つきの“繰り返し作りたくなる簡単おやつ”
長田知恵(つき)
つきの“繰り返し作りたくなる簡単おやつ”

透明感がたまらない【いちごのパウンドゼリー】

長田知恵(つき)さんのフーディストノート公式連載です。お子さんが喜ぶ愛情たっぷりのおやつレシピを紹介していています。今回は「透明感がたまらない【いちごのパウンドゼリー】」です。
2021/03/31
2021/08/01
196 view

おはようございます
つきの家族食堂のつきです。

今回は、透明感がたまらないいちごのパウンドセリーのご紹介です(^^)
崩れないよう、硬めに作っていますが、透明な容器に注ぎ、すくって食べる場合はゼラチンを減らして
ぷるぷるに仕上げてもおいしいです。
いちごで作りましたが、好みのフルーツでもOKです。

フレッシュいちごのゼリー良かったらお試し下さいませ(^^)



いちごのパウンドゼリー

いちごゼリーのサムネイル画像


【材料】21㎝パウンド型1台
・いちご……200g(1パック)
・お湯……100ml
・粉ゼラチン……10g
・グラニュー糖(または上白糖)……70g
・レモン汁……大さじ2
・水……300ml
A(シロップ)
・お湯……大さじ2
・グラニュー糖(または上白糖)……大さじ2

【作り方】
1.
いちごはヘタを切り落とし、きれいに洗ってから水気を拭いておく。【A】は、混ぜ合わせ冷やしておく。


2.
ボウルにお湯を入れ、ゼラチンを加えて溶けるまで混ぜる。続けて、砂糖、レモン汁、水の順に加えて混ぜる。
(お湯で溶けるクックゼラチン使用。水でふやかすタイプは、いったんふやかしてから加えて下さい)
いちごのゼリーのサムネイル画像

いちごゼリーのサムネイル画像


3.
パウンド型に①のいちごを入れ、②をひたひたまで注ぐ。氷水で型ごと冷やし、固まってきたら残りの②を注ぐ。
いちごゼリーのサムネイル画像

いちごゼリーのサムネイル画像

4.
冷蔵庫で3時間ほど冷やし固める。固まったら、温めたタオルで型を包み、皿の上に返して取り出す。【A】のシロップをかける。


【ポイント】
・いちごの量はお好みで。(全体にある方が土台がしっかりします)
・ゼリー液を注ぐと、いちごが浮くので、ひたひたまで注ぎ、固めてから残りを注ぐと、皿に返した際、きれいに見えます。
・ゼリーは硬めですので、シロップをかけた方がのど越しが良くなります。
・お皿に返す際、タオルで温め、ほんの少しゼラチンを溶かし、皿に返して、しっかり押さえ、右、左に振るとするっと抜けます。

いちごゼリーのサムネイル画像




レンジカスタード&冷凍パイシー...
ジェノワーズ法で作るきめ細かな...
この記事を書いた人
長田知恵(つき)
長田知恵(つき)

アメーバブログの公式トップブロガーとして活躍中。運営するブログ「つきの家族食堂」では、3人のお子さんを持つお母さんならではのコストパフォーマンスの良い料理や、日々の家事を楽にする作り置きおかずを始め、お菓子・パンなど、お子さんが喜ぶレシピを中心に紹介。食器や小物使いなど、お手本にしたいおしゃれな情報も人気を集めている。著書『黄金比率の味つけで、簡単! おいしい! 「つきの家族食堂」 魔法の万能だれ』(扶桑社)も好評発売中。

 

<ブログ>
つきの家族食堂

<Instagram>
長田知恵(つき)(@tsukicook)

<Twitter>
長田知恵(つき)(@tsukicook)

 

※つきさんへの取材・仕事依頼はこちら

この記事のキーワード
長田知恵(つき)さんのこれまでの記事
関連記事