山本ゆりの簡単♪週末カフェ朝ごはん
山本ゆり
山本ゆりの簡単♪週末カフェ朝ごはん

Nさんの話と、鶏そぼろ卵かけご飯で朝ごはん

山本ゆりさんのフーディストノート公式連載です。トーストやパンケーキ、納豆ごはん、味噌汁など、簡単でおいしいレシピをご紹介します。今回は「Nさんの話と、鶏そぼろ卵かけご飯で朝ごはん」です。
2018/07/31
2018/07/31
view
ナスとれんこんとウインナーのオ...
記事一覧
次女との約束と、しゃきしゃきレ...

おはようございます。


週末カフェ朝ごはんの時間です。(山本ゆり 中肉中背 猫背の巻き肩です)


先日、台所の流し台のパイプが詰まりました。

もう直ったんですけど

前に一度、撮影中に詰まった時のことをふと思い出して。


あの時は私が大量の野菜くずや食べかすなんかを気にせずジャージャー流してしまったせいで詰まったんですけど

しばらく放置しても、針金みたいなクルクル回してゴミを取るのを突っ込んだりしても流れなくて、Nさんが「パイプユニッシュ買ってきます!」と速攻薬局で買ってきて使って下さって。

ちゃんと裏の表示通り、直接パイプに流して、しばらく置いてからお湯でジャーッと流したら


・・・・・・



流れたーー!!!



Nさん


「ちょっとパイプユニッシュの会社に電話しましょう!!」


「なんで!?(笑)」と聞くと


「いやーこれすごいですね!って。ほんまに流れましたありがとうございますって伝えましょう!!」と。


Nさんは冗談というかノリで言ったんですけど

そういえば、その発想はなかったなあと思って。

流れなかった時に「流れませんでした」ってクレームいれる人はいると思うんですけど

ちゃんと流れた時に「流れました!ありがとうございます!」ってあえて伝えないじゃないですか。

商品に限らず、たとえば電車が時間通りに来ない時は文句言うけど、来た時に御礼をいうことはないし、当たり前にいいと思ってることってあえて口に出して褒めたりせんけど

そういうのを伝えるようにしたらお互い気分がいいよなあーと

再びパイプが詰まって思い出しました。


そんな今日は


鶏そぼろ。
そぼろ丼全体.jpg

フライパンで作るザ・基本の鶏そぼろ。

二色丼より手軽に卵かけごはんにしました。

白だしで作るめっちゃ簡単な野菜スープと、切っただけの野菜を添えてます。

そぼろあっぷ.jpg
材料(2人分)

A鶏ひき肉・・・・・150gぐらい

Aしょうゆ、みりん・・・・各大さじ2ぐらい

A砂糖、酒・・・・・各大さじ1ぐらい

Aチューブのおろししょうが・・・・1cmぐらい

ごはん・・・・2杯分

卵・・・・2個

あれば白炒りごま、長ネギの斜め薄切り、刻みのり・・・・各適量

<作り方>

①フライパンにAをいれて菜箸4本以上束ねて持ってよくほぐして混ぜ、中火にかけて水分がなくなりポロポロになるまで炒る。

②器にごはんを盛って①を盛り、真ん中をくぼませて卵を割る。あればごまをふり、ねぎ、のりを添える。


◆ねぎとにんじんのわかめスープ

おつゆあっぷ.jpg

材料(2人分)

長ネギ・・・・・1/3本ぐらい

にんじん・・・・・3cmぐらい

ごま油・・・・小さじ1ぐらい

A水・・・・・350mlぐらい

A白だし・・・・・大さじ3ぐらい

A塩、こしょう・・・・各少々

乾燥わかめ・・・・・小さじ1ぐらい

①ねぎは斜め薄切り、にんじんは細切りにする。フライパンにごま油を熱してねぎ、にんじんを炒め、しんなりしたらAを加え、煮立ったらわかめを加える。
スープ1.jpgスープ2.jpg

◆アボカドとトマトとブロッコリー
切って盛って、オリーブ油とめんつゆをかけて、マヨネーズを添える。

◆ブドウ

買ってくる。

◆水

ジャッ。


最後に


実際の最近の朝ごはん


かつ.jpg
お弁当の残りのごはんに残りのカツを卵でとじたごちそう。



ナスとれんこんとウインナーのオ...
記事一覧
次女との約束と、しゃきしゃきレ...
山本ゆりさんのこれまでの記事
この記事のキーワード
この記事を書いた人
山本ゆり
山本ゆり

料理コラムニストとして活躍する3児の母。『syunkonカフェごはん』(宝島社)シリーズなどに代表される著書は、累計で700万部を超えるベストセラーに。身近な材料で簡単にできる料理と、ユーモアあふれる日常を綴ったブログから人気に火が付き、Twitter・Instagramではそれぞれ100万人を超えるフォロワーから支持を集めている。

 

<ブログ>
「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」

<Instagram>
山本ゆり(@yamamoto0507)

<Twitter>
山本ゆり(@syunkon0507)

 

※山本ゆりさんへの取材・仕事依頼はこちら