゆと鶏ガラスープの素を使い、冷やし中華みたいな冷しラーメンを作りました。具材の錦糸卵は電子レンジで作るので、とっても簡単に作れます。

暑くなると冷たい麺を食べたくなります。冷やし中華も大好きなんですが、スープもあったほうがいいなあ~と思って作りました。具材はカニカマ、ハム、錦糸卵にきゅうりです。すべて冷やし中華の具材のように切り、麺とスープと一緒に食べやすくしました。錦糸卵は電子レンジで薄焼き卵を作り、それを細く切って作ります。フライパンで焼かないので、しっかり味付けできます。簡単に美味しい錦糸卵を作れます。

冷やし中華みたいな冷やしラーメン

材料1人分

卵          1個

カニカマ       2本

ハム         2枚

中華麺(生麺)    1玉

きゅうり       1/3本

刻みねぎ、ラー油    適宜

A

砂糖          小さじ1/2

塩           少々

B

鶏ガラスープの素    小さじ2

3倍濃縮麺つゆ      大さじ1

おろしにんにく     小さじ1/5

水           100ml

氷           250g

作り方

1)錦糸卵を電子レンジを使って作ります。まずは卵をボウルに割り入れ、Aを加えて溶きます。皿(底の直径が20cm位の平皿)にラップをぴったりかぶせ、サラダ油(分量外)を薄く塗ります。ここに卵液を流し入れ、電子レンジ600wで2分加熱します。1分加熱してところで皿を回し、加熱ムラを防ぎます。加熱が終わったら、固まった薄焼き卵をザルか網にのせて冷まします。こうすることで、下の面からも水分が蒸発するので、冷めた薄焼き卵が湿っぽくなりません。冷めたら細く切って、錦糸卵にします。

※余った錦糸卵はラップして冷凍可能です。冷凍しておくと何時でも使えるので便利です。

サバ缶とミニトマトのぶっかけそ045.jpg

サバ缶とミニトマトのぶっかけそ046.jpg

サバ缶とミニトマトのぶっかけそ058.jpg

2)きゅうり、ハムは細く切ります。カニカマは3等分し、それを縦方向に細く切ります。

冷やし中華みたいな冷やしラメ027.jpg

3)鍋にたっぷりの湯を沸かし、中華麺をゆでます。湯で時間は説明書きに記された時間、茹でてください。茹でている間にスープの用意をします。丼にBを入れて混ぜておきます。茹で上がった麺をザルにあげ、湯を切って丼に入れます。※熱い麺を氷入りのスープに直接入れることで、麺とスープをしっかり馴染ませます。

冷やし中華みたいな冷やしラメ031.jpg

冷やし中華みたいな冷やしラメ035.jpg

冷やし中華みたいな冷やしラメ039.jpg

冷やし中華みたいな冷やしラメ041.jpg

錦糸卵、きゅうり、ハム、カニカマをトッピングします。

冷やし中華みたいな冷やしラメ042.jpg

お好みで刻みねぎをちらし、ラー油をかけます。

冷やし中華みたいな冷やしラメ043.jpg

冷やし中華みたいな冷やしラーメンのできあがりです。

冷やし中華みたいな冷やしラメ003.jpg

冷やし中華みたいな冷やしラメ007.jpg

鶏ガラスープの素と濃縮麺つゆだけで作ったスープですが、すっきりした味で美味しいです。すっきり味ですが、中華麺を氷入のスープで冷やしたので味がしっかりしみています。そして、具材すべてを細く切っているので、麺と一緒に食べやすく、具材にもスープが絡みやすいです。結果、冷たいラーメンを美味しく食べられます。この夏、是非お試しください。

牛すじ煮込み、圧力鍋なら暑い夏...
記事一覧
イカとゴーヤのキムチ炒め丼
筋肉料理人さんのこれまでの記事
この記事のキーワード
この記事を書いた人
筋肉料理人
筋肉料理人

佐賀県在住の料理研究家。「どこでも手に入る材料で作れるおいしい料理」をモットーに、ブログ・YouTube等で写真や動画を使ったわかりやすいレシピを公開中。著書に『筋肉料理人の男子ゴハンレシピ』『最高の晩酌つまみ』(ともに宝島社)などがある。趣味はニックネームの由来でもある筋トレの他、バイクや熱帯魚など多岐に渡る。

 

<ブログ>
魚料理と簡単レシピ

<Twitter>
筋肉料理人 藤吉和男(@kinniku)

<YouTube>
筋肉料理人の簡単レシピ、魚料理

 

※筋肉料理人さんへの取材・仕事依頼はこちら