冬のごちそう!熱々「牡蠣グラタン」を作ろう!

冬のごちそう!熱々「牡蠣グラタン」を作ろう!
寒い冬に食べる熱々グラタンは格別なおいしさですよね♪メニューの種類も実にさまざまですが、その中でも「牡蠣」を使ったグラタンはなめらかなホワイトソースに牡蠣がからんで贅沢な気分も楽しめます。今回は、この牡蠣にほうれん草やマッシュルームを組み合わせたグラタンレシピをご紹介します。早速今夜の夕食にいかがですか。
アンジェ web shop
アンジェ web shop
2021/12/11
2022/01/18
view

「牡蠣グラタン」の作り方

材料(セラベイク 「スクエアロースターS」2つ分)

生牡蠣(加熱用)…8個
ほうれん草…3株
玉ねぎ…1/2個
マッシュルーム…5個程度
牛乳…300ml
塩こしょう…適量
とろけるチーズ…50g
バター…大さじ3
パン粉…大さじ1
小麦粉…大さじ2

※今回のレシピでは、グラタンチーズもこびり付かないオーブン料理の強い味方、セラベイク 「スクエアロースターS」を使用しています

作り方

冬のご馳走!熱々「牡蠣グラタン」を作ろう

1. 塩水を入れたボウルで牡蠣を振り洗いし、しっかりと水気を拭き取ります。
玉ねぎ、マッシュルームは薄切りにしておきます。

2. ほうれん草は固めにゆで、4cm程度にカットしておきます。

3. フライパンにオリーブオイル(分量外)を入れて熱し、玉ねぎ、マッシュルーム、牡蠣を入れて炒めます。
炒めた具材をボウルなどに取り出しておきます。

4. フライパンにバターを溶かし、弱火で小麦粉を炒め、火を止めて牛乳を混ぜながら少しずつ加えます。

※小麦粉に色が付かないよう注意しながら炒めてください
※泡立て器を使えばダマになりにくいです

冬のご馳走!熱々「牡蠣グラタン」を作ろう

5. よく混ぜたら再び火にかけ、中火でクリーム状になるまで煮詰めます。塩、こしょうで味を整えます。

6. 炒めた具材、カットしたほうれん草をフライパンに戻し、かるく混ぜ合わせます。

7.  耐熱容器(セラベイク 「スクエアロースターS」)にいれます。

8. チーズ、パン粉をのせ、オーブントースターで焦げ目がつくまで焼いて完成です。

冬のご馳走!熱々「牡蠣グラタン」を作ろう

焼きたての熱々を食卓でどうぞ。

冬のご馳走!熱々「牡蠣グラタン」を作ろう

調理のポイント

牡蠣を炒めたフライパンを使ってソースを作ることで、うまみたっぷりのホワイトソースができあがります。
マッシュルームはしめじなど他のきのこ類でも良いですし、じゃがいももよく合います。
じゃがいもを使う場合はレンジで軽く加熱調理しておきましょう。

セラベイク 「スクエアロースターS」で焼けば一人分にちょうどいいサイズ。
7の工程まで終わらせておき、あとは焼くだけにしておけば食事をする時間が異なる家族分の準備も簡単ですよ。

セラベイク 「スクエアロースターS」で、オーブン料理を味方に

耐熱ガラスの内側に、特殊なセラミックコートが施されたセラベイク 「スクエアロースターS」。
グラタンのチーズもするんと外れて、こびりつくことがありません。

冬のご馳走!熱々「牡蠣グラタン」を作ろう

通常の食器を洗うように、スポンジで洗うだけでOK!水に浸け置きしたり、ガリガリ焦げ付きを落とす必要もなし。

セラベイク 「スクエアロースターS」なら、一人分のグラタンやドリアといったメニューはもちろん、ケークサレやパンケーキなどにも活躍してくれますよ。

オーブン料理の強い味方、セラベイクで冬の食卓を楽しみましょう。

アンジェ web shop
アンジェ web shop

北欧雑貨、うつわ、テーブルウェアから旬のギフトアイテムまで。
日々の暮らしを彩るお手伝い。

▼キッチンツール&レシピ「アンジェbyエブリデイキッチン」
https://www.angers-web.com/ekitchen

この記事のキーワード
関連記事
新着記事