節約できて、そのうえラクラク♪武田真由美さんのスピードカレーレシピ5選

節約できて、そのうえラクラク♪武田真由美さんのスピードカレーレシピ5選
いつもの材料で手軽にできて、ご飯がどんどんすすむカレーライス。週に1回はカレーの日がある、というご家庭も多いとか。今回はそんなカレーライスのバリエーション強化に、節約&時短レシピで人気の武田真由美さんの“家カレー”を教えていただきました!
フーディストノート
フーディストノート
2021/04/16
2021/10/07
view

10分でコクうまカレーライス!

「調理時間わずか10分、煮込まないのにコクのあるカレーライスができますよ。ポイントは、もみ込むだけでできる鶏肉と玉ねぎのめんつゆ漬けを使うのと、電子レンジで加熱したにんじんを合わせること♪」と武田さん。めんつゆの旨味も入ったやさしい味わいでご飯がすすみます!

レシピをチェック!>>

お肉なしでもボリュームたっぷり♪

コスパ食材の厚揚げたっぷりで、お肉なしでも食べごたえ◎のヘルシードライカレー。超時短仕上げの秘密は、具材のチョイスと切り方にあり。「厚揚げは水切り不要で火の通りも早めですし、ピーマンや玉ねぎは生食できるものなので、切り方次第でぐんと手早く炒められますよ」

レシピをチェック!>>

具材はひき肉ともやし1袋。ためしてほしい「もやしカレー」

市販の焼きそば麺に付いている粉末ソースが余っていたら、ためしてみたいのがこの使い方。「カレールウを煮溶かしたら、粉末ソースを加えてよく混ぜ、ひと煮立ち。煮込み時間は短めでも、コクと風味がアップします!粉末ソースがなければ、ウスターソースでも代用OKです」

レシピをチェック!>>

調味料は覚えやすい1:2:3で!

冷蔵庫の在庫整理にもぴったり、残り野菜を活用できるお手軽ドライカレーです。「みじん切りにした野菜と合いびき肉を炒めたら、味つけはウスターソースとカレー粉、トマトケチャップを1:2:3の割合で。カレー粉だけで炒めるよりひと味おいしくなりますよ」

レシピをチェック!>>

お弁当には、冷めてもおいしい「おからドライカレー」

武田さんが多めに作って冷凍保存もしているというおからドライカレーがこちら。「お肉よりもおからが多めなので、冷めても脂っぽくならずに、食べやすいです。食べていくとおからがお腹にたまってくるので、食べ応えもあります♪」

レシピをチェック!>>

どれもあっという間にできておいしい、武田さんのまさに“スピードカレー”レシピ。ブログで紹介されている、カレーライスと一緒に用意できるお手軽副菜もためしてみてくださいね♪

武田真由美さんのプロフィール

節約アドバイザー。数々の節約ワザが多くの主婦から絶大な支持を受け、家計の見直し・節約料理などの講師、節約記事の執筆、節約料理のレシピ開発、テレビ出演等で活躍中。『節約女王の10分100円で作れるおかずとお弁当』『節約女王・武田真由美の1週間2500円ごはん』(ともに主婦と生活社)など著書多数。

▼武田真由美さんのmyレシピブックを見る
https://www.recipe-blog.jp/profile/mayumibiyori

▼武田真由美さんのブログ『真由美さんの1週間2500円節約レシピ』を見る
http://ameblo.jp/bistromayumi/

▼武田真由美さんのInstagramを見る
@mayumi.takeda_kitchen

この記事のキーワード
関連記事
新着記事