3種のおかずで♪定番お弁当の作り方徹底ガイド

3種のおかずで♪定番お弁当の作り方徹底ガイド
毎日のお弁当づくりは、できるだけ負担なく、簡単にしたいもの。おかずは何種類も作らなくても大丈夫!メインおかず、サブおかず、すきまおかずの3種類を組合わせるだけで、定番のお弁当も楽に作ることができ、アレンジも楽しめます。
フーディストノート
フーディストノート
2015/03/16
2021/10/07
view

唐揚げのおべんとう

みんなが大好きな唐揚げは、揚げる前に鶏肉の皮で包むようにして、丸く形を整えてから調理をすると、ジューシーに仕上がります。
色味のよいサラダを添えれば、定番おべんとうのできあがり。

【メインのおかず】鶏の唐揚げ

◎材料
鶏もも肉… 1/2枚
にんにく… 1/2片
しょうが… 1/2片
片栗粉… 大さじ2
A しょうゆ… 大さじ1
A 酒… 小さじ2
A 酢… 小さじ1
揚げ油… 適量

◎作り方
1. 鶏肉は食べやすい大きさに切る。にんにくとしょうがはすりおろす。
2. 密閉保存袋に1と合せたAを入れ、約15分浸ける。
3. 2に片栗粉を加えてもみ込む。
4. 注音の揚げ油で3を約3分からりと揚げる。


【すき間おかず】うずら卵のベーコン巻き

◎材料
ベーコン… 1枚
大葉… 1枚
うずらの卵… 2個
塩… 少々
サラダ油… 少々

◎作り方
1. うずらの卵は水から約8分ゆでて冷水に取り、殻をむく。
2. ベーコンと大葉は半分に切る。
3. ベーコンに大葉をのせ、手前に1をおく。奥に向かってくるくると巻き、巻き終わりを楊枝でとめる。
4. フライパンにサラダ油を熱し、3を転がしながら約2分焼き、塩を振ったら完成。


【サブおかず】ポテトパンプキンサラダ

◎材料
きゅうり… 1/3本
じゃがいも… 1/2個
かぼちゃ… 30g
A マヨネーズ… 大さじ1/2
A 粒マスタード… 小さじ1/2
塩… 適量

◎作り方
1. きゅうりは薄切りにし、塩少々をを振って約5分おき、キッチンペーパーで水気をギュッと絞る。
2. じゃがいもとかぼちゃは皮をむいて1cm角に切り、約5分やわらかくなるまでゆでてザルに上げる。
3. ボウルに2を入れ、熱いうちにフォークでつぶす。
4. 3に合わせたAを加えて混ぜる。さらに1を加えて混ぜ、塩少々で味を調える。


肉巻きのおべんとう

豚薄切り肉でお好みの野菜を巻いた肉巻きは、野菜嫌いの子どもでも、パクパク食が進むおいしさ。
塩昆布やカレー味など、アクセントのあるおかずも添えてみました。

【メインおかず】いんげんの肉巻き

◎材料
豚薄切り肉… 2枚
さやいんげん… 3本
小麦粉… 適量
A しょうゆ… 小さじ2
A 酒… 小さじ2
A 砂糖… 小さじ2
サラダ油… 少々

◎作り方
1. さやいんげんは熱湯で約1分塩ゆでし、ザルに上げる。粗熱がとれたら筋を取り、半分に切る。
2. 豚肉を広げ、手前に1を3本ずつのせてくるくると巻き、小麦粉をはたく。
3. フライパンにサラダ油を熱し、2を転がしながら約3分焼き、一度取り出す。
4. フライパンに合わせたAを入れて火にかけ、ひと煮立ちさせたら3を戻し入れ、全体に絡める。


【すきまおかず】カレー枝豆

◎材料
枝豆(冷凍)…5さや
A だし汁… 100cc
A 薄口しょうゆ… 小さじ1
A カレー粉… 小さじ1/2
A 塩… 少々

◎作り方
1. 小鍋に合わせたAを入れて火にかける。
2. 枝豆をさやのまま加え、約5分煮る。火を止めてそのまま冷やし、味をふくませる。


【サブおかず】ピーマンの塩昆布和え

◎材料
ピーマン… 1個
塩昆布… 2g
白炒りごま… 小さじ1/2
塩… 少々

◎作り方
1. ピーマンは種を取って細切りにし、熱湯で約30秒塩ゆでして水にさらす。ザルに上げ、キッチンペーパーで水気をしっかりきる。
2. 塩昆布は食べやすい大きさに切る。
3. ボウルに1と2を入れて和え、白ごまを振って塩で味を調える。

—————————————————

レシピブログのキャラ弁連載「15分でできる簡単キャラクター弁当」(http://www.recipe-blog.jp/blog/akinoichigo/)が大人気のakinoichigoさんによるレシピ本「akinoichigoの基本のおべんとう」より、定番のお弁当2種類をご紹介しました♪

調理やお弁当作りの基本、上手な詰め方、彩のつけ方まで充実した内容の一冊ですので、ぜひチェックしてみてくださいね~。

『akinoichigoの基本のおべんとう 』大和書房

料理が初めての人でも、簡単に作れるおべんとうレシピ284点を収録。どれも冷蔵庫のありもので作れるものばかり。
子ども向けだけでなく、中高生や大人向けにボリュームや内容をアレンジできる工夫も詰まっています。


▼詳細はこちら
http://amzn.to/1LgWYBD

協力・画像提供:大和書房(http://www.daiwashobo.co.jp/

この記事のキーワード
関連記事
新着記事