あんこと○○○を合わせてみたら!?今どきの「あんこのおやつ」はとってもオシャレ♪

あんこと○○○を合わせてみたら!?今どきの「あんこのおやつ」はとってもオシャレ♪
お汁粉にぜんざい、大福、おはぎなど、和菓子でおなじみの「あんこ」を、和の食材にとらわれず自由に組み合わせてみたら、とっても美味しい&オシャレなスイーツが完成しました♪
フーディストノート
フーディストノート
2016/02/15
2021/10/07
view

スイーツ好きなみなさんにちょっとお尋ねします。「あんこを使ったお菓子といえば?」。お汁粉にぜんざい、おはぎ、大福…思い浮かぶのは和スイーツが多いかもしれませんね。そこで見つけたのがこちらの一冊。

『あんこのおやつ 和&洋素材とあんこのおいしい組み合わせ』(誠文堂新光社)

「好きな食べ物を聞かれると、迷わず『あんこです』と答えてしまいます」というほどあんこLOVERのお菓子・料理研究家 森崎繭香さん。そんな森崎さんが最新刊『あんこのおやつ』(誠文堂新光社)で、最中やおはぎといった和のお菓子はもちろん、チョコレートやクリームチーズ、バナナやラズベリーなど洋の素材とあわせたちょっと新しい「あんこのおやつ」を提案しています。

今回は森崎さんの話題の新刊から、意外な素材との組み合わせで簡単&オシャレに仕上がるあんこスイーツのレシピをご紹介します♪

あんことチョコの出会いにうっとり「あんこトリュフ」

「あんこにラムレーズンをまぜてもおいしいですよ」と森崎さん。お酒のおともにもおすすめの大人のトリュフです。

【材料】(直径2.5cmのもの×8個分)
小豆粒あん(市販のものでもOK)100g
チョコレート(スイート)100g

【作り方】
1. 小豆粒あんは手につかずにしっかり丸められる程度に水分を飛ばす(電子レンジ600wで1分加熱後、ひと混ぜしてさらに1分加熱する)。8等分して丸める。

2. ボウルにきざんだチョコレートを入れて湯せんにかけ、なめらかに溶かす。1を1個ずつくぐらせて表面をチョコレートでコーディングし、フォークにのせて余分なチョコレートを落としてからクッキングシートの上にのせて固まるまで待つ。

3. 好みでココアパウダーや粉砂糖をまぶしたり、チョコペンで線を描いたりしてデコレーションする

甘酸っぱいいちごとあんこも相性ぴったり!「あんこといちごのババロア」

「いちごをたっぷり使って酸味と甘みをだしました」。生クリームのかわりに牛乳を使った、ヘルシーなぷるぷる食感のデザートです。

【材料】(100mlの容器×5個分)
A
小豆粒あん(市販のものでもOK)130g
いちご 正味200g(ヘタをとる)
牛乳 100ml

粉ゼラチン 5g(水にふり入れふやかしておく)
水 大さじ2
いちご(飾り用) 5個

【作り方】
1.  Aをミキサーに入れ、なめらかに撹拌する。

2. ふやかしておいたゼラチンは、ふんわりラップをして電子レンジ600wで10秒加熱して溶かし、1のミキサーに加える。ダマにならないように手早く撹拌する。

3. 型に流し入れ、冷蔵庫で2時間以上冷やし固める。

4. しっかりと固まったら、飾り用のいちごをのせる。


「チーズケーキやロールケーキ、パウンドケーキにあんこを使うレシピはかれこれ15年以上前から作っていましたが、お仕事で紹介するのは初めて。一冊まるごとあんこのおやつなんて夢のようでした!」と森崎さん。担当の編集者さん、アシスタントのみなさんそろってあんこが大好きという“あんこ愛”に包まれた撮影現場だったとか。
ちょっとしたプレゼントや、ギャザリングパーティーにも喜ばれそうなあんこスイーツたち。『あんこのおやつ』では特別な道具を使わない、森崎さん流の簡単なあんこの炊き方も紹介しているので、“MYあんこ”づくりにもぜひ挑戦してみて!

***

森崎 繭香さん
フードコーディネーター/お菓子・料理研究家 カフェやレストランでの経験をエッセンスに加えながら、自宅でも作りやすいと評判のレシピが人気。 ☆著書「あんこのおやつ」「焼かないケーキ」「野菜たっぷりマリネ、ピクルス、ナムル」「豆腐クリームの絶品レシピ」他多数
http://www.recipe-blog.jp/profile/mayucafe

***

『あんこのおやつ: 和&洋素材とあんこのおいしい組み合わせ』
森崎 繭香 (著)

はさむだけ、重ねるだけ、のせるだけの簡単なお菓子をはじめ、
定番の和のおやつ、意外な組み合わせが楽しい焼き菓子、そしてカップデザートなど、あんこ+αの意外な組み合わせを楽しめる新感覚のお菓子も紹介します。

詳細はこちら↓
http://amzn.to/1mp3omS

写真撮影 鈴木信吾
協力、画像提供 誠文堂新光社(http://www.seibundo-shinkosha.net/

この記事のキーワード
新着記事