2021年「トレンド料理ワード」発表!上半期に続きInstagramで話題のスイーツが大賞に!

2021年「トレンド料理ワード」発表!上半期に続きInstagramで話題のスイーツが大賞に!
早いもので、2021年も年末が近づいてきましたね。フーディストサービス(※1)では、ブログやInstagram、TwitterなどのSNSで話題になった料理関連のワードをもとにユーザーアンケートを実施し、料理ワードをランキング形式で紹介する「2021年のトレンド料理ワード」を発表いたしました。大賞に輝いたのは、上半期から引き続きInstagramで話題を集めたあのスイーツ!ぜひチェックしてみてくださいね。
フーディストノート
フーディストノート
2021/12/08
2021/12/10
view

5位:折りたたみキンパ/四角キンパ

折りたたみキンパ/四角キンパ

韓国のカジュアルフード「キンパ」の裏技的な作り方として、「折りたたみキンパ/四角キンパ」が5位にランクイン!2021年上半期に話題化。テレビなどでの紹介が増えるにつれて「海苔をパタパタたたんでいくだけ」という作り方や具を自由に組み合わせる楽しさが共感を呼び、下半期はさらに人気を伸ばしました。Instagram上での「#折りたたみキンパ」の投稿数は656件(上半期)から1,600件以上(2021年11月30日現在)に、「#四角キンパ」は392件(上半期)から1,000件以上(2021年11月30日現在)にまで増えています。

ユーザーのコメント

・簡単で持ち運びもしやすく、お弁当にも最適だから
・何度もテレビで見たり、YouTubeで作り方動画を配信している人を多数見かけました
・特別な材料や調味料を揃えなくても簡単にできるので気に入っています

4位:低温調理器

低温調理器

低温で時間をかけて加熱ができる「低温調理器」が4位にランクイン!放っておくだけでローストビーフやステーキ、サラダチキンなどが本格的においしく作れると話題になり、近年、BONIQ、ANOVA、貝印など様々なメーカーから製品が発売されています。2021年上半期トレンド料理ワード大賞では2位にランクインし、料理ブログのポータルサイト「レシピブログでの検索数も引き続き上昇し、昨対比4.2倍となりました。

ユーザーのコメント

・チャーシュー、鶏ハムなどを作った時に肉質のやわらかさに驚きました、以来重宝し活用しています
・おうち時間が増えた今、待ってるだけで手軽にお店のようなやわらかなお肉などができたり、家庭の食卓がすごくランクアップしてうれしい
・調味料と具材を入れるだけで技術いらず。コロナ禍で外食も飲みにも行けなかったけれど、おうちバル気分で楽しめ気分転換できました

3位:志麻さん

志麻さん

予約が取れない伝説の家政婦としてテレビや雑誌でも大人気の「志麻さん(タサン志麻さん)」が3位にランクイン。元フレンチ料理人の経験と技術をいかしながら、3時間で15品程度のおかずを作る豊かな発想力は幅広い世代を魅了しています。2021年は第13回ベストマザー賞・特別部門を受賞され、その生き方も熱い支持を得ています。

ユーザーのコメント

・志麻さんのレシピは発想が多種多様で飽きません。何より作りやすいのでよく見ています
・食べたい料理を、作り手のスキルを問わず、身近に感じさせてくれるお人柄で発信されているから
・レシピはもちろん、生き方を目指す人も多くなったような気がするから

2位:オートミール

オートミール

イネ科のオーツ麦(えん麦)を蒸してローラーでフレーク状にした「オートミール」が2位にランクイン。小麦のように精製せず、栄養豊富な外皮を残したまま加工するのでビタミンやミネラル、食物繊維が豊富でダイエット食材としても注目が集まっています。牛乳で煮込んでおかゆ状にする定番調理の他におにぎりやお好み焼き、ピザなど様々なアレンジが料理ブログのポータルサイト「レシピブログ」でも3,000件以上投稿されていいます。

ユーザーのコメント

・オートミールのアレンジメニューを見ない日はないのでは?と思うくらいあちこちで食べられているから
・以前はヘルシー思考な人向けなイメージがありマイナーな食べ物だったオートミールですが、このコロナ禍において一気に認知度が上がって、あまり食に関心のなかった層にも広く受け入れられたように思えたので
・オートミールはそのまま食べたりアレンジできたり、色々なところで見かけるようになったので自分でも取り入れています

