【海外ドラマ飯】1話30分で心がじんわり温まる。Amazonオリジナル「モダン・ラブ」のマフィンを作ろう

【海外ドラマ飯】1話30分で心がじんわり温まる。Amazonオリジナル「モダン・ラブ」のマフィンを作ろう
気温が下がり、オーブンを使った焼き菓子が恋しい季節になってきました。そこで今回は、1話30分でハートウォーミングなドラマが見られる話題の「モダン・ラブ ~今日もNYの街角で~」にちなんだ、大きなマフィンを作ります。旬のりんごがたっぷりの、ホットケーキミックスを使ったお手軽レシピですよ。

TOMOKO
TOMOKO
2021/12/19
2021/12/28
view

旬のりんごをたっぷり使った、ニューヨークらしい大きなマフィン

海外ドラマ飯「モダン・ラブ」の「りんごのマフィン」

「モダン・ラブ ~今日もNYの街角で~」は、Amazonの「Prime Video」で配信中のドラマシリーズ。ニューヨーク・タイムズ紙の人気コラム「Modern Love」に実際に投稿されたエッセーに基づき、様々な愛のカタチが1話30分で描かれるハートウォーミングなドラマです。2019年からシーズン1が、そして2021年からはシーズン2が、ともに8話ずつ配信中です。

ドラマの舞台は主にニューヨークで、男女の恋愛物語だけではなく、年齢や立場を超えた素敵な友情や、忘れられない失恋のやり直し、倦怠期の夫婦がお互いを見つめ直すストーリーなど…。1話1話がニューヨークの景色、そして美しい音楽と相まって、わずか30分ながらまるで短編映画のような贅沢な仕上がりです。アン・ハサウェイやエド・シーランが意外な役どころで登場するのも話題になりました。

そのシーズン1のエピソードの1つ「僕らが見つけた家族のカタチ」に出てくるのが、フレーバーこそはっきりしないものの、大きくて存在感のあるマフィンです。マフィンといえば、アメリカを代表する焼き菓子の1つ。アメリカのいくつか州では「州のマフィン」が定められていて、りんごの名産地でもあるニューヨークは「りんごのマフィン」なんだとか。

そこで今回は、旬を迎えおいしくなってきた甘酸っぱいりんごをたっぷり使い、ドラマ、そしてニューヨークにちなんだりんごのマフィンを作ります。

材料をどんどん混ぜるだけ!ホットケーキミックスを使った簡単りんごのマフィン

海外ドラマ海外ドラマ飯「モダン・ラブ」の「りんごのマフィン」

材料(直径65×高さ50mmの焼き型 5~6個分)

海外ドラマ飯「モダン・ラブ」の「りんごのマフィン」

ホットケーキミックス…1袋(200g)

バター…50g

砂糖…30g

卵…1個

牛乳…150ml

りんご…1/2個

シナモンパウダー…小さじ2

作り方

海外ドラマ飯「モダン・ラブ」の「りんごのマフィン」

1. 大きめのボウルに室温に戻したバターと砂糖を入れて、なめらかになるまで練ります。

海外ドラマ飯「モダン・ラブ」の「りんごのマフィン」

2. 1に溶き卵と牛乳を少しずつ加え、分離しないようにすばやく混ぜます。

海外ドラマ飯「モダン・ラブ」の「りんごのマフィン」

3. りんごを角切りにして砂糖とシナモンを少量(分量外)まぶします。

海外ドラマ飯「モダン・ラブ」の「りんごのマフィン」

4. 2にホットケーキミックスを半量入れて良く混ぜたら、残り半量とりんごも加え、ヘラで切るようにさっくりと混ぜます。

※りんごは飾り用に少し残しておいてください

海外ドラマ飯「モダン・ラブ」の「りんごのマフィン」

5. マフィン型に生地を8分目程度まで入れ、残しておいたりんごを飾り、予熱した190℃のオーブンで20分ほど焼けばできあがり!

海外ドラマ飯「モダン・ラブ」の「りんごのマフィン」

ふんわり焼き上がったマフィンは、ドラマを見ながらのおやつにぴったり。

角切りのクリームチーズを加えて、リッチな味わいにアレンジしてもおいしいです。次の日はリベイクして、外側をカリッとさせて朝ごはんにいただくのもいいですね。

ところで、マフィンが登場するのはドラマのシーズン1、養子縁組を希望しているゲイのカップルと、マッチング相手の女性が繰り広げる素敵な一編。マフィンが出てくるカフェのシーンは、きっと見ているだけでお腹が空いてきますよ(ちなみに、エド・シーランがゲスト出演しているのもこの回です!)。

ニューヨークらしい“型にはまらない家族”にそっと寄り添うマフィン。ホットケーキミックスを利用して、ぜひ大きなサイズで焼いてみてくださいね。そして、名エピソードばかりの「モダン・ラブ」もくれぐれもお見逃しなく。

この記事のキーワード
関連記事
新着記事