あと一品や一人分のメインおかずにぴったり!魚焼きグリルで作る熱々レシピ

あと一品や一人分のメインおかずにぴったり!魚焼きグリルで作る熱々レシピ
毎日の料理に「魚焼きグリル」を積極活用してみませんか?コンロが埋まっているときでも調理ができるので、魚を焼く以外の用途としていくつかレシピレパートリーを持っておくと便利ですよ。今回は見栄えもよいレシピを2品ご紹介しますので、ぜひ参考にしながら作ってみてくださいね。
アンジェ web shop
アンジェ web shop
2021/12/14
2021/12/14
view

今回は、魚焼きグリルで使えてそのまま食卓へサーブできる調理ツール「グリルプレート」を使ったレシピをご紹介します。

スリムなサイズで、あと一品や一人分のメインにぴったりな大きさです。

「あとちょっと」のボリュームのおかずが気軽に作れることで使い勝手は抜群ですよ。

「ハッセルバック風 ポテトのグリル焼き」レシピ

子どもも大人も大好きなじゃがいも料理。いつもと切り方、味付けを変えるだけで、ちょっと目新しい一品になりますよ。

材料(グリルプレート1つ分)

にんにく…ひとかけ
じゃがいも…2個
オリーブオイル…大さじ1
塩・こしょう…適量
パルメザンチーズ(粉)…大さじ1

下準備

「グリルプレート」に事前にオリーブオイルを薄く塗っておきます。

作り方

1. じゃがいもは皮をむいたら半分にカットし、さらに薄切りにします。にんにくはみじん切りにします。

魚焼きグリルであと一品!「グリルハンディプレート」で作る、ハッセルバック風ポテトのグリル焼き

2. 「グリルプレート」ににんにくのみじん切り、じゃがいもをのせ、ふんわりとラップをしたら電子レンジで3分加熱します。

3. オリーブオイルを回しがけ、塩こしょうをして、パルメザンチーズをかけたら、魚焼きグリルの弱火で7〜8分焼いて完成です。

魚焼きグリルであと一品!「グリルハンディプレート」で作る、ハッセルバック風ポテトのグリル焼き

魚焼きグリルであと一品!「グリルハンディプレート」で作る、ハッセルバック風ポテトのグリル焼き

じゃがいものホクホク感とカリッと感、どちらの食感も楽しめる一品です。

料理の付け合せとしてはもちろん、おつまみとしてもおすすめです。

「ミートボールとミニトマトのグリル焼き」レシピ

定番料理のミートボールも、丸めて魚焼きグリルで焼けばほったらかしで完成!ミニトマトと一緒に焼けば、彩りも鮮やかな一品に。

材料(グリルプレート2つ分)

合いびき肉…200g
玉ねぎ…1/2個
卵…1個
塩こしょう…適量
ナツメグパウダー…適量
お好みで、ミニトマト…数個
とろけるチーズ…適量

作り方

 

1. 玉ねぎをみじん切りにします。合いびき肉、玉ねぎ、卵、塩コショウ、ナツメグをボウルに入れて粘りがでるまで混ぜ合わせます。

2. 1の肉だねを丸めたらグリルプレート入れ、お好みでミニトマトを加えます。

魚焼きグリルであと一品!「グリルハンディプレート」で作る、ハッセルバック風ポテトのグリル焼き

3. アルミホイルをかぶせ、魚焼きグリルの弱火で8〜9分焼き、予熱で10分程度火を通して完成です。

この状態でも十分おいしく頂けますが、お好みでチーズをかけるのもおすすめです。その場合は魚焼きグリルでさらに3分程焼いてくださいね。

魚焼きグリルであと一品!「グリルハンディプレート」で作る、ハッセルバック風ポテトのグリル焼き

魚焼きグリルであと一品!「グリルハンディプレート」で作る、ハッセルバック風ポテトのグリル焼き

3の段階まで準備しておき、食べる直前にチーズをかけて焼き上げれば、温めと仕上げが同時に叶います。
中にゆでたうずらの卵を入れてスコッチエッグ風にするのもおすすめですよ。

あと1品が気軽に作れる「グリルプレート」

「グリルプレート」は、陶器製なので魚焼きグリルはもちろん、オーブントースター、電子レンジ、直火でも使用OK。

「グリルプレート」で焼けば、使った後の片付けが面倒な魚焼きグリルも、汚れることもなくお手入れも簡単です。「グリルプレート」本体にはどうしても焼き焦げがついてしまいますが、アルミホイルで包み焼きをすれば、焦げ付きの心配もなし。

魚焼きグリルであと一品!「グリルハンディプレート」で作る、ハッセルバック風ポテトのグリル焼き

▲アルミホイルを敷いて焼けばお手入れ簡単

切り身魚の冷凍ストックがあれば、忙しい朝でも簡単に焼き魚を準備できます。

年末年始のおもてなし料理や、帰宅が遅いご家族へのメイン料理もできたて熱々を振る舞えますよ。「グリルプレート」を取り入れて、忙しい日の料理をスムーズに変えてみませんか?

 

 

アンジェ web shop
アンジェ web shop

北欧雑貨、うつわ、テーブルウェアから旬のギフトアイテムまで。
日々の暮らしを彩るお手伝い。

▼キッチンツール&レシピ「アンジェbyエブリデイキッチン」
https://www.angers-web.com/ekitchen

この記事のキーワード
関連記事
新着記事