100円ショップで発見♪「ゆかり」の“弟”「ひろし」はごはんもパスタも食べすぎ注意です

100円ショップで発見♪「ゆかり」の“弟”「ひろし」はごはんもパスタも食べすぎ注意です
長女の「ゆかり」に始まり、「あかり」「かおり」「うめこ」と、そのおいしさとユニークな名前でおなじみ、三島食品の“ふりかけ4姉妹”。その大人気シリーズに、“弟”の「ひろし」が登場していたのをご存じですか。おなじみのデザインのパッケージに入った香り豊かな混ぜごはんの素ひろしは、ごはんばかりかパスタもおいしくしてくれるかわいい“末っ子”なんです!
TOMOKO
TOMOKO
2021/07/08
2021/07/07
view

さわやかな香味とザクザクした食感が楽しい「ひろし」

「ゆかり」の“弟”「ひろし」

九州の高菜漬け、信州の野沢菜漬けと並び、日本の三大漬け菜の1つといわれている広島菜漬け。熱々のご飯に混ぜこむだけで、その広島菜漬けのさわやかな香味が手軽に楽しめるのがゆかりの“弟”、ひろしです。

 

絶妙な塩気と鮮やかな色が、ご飯を引き立てます

「ゆかり」の“弟”「ひろし」

ひろしは、名前の由来にもなっている広島県産の広島菜を100%使い、塩漬けした広島菜を刻んで乾燥させたもの。いわばドライ漬け物ですから、ご飯との相性はバツグンです。

また、ゆかりやかおりがふりかけなのに対して、このひろしは混ぜご飯の素。その分、葉がざっくり大きく刻まれていて、ご飯の湯気で少し蒸らして葉を開かせてから食べるのがポイントです。

「ゆかり」の“弟”「ひろし」

鮮やかな広島菜の存在感と絶妙な塩気で、おにぎりにもぴったりです。

 

塩気と食感をパスタで楽しむ「ひろしらすペペロンチーノ」の簡単レシピ

ひろしの塩気と広島菜のほどよいざくざく感は、ふりかけのお姉さんたちにも増してアレンジが楽しめそうです。今回ご紹介したいのが、調味料いらずでできる簡単ペペロンチーノのレシピ。ひろしに塩気のあるしらすを合わせて、名付けて「ひろしらすペペロンチーノ」です。

「ゆかり」の“弟”「ひろし」でペペロンチーノ

材料 2人分

「ひろし」…大さじ2
しらす…50g
にんにく…1かけ
鷹の爪(輪切り)…お好みの量
オリーブオイル…大さじ3
パスタ…160g

作り方

「ゆかり」の“弟”「ひろし」でペペロンチーノ

1. にんにくを薄切りにします。フライパンにオリーブオイルを入れて、にんにくとしらすを加え弱火でカリカリになるまで炒め、鷹の爪をお好みの量加えてサッと炒めます。

2. 1を炒めている間に、たっぷりの湯に塩(分量外)を加え、パスタをゆでます。表示時間より1分短くゆでてください。

「ゆかり」の“弟”「ひろし」でペペロンチーノ

3. パスタがゆだったら、ゆで汁(お玉一杯分)を1のフライパンに移し、湯切りしたパスタを加え、素早く混ぜて乳化させます。最後にひろしを加えて混ぜれば出来上がり!

「ゆかり」の“弟”「ひろし」でペペロンチーノ

ご飯のおとも以外にも、いろいろな食べ方で楽しめるゆかりシリーズ。末っ子のひろしも、パスタと合わせたり、オムレツに入れたり、お好きなアレンジをためしてみてくださいね。

 

今回紹介した商品

ひろし商品画像1

商品名:ひろし 16g

この記事のキーワード
関連記事
新着記事