長田知恵(つき)の“繰り返し作りたくなる簡単おやつ”
長田知恵(つき)
長田知恵(つき)の“繰り返し作りたくなる簡単おやつ”

表面はザクザク、中はふんわり♪「バニラスコーン」

お子さんが喜ぶ愛情たっぷりのおやつをご紹介いただく長田知恵(つき)さんのフーディストノート公式連載。今回は、バターとバニラがふんわり香る、シンプルなスコーンの作り方を教えていただきます。甘さ控えめなので、メイプルシロップやアイス、ジャムなどを添えて食べるのもおすすめだそうですよ♪おやつタイムのお供にぜひ作ってみてくださいね。
2022/06/29
2022/06/23
view
ノンバター!混ぜるだけで簡単「...
記事一覧
夏休みのおやつにも♪桃缶で簡単...

こんにちは。長田知恵(つき)です。

今回ご紹介するのは、バターとバニラがふんわり香る、シンプルなスコーンです。

表面はザクザク、中はふんわり♪

甘さは控えめですので、メイプルシロップやアイス、ジャムなどと良く合います(^^)

生地を扱うときは常に冷やす!を心掛けて、作ってみて下さい(^^)

お好みで、チョコチップなどを混ぜてもおいしいですよ♪

「バニラスコーン」レシピ

スコーン

材料(8個+α)

a)強力粉…150g

a)薄力粉…150g

a)グラニュー糖…70g

a)ベーキングパウダー…8g

a)塩…ふたつまみ

・無塩バター…100g

b)卵(Ⅿ)…1個

b)プレーンヨーグルト…80g

b)牛乳…70g

b)バニラオイル…3滴

仕上げ用)溶き卵、グラニュー糖…各適量

作り方

1. ボウルに(a)を入れる。ダマがなくなるまでホイッパーでぐるぐる混ぜ、小さく切ったバターを入れる。別の容器に(b)を入れて混ぜ合わせる。ともに冷蔵庫で20分ほど冷やす。

スコーン

スコーン

スコーン

2. 1の粉とバターが入ったボウルを冷蔵庫から取り出し、バターを指でこすり合わせるようにして粉チーズ状になるまでなじませる。

スコーン

スコーン

3. 1の卵液を注ぎ入れ、ゴムベラでさっくり混ぜたら、ラップに包んで、冷蔵庫で20分以上冷やす。

スコーン

スコーン

スコーン

4. オーブンを200℃に余熱しておく。台に打ち粉(強力粉)をして3を、長方形になるように伸ばし、3つ折りにする。これを3回繰り返す。

スコーン

スコーン

5. 生地を2.5~3cm厚さの長方形に伸ばす。4隅を切り落とし、8等分に切る。

※生地が冷えていなければ再度冷蔵庫で冷やしてください

※余った生地もまとめて一緒に焼いて下さい

スコーン

6. オーブン用シートを敷いた天板に間隔をあけて並べる。溶き卵を塗り、グラニュー糖をまぶしたら、200℃に余熱したオーブンで25分ほど焼く。

スコーン

スコーン

スコーン

ポイント

・生地は常に冷たい状態が良いので、季節によっては冷蔵庫へ数回入れます

・生地を切る時は垂直にスパッと切ること。押したり引いたりしないようにしてください

・切った後の側面は極力触らないようにしてください

・焦げそうなら、アルミホイルを被せてください

・お好みで、メイプルシロップやジャム、生クリームを添えてお召し上がりください

スコーン

スコーン

最後までご覧下さりありがとうございました。
良かったら、お試し下さいませ。

ノンバター!混ぜるだけで簡単「...
記事一覧
夏休みのおやつにも♪桃缶で簡単...
関連記事
長田知恵(つき)さんのこれまでの記事
この記事のキーワード
この記事を書いた人
長田知恵(つき)
長田知恵(つき)

アメーバブログの公式トップブロガーとして活躍中。運営するブログ「つきの家族食堂」では、3人のお子さんを持つお母さんならではのコストパフォーマンスの良い料理や、日々の家事を楽にする作り置きおかずを始め、お菓子・パンなど、お子さんが喜ぶレシピを中心に紹介。食器や小物使いなど、お手本にしたいおしゃれな情報も人気を集めている。著書『黄金比率の味つけで、簡単! おいしい! 「つきの家族食堂」 魔法の万能だれ』(扶桑社)も好評発売中。

 

<ブログ>
つきの家族食堂

<Instagram>
長田知恵(つき)(@tsukicook)

<Twitter>
長田知恵(つき)(@tsukicook)

 

※つきさんへの取材・仕事依頼はこちら