もらって本当に嬉しい♪“ガトーショコラ”の作り方教えます!

もらって本当に嬉しい♪“ガトーショコラ”の作り方教えます!
せっかく手作りするなら、相手に本当に喜んでもらえるものを贈りたいですよね!そこで、初心者でも失敗なし、きらりとセンスが光る“ガトーショコラ”と“カップケーキ”のレシピを大公開します♪
フーディストノート
フーディストノート
2015/02/09
2021/10/07
view

プチガトーショコラ

【材料】
(直径6.5x4cmのココット5個分)

スイートチョコレート… 60g
バター(食塩不使用)… 40g
卵黄… 1個分
ココアパウダー… 5g
薄力粉… 25g

メレンゲ
 卵白… 1個分
 グラニュー糖… 30g

ダークチェリー(缶詰)… 10個
キルシュ… 小さじ1

準備
・バターは薄く切って室温にもどす。卵白以外の材料も室温にもどす。
・卵白は、使う直前まで冷蔵庫で冷やす。
・ダークチェリーは軽く缶汁をきり、キルシュをからめてしばらくおき、
 ココットに2個ずつ入れて耐熱バットに並べる。
・ココアパウダーと薄力粉はボウルに入れてざっとまぜ、ふるう。
・オーブンは160度にあたためる。

1.チョコレートとバターをとかし、卵黄をまぜる
ボウルにチョコレートとバターを入れ、湯せんにかけてとかし、湯せんからはずして卵黄を加えまぜる。

2.粉類をまぜる
粉類を加え、粉が見えなくなるまで泡立て器でまぜる。
※冬場は次に使うまでぬるめの湯せんにかけておく。

3.メレンゲを作る
ボウルに卵白を入れ、ハンドミキサーの低速でほぐす。グラニュー糖を3回に分けて加えながら、そのつど角が立ち、先端が曲がる状態まで高速で泡立てる。最後に同様の状態になったら低速にし、約1分泡立てる。

4.2にメレンゲをまぜる
2に3の1/2量を加えてゴムべらで手早くまぜる。泡が少し残っている状態で、残りの3を加え、全体になじんでつやが出るまでまぜる。

5.ココットに入れて湯せん焼きにする
ココットに等分に入れ、ココットの1/3の高さまでバットに湯を注ぎ、160度のオーブンで13~15分湯せん焼きにする。

大人のカップケーキ

【材料】
(直径7cmのマフィン型6個分)

バター(食塩不使用)…70g
グラニュー糖…70g
卵…1個
牛乳…50g
インスタントコーヒー…大さじ1
ラム酒…大さじ1
ココアパウダー…20g
薄力粉…50g
ベーキングパウダー…3g
スイートチョコレート…60g

準備
・バターは薄く切り、大きめのボウルに入れて室温にもどす。
 指で押してスーッと入っていくくらいが目安。
・スイートチョコレートは小さく刻み、まぜ込み用30g、トッピング用30g
に分ける。
・ココアパウダー、薄力粉、ベーキングパウダーはボウルに合せて
 ざっとまぜ、ふるう。
・マフィン型に紙ケースを敷く。
・オーブンを170度にあたためる。

1.コーヒー液を作る
牛乳を耐熱容器に入れてラップをし、電子レンジ(600W)で30秒ほど加熱し、インスタントコーヒーをまぜてとかし、ラム酒をまぜる。

2.バターにグラニュー糖をまぜる
ボウルにバターを入れてグラニュー糖を加え、泡立て器ですりまぜる。

3.卵をまぜる
卵を割りほぐし、3~4回に分けて加え、そのつどよくまぜる。

4.粉類の1/4量、1の1/2量をまぜる
粉類の1/4を加えて泡立て器でまぜる。粉が見えなくなったら、1の1/2量を少しづつ加えてそのつど生地をときのばすようにしてまぜる。

5.残りの粉類の1/2量、1を順にまぜる
残りの粉類の1/2量を加えてまぜ、残りの1を作り方4と同様にまぜる。

6.残りの粉類、まぜ込み用チョコレートをまぜる
残りの粉類を加えて、まぜ込み用チョコレートを加え、生地につやが出るまでまぜる。

7.型に入れてチョコレートをのせ、焼く
型にスプーンですくって等分に入れ、トッピング用チョコレートをのせて170度のオーブンで20~25分焼く。焼きあがったら、型から出して網の上にのせて冷ます。

—————————————————

以上、主婦の友社から発売中の書籍「チョコケーキとクッキー、生チョコレートの本」より、バレンタインにピッタリな2品をご紹介しました♪「贈る」ために作りたい、チョコレートのお菓子が厳選されていますので、ぜひ書店などでお手に取ってご覧くださいね~。

『チョコケーキとクッキー、生チョコレートの本』
下迫 綾美 (著) / 主婦の友社

ガトーショコラやブラウニーなど、人気の6種類を厳選して収録。それぞれ「基本レシピ+アレンジレシピ」という構成なので、バリエーションも楽しめます。

▼詳細はこちら
http://amzn.to/16nniGX

協力・画像提供:主婦の友社(http://www.shufunotomo.co.jp/

この記事のキーワード
新着記事