筋肉料理人の家呑みレシピと時々、アウトドア
筋肉料理人
筋肉料理人の家呑みレシピと時々、アウトドア

塩さばのそうめんアクアパッツア

筋肉料理人さんの公式連載です。おうち飲みにぴったりな、ビールや日本酒にあう簡単おつまみレシピをご紹介します。今回は「塩さばのそうめんアクアパッツア」です。
2019/03/25
2021/10/12
view
ラーメンもつ鍋、インスタントラ...
記事一覧
野菜山盛り、あんかけちゃんぽん

塩サバとアサリのそうめんアクア004.jpg


∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆様、お元気ですか~きょうの料理は塩さばのそうめんアクアパッツアです。塩さばでアクアパッツアを作り、そうめんにのせます。アクアパッツアは魚介類をトマト、にんにく、オリーブオイルで煮込んだイタリア料理です。スープが美味しいので、最後はスープにパンやパスタをひたして食べます。今回は塩さばと濃縮めんつゆを使って作るので、そうめんを合わせました。

アクアパッツアはお店で食べると結構な高級料理ですが、意外に簡単に作れます。魚は白身を使うのが普通ですが、サーモンを使ってもいいし、今回のように塩さば(甘塩さば)を使っても作れます。そして、アクアパッツアには貝も入っていて、ムール貝とか使いますが、今の時期、日本ではアサリが旬です。旬のアサリは美味しい出汁も出ますし、身自体も美味しい。貝類は割りと高い食材なので、今がアクアパッツアを作るにはいい時期だと思います。

塩さばのそうめんアクアパッツア


材料4人分

甘塩さばフィレ        2枚

あさり            200g 砂抜きを使ってください。

ミニトマト          8個
ぶなしめじ         1/2株
にんにく           1かけ
小ねぎ            2~3本
タカノツメ          1本
そうめん           2束
オリーブオイル        大さじ2


A
3倍濃縮麺つゆ         大さじ2
水               1/2カップ
日本酒             1/4カップ

作り方

1)たっぷりの湯を沸かし、そうめんを茹でます。1分30~2分茹でてザルにあげ、冷水に晒して揉みます、腰が出たら水気を切っておきます。

塩サバとアサリのそうめんアクア053.jpg


2)にんにくはみじん切りにします。包丁の腹で押して潰し、それを薄く切ると刻みやすいです。ぶなしめじは根本切り取って捨て、ほぐしておきます。小ねぎは2~3cmに切っておきます。タカノツメはヘタを切り、種を取り出しておきます。

3)甘塩さばは腹骨を切り取ります。甘塩さばの皮を下にしてまな板に置き、包丁の左側面が腹骨に添うようにして切り取りましょう。腹骨を切り取ったら、身の中央にある小骨を切り取ります。

塩サバとアサリのそうめんアクア046.jpg

塩サバとアサリのそうめんアクア049.jpg

塩サバとアサリのそうめんアクア050.jpg


処理した身を半分に切ります。切ったら、黒こしょうをふりかけておきます。

塩サバとアサリのそうめんアクア051.jpg


4)フライパンにオリーブ油大さじ1を入れて中火にかけます。熱くなったら、あま塩さばの皮を下にして入れます。皮に焼き目がつくまで焼いたら返します。返したら弱火にします。ここで、にんにくとタカノツメをフライパンにれます。※甘塩さばにかけるのではなく、フライパンにのせます。オリーブオイルで焼いて風味を出します。

塩サバとアサリのそうめんアクア058.jpg

塩サバとアサリのそうめんアクア060.jpg


にんにくが薄く色づいてきたら、Aを入れます。ぶなしめじ、ミニトマトを加え、沸騰したら、アサリを入れて蓋をしましょう。

塩サバとアサリのそうめんアクア066.jpg

塩サバとアサリのそうめんアクア067.jpg


1~2分蒸し、アサリの口が開いてきたら蓋を外します。小ねぎをちらし、オリーブオイル大さじ1を回しかけます。レードルで煮汁をすくって、アサリにかけたら火を消します。※オリーブオイルを2回に分けて入れるのは、最初のはにんにくの香りとタカノツメの辛味を出すためで、後入れの方はオリーブオイルの香りを生かすためです。

塩サバとアサリのそうめんアクア072.jpg

塩サバとアサリのそうめんアクア075.jpg


5)盛り付けです。大皿にそうめんをのせます。フライパンの煮汁をレードルですくってかけ、そうめんをほぐして広げます。

塩サバとアサリのそうめんアクア076.jpg


上に塩さばのアクアパッツアをスープごとのせて出来上がりです。

塩サバとアサリのそうめんアクア011.jpg

塩サバとアサリのそうめんアクア013.jpg

塩サバとアサリのそうめんアクア024.jpg


塩さばのそうめんアクアパッツアの完成です!まずは旬のあさりから食べてみましょう。身がぎっしり詰まったあさりにはオリーブオイルが絡み、オリーブオイルの香りとにんにく、タカノツメの風味で激ウマです。正直、これだけでも良いのでは?と思う美味しさです。そして、塩さばは、しっとり柔らかく、脂がのって美味しい。あさりと塩さばを食べたら、そうめんを食べます。塩さばの骨を切り取ったのは、そうめんを食べやすくするためです。あさり、塩さば、オリーブオイルの旨味を吸ったそうめんが不味いはずがありません。ここまで食べると、どれが主役なのか?と思っちゃうほどです。今、スーパーに行くと、あさりがお勧めで並んでいます。甘塩さばのフィレも当然、並んでいますので、お試しください。

ラーメンもつ鍋、インスタントラ...
記事一覧
野菜山盛り、あんかけちゃんぽん
筋肉料理人さんのこれまでの記事
この記事のキーワード
この記事を書いた人
筋肉料理人
筋肉料理人

佐賀県在住の料理研究家。「どこでも手に入る材料で作れるおいしい料理」をモットーに、ブログ・YouTube等で写真や動画を使ったわかりやすいレシピを公開中。著書に『筋肉料理人の男子ゴハンレシピ』『最高の晩酌つまみ』(ともに宝島社)などがある。趣味はニックネームの由来でもある筋トレの他、バイクや熱帯魚など多岐に渡る。

 

<ブログ>
魚料理と簡単レシピ

<Twitter>
筋肉料理人 藤吉和男(@kinniku)

<YouTube>
筋肉料理人の簡単レシピ、魚料理

 

※筋肉料理人さんへの取材・仕事依頼はこちら