大賞:マリトッツォ

マリトッツォ

大賞に輝いたのは、2021年上半期に話題化し、人気が爆発したイタリア生まれのスイーツ「マリトッツォ」!2021年下半期は、丸いパンにクリームをたっぷり挟んだ正統派の人気に加え、「#タマゴッツォ」「#おにトッツォ」など日本らしい遊び心のあるアレンジも生まれ、さらに盛り上がりました。2021年6月時点ではInstagramの「#マリトッツォ」の投稿数は8万件でしたが、11月30日現在20万件以上にのぼります。 

マリトッツォ

ユーザーのコメント

・マリトッツォは、進化系もいろいろ出たし、どこでも見かけたし、買いました
・自分でも手軽に作れて 見た目もインパクトあっておいしかったから
・見た目がかわいくて、インスタ映えするので、自分でも作ってみました。 簡単でおいしいスイーツなので、気軽に作れるのも魅力です

***

コロナ禍の生活で巣ごもり消費やおうち時間の楽しみ方が成熟した一方で、やや自粛疲れが見えてきた2021年。今回の結果から見えてきた傾向は「マンネリからの脱却」と「アレンジを楽しむ遊び心」です。

上半期に続く大賞となった「マリトッツオ」はパンにクリームを挟んだ正統派に次いで、タマゴサラダを挟んだ「タマゴッツォ」やおにぎりをアレンジした「おにトッツォ」など進化系が続々と登場しました。

また4位の「低温調理器」のほか、6位に「おうちで専門店の味」、10位に「市販品アレンジ」がランクイン。自身の味に飽きた人が新しい味を求めて工夫を凝らす様子が見られます。調理機に材料を入れ放っておくだけでお店のような料理に仕上げたり、市販品の素を使うことでいつもとは違う味を楽しんだり、食卓を豊かにするための欲求が感じられます。

そして2位の「オートミール」ほかに8位にランクインした「脂質制限」といった健康を意識したワードにも注目です。特に「オートミール」は水と混ぜてレンチンする新しい食べ方をする人が増え市場が急拡大しました。お米のような食感を「米化」と呼びおにぎりなどにアレンジして主食にすることでダイエットレシピとしても人気が爆発。店頭でもあらゆるメーカーのシリアル商品が並ぶようになりました。

今回は5位から大賞までをご紹介しましたが、6位以降の続きが気になる方は、ぜひこちらをチェックしてくださいね。フーディストサービスが注目する2022年料理関連トピックスも合わせてご紹介していますよ♪

 

2021年料理トレンドに関するアンケート概要

調査方法
フーディストサービス(レシピブログ・フーディーテーブル・スグレピ)にてユーザーアンケートを実施
回答者詳細
10代~60代以上の男女/有効回答:432名
アンケート実施期間
2021年11月2日~11月12日正午

(※1)「フーディストサービス」及び「フーディスト」について
フーディストとは、料理インフルエンサーであり、料理クリエイターである人たちの総称です。日々料理や食を楽しみながら、ブログやInstagram、TwitterなどのSNSで積極的に発信をして活躍している方々です。
フーディストサービスは、日本最大級の料理インフルエンサーネットワークです。約3万人の料理インフルエンサー(フーディスト)とともに、料理メディア及びコミュニティ(フーディストノート、レシピブログ、フーディーテーブル、スグレピ)を運営しています。 また、企業向けに料理インフルエンサーとのマッチングを行う「フーディストナビ」では、フーディストとクライアントとのコラボレーションを企画・提案しています。※フーディスト(R)はアイランド株式会社の商標登録です
<フーディストサービス運営メディア&コミュニティ>
・フーディストノート
https://foodistnote.recipe-blog.jp/
・レシピブログ
https://www.recipe-blog.jp/
・FoodieTable(フーディーテーブル)
https://foodietable.jp/
・スグレピ
https://www.sugurecipe.jp/
・フーディストナビ
http://foodistnavi.jp/
・公式note「フーディスト トレンドラボ」
https://note.com/foodistservice
この記事のキーワード
関連記事
新着記事