ちょっとしたコツでワンランクアップ!キンクマ主夫さんの「どんぶり」レシピ5選

ちょっとしたコツでワンランクアップ!キンクマ主夫さんの「どんぶり」レシピ5選
元料理人で、奥さんのために日々おいしいごはんを作っているフーディスト・キンクマ主夫さんが、「フーディストアワード2022」ブログ部門で新人賞を受賞しました。そこで今回は、キンクマ主夫さんのレシピから「どんぶりもの」を紹介します。すぐにマネできるちょっとしたコツで、いつもの料理がワンランクアップしますよ。
フーディストノート
フーディストノート
2022/12/06
2022/12/07
view

日々の料理や食を楽しみながら、ブログ、Instagram、Twitterで活躍しているフーディストのみなさまの活動を称える「フーディストアワード2022」が開催され、キンクマ主夫さんがブログ部門の新人賞に輝きました。

 

今回は、キンクマ主夫さんのレシピの中から「どんぶりもの」をピックアップしてご紹介します。

みんな大好き!基本の焼き鳥丼

「一口食べたら箸を止めることができない」というシンプルで最強のどんぶり。フライパンに鶏肉を並べてから火を付けて焼くと、ジューシーに仕上がります。

とろとろ味うま!至高のせせり親子丼

弾力のあるせせりは、かめばかむほど味がでるので塩こしょうをたっぷりふって下味をつけるのがポイント。「旨みが最高なので、いつもの親子丼に飽きた方は試してみてください!」

本当においしい!ワンランク上の三色丼

「男のロマン」だという三色丼は、手間ひまをかけることでさらにおいしくなります!卵、肉そぼろ、ほうれん草の彩りがきれいで、お弁当にも重宝しますよ。

食欲モリモリ!スタミナ豚丼

甘辛のたれには、隠し味の甜面醤でコクをプラス。豚肉の下味に加えた、たっぷりのにんにくがさらに食欲を刺激します。卵黄をからめながら召し上がれ♪

ワンランク上の味へ!おうちでお手軽牛丼

コツは「〇〇い肉を使い、〇〇し過ぎないこと」。高いお肉を使わなくてもやわらかく仕上がり、旨みが口いっぱいに広がります。つゆの材料もぜひチェックしてみて!

キンクマ主夫さんが教えてくれたほんの少しの手間やコツで、いつものどんぶりがもっとおいしくなりそう!一皿で十分な満足感があるので、しっかりエネルギーチャージしたいときにもおすすめです♪

キンクマ主夫さん
キンクマ主夫さん

主夫煮年生の元和食料理人。奥さんのために日々作るおいしいごはんをブログで紹介中。「フーディストアワード2022」ではブログ部門新人賞を受賞。

<ブログ>
キンクマ主夫の食卓

<Instagram>
キンクマ主夫の食卓@Japanese food🇯🇵(@kinkumashuhu)

<Twitter>
キンクマ主夫の食卓@料理ブログ(@kinkumashuhu)

※キンクマ主夫さんへの取材・仕事依頼はこちら

この記事のキーワード
関連記事
「ご飯もの」の人気ランキング
新着記事