筋肉料理人の家呑みレシピと時々、アウトドア
筋肉料理人
筋肉料理人の家呑みレシピと時々、アウトドア

セリフォン菜の浅漬け 、 道の駅めぐり

筋肉料理人さんの公式連載です。おうち飲みにぴったりな、ビールや日本酒にあう簡単おつまみレシピをご紹介します。今回は「セリフォン菜の浅漬け 、 道の駅めぐり」です。
2016/03/21
2016/03/21
view
かちかちプレス、豆腐を使った料...
記事一覧
しっとり鶏むね肉とかぼちゃのソ...

セリフォン菜の一夜漬けt11.jpg


∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆様、お元気ですか~

こちら九州はだいぶ暖かくなってきました。今日、今の時点では桜の開花はまだですが、近所の桜の木にピンクっぽくなった大きな蕾が沢山ついてます。来週くらいには結構、咲いてるんじゃないかなと思います。

先週の話ですが、うちの奥さんと近場をドライブしてきました。先週、17日に行ってきたんですが、道の駅くるめ、道の駅うきは、道の駅原鶴を巡り、筑後川の土手をドライブして帰ってきました。

うちの奥さんですが、日常は働きに出ておりまして、最近忙しかったらしく、気晴らしに広いとこに行きたい!って事で道の駅に野菜でも買いにいこうか?と、でかけました。思い立ったのが昼過ぎでして、遠出はできない・・・そんじゃ、近場の道の駅ね!ッて感じです。

最初に行ったのは道の駅くるめです。福岡県久留米市にあります。自宅から40分位のところにあって、途中、筑後川の土手を通ります。今の季節の筑後川は堤防に菜の花、ダイコンバナが咲いていて、とても綺麗!そして広々としていてドライブすると気持ちが良いんです。気分よくドライブして行ったんですが、なんと定休日でした・・・・

Oh No!!

仕方がないので最寄りにある、道の駅うきはを目指します。

メレンゲ卵かけご飯t01.jpg


「道の駅うきは」は福岡県うきは市にある道の駅で、ここも野菜を中心とした物産が豊富なんですが、着いたのがもう夕方で目ぼしい野菜は残念ながら無し。その代わり、地元の有精卵と烏骨鶏の卵があったので買いました。

メレンゲ卵かけご飯t04.jpg


何故に有精卵?って感じですが、下の娘がですね、一度食べてみたいって言ってたんです。で、喜ぶだろうなと思って買いました。

この日は天気は良かったけど日陰は結構涼しく、外に出るとほうれん草スープが売ってたので味見しました。

メレンゲ卵かけご飯t07.jpg

メレンゲ卵かけご飯t08.jpg


少し濃い目の味でしたが美味しかったです。

ここでは野菜を買えなかったので道の駅原鶴を目指します。

道の駅原鶴は原鶴温泉の近くにあり、この辺りは景色が素晴らしいです。

メレンゲ卵かけご飯t25.jpg


そして道の駅原鶴の前には菜の花畑があって、今が旬の菜の花が素晴らしく綺麗でした。

メレンゲ卵かけご飯t24.jpg

メレンゲ卵かけご飯t22.jpg


菜の花畑に降りて花を眺めてると癒やされますね。買い物に行くのも忘れて菜の花を眺めてましたよ。

菜の花を堪能してお店に入ると、やっぱり野菜は売り切れ状態でしたが、珍しい野菜を見つけました。

メレンゲ卵かけご飯t10.jpg


セリフォン菜という中国野菜で、浅漬や炒め物にすると美味しいそうです。味見にこれを買ってきました。

帰りは筑後川の土手を通って帰ります。

メレンゲ卵かけご飯t26.jpg

メレンゲ卵かけご飯t28.jpg


帰宅して、早速、セリフォン菜の浅漬を仕込みました。

セリフォン菜の浅漬け(一夜漬け)

材料 6~7人分

セリフォン菜 400g / 塩 小さじ2弱(8g) / 昆布出汁の素 少々

作り方

1)セリフォン菜の茎は1cm幅、葉は少し大きめのきざみます。

セリフォン菜の一夜漬けt02.jpg


2)刻んだセリフォン菜をフリーザーバックに入れ、塩、昆布出汁の素を入れて口をとじます。手でもみくちゃにして冷蔵庫に入れて一晩、水出しします。途中、何度か取り出して揉むといいです。

セリフォン菜の一夜漬けt04.jpg


3)一晩置くと水が出ています。フリーザーバックごと手でぎゅう~っと押して水気を絞ります。力も要りますが、気長に絞ってると水気がどんどん出るので、気長に絞ってください。水気を絞ったら保存容器に入れておきましょう。

セリフォン菜の一夜漬けt16.jpg

セリフォン菜の一夜漬けt18.jpg


水気を絞ったら、そのまま食べられます。

セリフォン菜の一夜漬けt15.jpg

セリフォン菜の一夜漬けt13.jpg



セリフォン菜の浅漬けの出来上がりです。漬物って、ちょっと難しいってイメージですが、浅漬や一夜漬けなら一晩で作れます。しかも材料は基本的に塩のみで大丈夫です。セリフォン菜は中国野菜でからし菜の仲間だそうで、浅漬にするとからし菜のようなピリッとしそうな香りがします。食べてみるとぴりっと辛く、歯ごたえもよくでビール、お酒のつまみ、ご飯のお供にバッチリでした。上の画像、奥の方に写ってるのは「ウルメイワシの焼き切り」で、刺身と一緒に食べる漬物も良かったです。

セリフォンの浅漬ですが、実は上の2倍量つくりました。半分は冷凍してるので、後ほど解凍してから頂きます。漬物にすると冷凍もできるのがいいですね。今回の浅漬はからし菜や野沢菜、大根葉等、葉物の野菜で作れます。逆に根物の野菜で作る一夜漬けは下の動画をご覧ください。これも結構、美味しいですよ。








danshigohan.jpg筋肉料理人の男子ゴハンレシピ






かちかちプレス、豆腐を使った料...
記事一覧
しっとり鶏むね肉とかぼちゃのソ...
筋肉料理人さんのこれまでの記事
この記事のキーワード
この記事を書いた人
筋肉料理人
筋肉料理人

佐賀県在住の料理研究家。「どこでも手に入る材料で作れるおいしい料理」をモットーに、ブログ・YouTube等で写真や動画を使ったわかりやすいレシピを公開中。著書に『筋肉料理人の男子ゴハンレシピ』『最高の晩酌つまみ』(ともに宝島社)などがある。趣味はニックネームの由来でもある筋トレの他、バイクや熱帯魚など多岐に渡る。

 

<ブログ>
魚料理と簡単レシピ

<Twitter>
筋肉料理人 藤吉和男(@kinniku)

<YouTube>
筋肉料理人の簡単レシピ、魚料理

 

※筋肉料理人さんへの取材・仕事依頼はこちら