食器はたっぷり入る本棚に収納。長田知恵(つき)さんこだわりのキッチン

食器はたっぷり入る本棚に収納。長田知恵(つき)さんこだわりのキッチン
気になるあの人に、お気に入りのキッチンをご紹介いただく「世界一楽しいわたしの台所」。今回は、お子さんが喜ぶおやつから時短おかずまで、おいしくて作りやすいレシピで人気のフーディスト・長田知恵(つき)さんのキッチン。わが家にも使えるヒントや、暮らしがもっと楽しくなるコツが見つかるかもしれませんよ。
フーディストノート
フーディストノート
2022/12/05
2022/12/05
view

長田知恵(つき)さんの「世界一楽しいわたしの台所」

——まずは、キッチン全体のテーマやこだわりを教えてください

長田知恵(つき)さんの「世界一楽しいわたしの台所」

「シンプルすぎず、温かみのある落ち着いたイメージのカウンターキッチンです。その雰囲気に合わせて、シンクの背中側には手触りのいいホワイトオーク材とステンレスを使用したユニット家具、天井からは木×アイアンの吊り棚を付けてもらいました。風合いを活かすオイル仕上げなので、使い込むほど味が出て楽しみです。ここには、よく使う型やケトルなどを置いています。吊り棚にしたので後ろの白い壁が見えて、圧迫感がありません。天井も高く見えますよ」

 

——お気に入りのポイントもたくさんあるそうですね!

長田知恵(つき)さんの「世界一楽しいわたしの台所」

「まずは、どの引き出しも軽く押すだけで自然と閉まる『ソフトクロージング引き出し』にしたことです。閉めるときにバン!ガチャ!など、音が出ないので気に入っています」

長田知恵(つき)さんの「世界一楽しいわたしの台所」

「それと、オーブントースターの下の、黒い炊飯器を入れてある炊飯器用のスライド式収納スペース。上の部分にモイスという湿気を吸収する素材が張られていてすぐに乾くので、炊飯中でも手前に引き出しておく必要がないんです。防火性能も抜群で、消臭効果も◎。おかげでご飯を炊きながら調理するときも動きやすいですよ」

 

取り出しやすいように出したまま、が基本

——キッチンの収納のマイルールといえば?

長田知恵(つき)さんの「世界一楽しいわたしの台所」

「毎日、何時間も調理をするので、よく使うものは取り出しやすいように出したまま“見せる収納”に。キッチンで使うものは落ち着いた色でそろえるようにしているので、ただ出してあるだけでも見栄えしてくれて気に入っています。今は、スプーンやヘラなどを立てるのにもう少し口が広めのツール立てを探し中です」

 

——食器の収納もご紹介をお願いします!

長田知恵(つき)さんの「世界一楽しいわたしの台所」

「食器がたくさんあるので、主人と相談し、よく使う“一軍”の食器はたっぷり入る本棚に収納してキッチンに置くことにしました。かなり高さがあるのでたっぷり収納できますよ。中板の高さを調整できるのも便利です。
食器は細かな収納のルールは決めていませんが、似たような用途で使うものを集めて、同じ棚に入れるようにはしています」

 

——食器といえば、どんなものがお好きですか?

長田知恵(つき)さんの「世界一楽しいわたしの台所」

「マットな感じの素材で、ピカピカと光沢感があまりないものが好きですね。色味も落ち着いた白や黒、グレーなどが好きです。スタジオ エムやソボカイの食器ブランドを手掛ける「マルミツポテリ」、「うちる」、「イロドリ」、「ドゥ・セー」、「cotogoto(コトゴト)」、作家さんものなど、とにかくいろいろなところを見て買っています」

***

「うちのおやつの定番が白玉団子とチョコバナナで、最近は息子に作り方を教えてみんなの分をよく作ってもらっています。その様子を妹がすごくうれしそうに見ているのが微笑ましいんですよ。いつまで続くかな~(笑)」という、つきさん。お子さんたちにもキッチンはお気に入りの場所のようですね。

 

「フーディストアワード2022」のブログ部門で準グランプリと節約のカテゴリでダブル受賞し、ますます大活躍のつきさん。料理だけでなく、暮らし方にも生活を豊かにするヒントがたくさん詰まっていますので、これからもぜひ注目してみてくださいね。

 

 

(記事中キッチン撮影/つきさん)

つきさん
長田知恵(つき)さん
料理研究家。3児の母であり、Ameba公式トップブロガーとしてお弁当や時短料理のレシピ、日々の生活などを発信中。著書に『毎日のごはん作りがラクになるおかずの本』、『「つきの家族食堂」 魔法の万能だれ』などがある。

<ブログ>
つきの家族食堂
<Instagram>
長田知恵(つき)(@tsukicook)
<Twitter>
長田知恵(つき)(@tsukicook)
<フーディストノート連載>
長田知恵(つき)の“繰り返し作りたくなる簡単おやつ”

※長田知恵(つき)さんへの取材・仕事依頼はこちら

この記事のキーワード
関連記事
「世界一楽しいわたしの台所」の人気ランキング
新着記事