たこ焼き器も大活躍!簡単おいしい「#包まない餃子」5選

たこ焼き器も大活躍!簡単おいしい「#包まない餃子」5選
小さなひだをたくさん寄せて、ひとつひとつ丁寧に包む餃子。時間をかけて用意したのに、あっという間に食べ終わってしまってちょっと切ない…なんていう方は「包まない餃子」を試してみませんか?手間は少なくおいしさそのまま…いや、それ以上?今回はInstagramで見つけたナイスアイデアをご紹介します!
フーディストノート
フーディストノート
2020/10/15
2022/07/21
view

くるっと巻くだけ!超時短の「#巻き餃子」

こんがりとした焼き色がとってもおいしそうな「#巻き餃子」は、豚ばら薄切り肉で野菜を巻き、さらに餃子の皮で巻いて焼いたものだそう。今回はじゃがいも、人参、長ねぎ、チーズなど巻いたそうですが、アイデア次第でいろいろなアレンジができそう。これなら野菜もたっぷりとれそうですね!

洗い物が少ない!フライパンひとつでできる「#包まない餃子」

こちらはなんと、最初から最後までフライパンひとつでできちゃう餃子!今回は市販の刻み野菜を使ってらっしゃいますが、野菜を自分でカットしたとしてもボウルやタネをすくうスプーン、包んだ餃子を並べるバットやお皿などの洗い物が少ないのはうれしいですね♪タネ作りもフライパンの中で済ませてしまい、餃子の皮で上下を挟んで焼き上げるだけ。ワクワクできそうなアイデアですね!

餃子の皮のひらひら感がかわいい!「#フラワー餃子」

こちらはタネを餃子に乗せて、半分に折っただけの状態でフライパンにきっちり並べて蒸し焼きにした「#フラワー餃子」!餃子の皮のひらひら感がとってもかわいいですね♪中身が見えるので、枝豆やコーンなど色鮮やかな食材を使い、こちらのAkiko Nishimura(@akiko.js.604)さんのように、仕上げにエディブルフラワーをプラスしても素敵です。テーブルが華やかになりますね!

華やかさナンバーワン!せいろに花咲く「#薔薇餃子」

こちらも「#フラワー餃子」と要領は同じですが、餃子の皮を2~3枚並べてタネを乗せ、半分に折ってくるくる巻くことで薔薇の花のようなボリュームが出せます。せいろにぎゅぎゅっと並べると、フラワーボックスのようでとっても華やかですね!こんなふうに間に野菜を並べて一緒に蒸し上げるのもいいですね。ぜひトライしてみたいアイデアです。

パリパリに焼ける!たこ焼き器で作る「#包まない餃子」

巻いたり、はさんだり…でも十分おいしいのですが、餃子といえば「肉汁を逃さないのがおいしさのポイント!」と思う方にぜひトライしていただきたいのがこれ。たこ焼き器に皮を敷いて、その上からタネをいれることで肉汁がこぼれず、しかも皮の部分はパリパリになるというナイスアイデアなんです!手間が少なく、しかもどんどん焼けるのでついつい食べすぎてしまいそうですね♪皮の部分がパリっと焼けた2枚目の写真がとってもおいしそうです!

* * *
包む手間がないだけでなく、それぞれにおいしさや華やかさがプラスされていて素敵ですよね!「今夜は餃子♪」と思ったら、ぜひ思い出してトライしてみてくださいね!

この記事のキーワード
関連記事
新着記事