グリラーの2個使いで一度に仕上がる!ママも楽チン♪お助けレシピ

グリラーの2個使いで一度に仕上がる!ママも楽チン♪お助けレシピ
初夏の風が心地よい、ピクニックやアウトドアレジャーなどのお出かけが楽しい季節になりました。ですが、たくさん遊んで帰宅した後の食事の準備は大変…。今回は、そんなお母さんの負担を軽減する2品同時仕上げのアイデアをご紹介します。お出かけ前に下ごしらえしておけば、帰宅後は、オーブンで焼くだけ。大助かり間違いなしですよ♪
アンジェ web shop
アンジェ web shop
2019/06/18
2021/10/07
view

「イワシと夏野菜のパン粉焼き」&「ジャーマンポテト風グリル」の作り方

材料

【イワシと夏野菜のパン粉焼きの材料】

イワシ(3枚おろし)…3尾
塩…小さじ1/4
ズッキーニ…1/2本
プチトマト…4個
パプリカ…1/2個
レモン…1/4個

■ハーブパン粉
パン粉…大さじ4
パルメザンチーズ(粉チーズ)…大さじ1
にんにく(すりおろし)…小さじ1
パセリのみじん切り…大さじ1
ハーブソルト…適量
黒こしょう…適量
オリーブオイル…大さじ3

【ジャーマンポテト風グリルの材料】

じゃがいも(中)… 2個
ウィンナー…5〜6本
玉ねぎ…1/2個
とうもろこし…1本
オリーブオイル…大さじ2
コンソメ(顆粒)…小さじ1
塩…適量

作り方

~イワシと夏野菜のパン粉焼き~
【1】イワシは1/2にカットして、表面に塩をふっておきます。

【2】レモンは、4〜5mmほどの半月切りに、ズッキーニは6〜8mmほどの半月切りにします。パプリカは2〜3cmの乱切りに、プチトマトは半分にカットしておきます。

【3】ハーブパン粉の材料を全て混ぜ合わせておきます。

【4】グリラーに、【3】のパン粉の半量を敷き、その上にイワシ、野菜を彩りよく並べて、さらに残りのパン粉をイワシの上に乗せたら、準備は完了です。

~ジャーマンポテト風グリル~
【1】じゃがいもは皮をむいてくし形に切り、ウインナーは半分に切っておきます。玉ねぎ、とうもろこしは食べやすい大きさにカットしておきます。

【2】じゃがいもを、グリラーに入れて蓋をしてレンジで3分加熱しておきます。加熱したじゃがいもに、コンソメをかけてまぶしておきます。

【3】全ての材料をグリラーにバランスよく並べたら、オリーブオイルと塩を上からまわしかけます。

【4】イワシのパン粉焼きとともに、予熱した200℃のオーブンで、20〜30分焼いたら完成です。

焼き加減は、ご家庭のオーブンに合わせて調整してください。
イワシと一緒に焼く夏野菜は、ナスやかぼちゃなど、お好きな野菜にもアレンジ可能です。
ジャーマンポテト風グリルには、子どもにはケチャップ、大人にはマスタードを添えるのもおすすめです。

焼きあがったら、そのままテーブルへサーブ。洗い物が少なくて済むのも、嬉しいポイント。
夏野菜の彩りが、食卓を華やかにしてくれるので、おもてなしにももってこいです。

週末の食事や、人が集まるパーティーに、ぜひ作ってみてくださいね。

同時調理が叶う魔法のツール、「グリラー」。

今回ご紹介したように、異なるメニューも同時に仕上げてくれるグリラー。

オーブンや直火はもちろん、ガスコンロの魚焼きグリルにも入りやすいように、薄型につくられているので、お好みの方法で調理が可能です。

熱々料理をそのままテーブルサーブして楽しめるルックスも魅力のひとつ。
メイン料理からスイーツまで作れる、頼もしい1台です。

今なら、一部カラーを除きすぐにお届け可能!
この夏の食卓に、欠かせないアイテムになりますよ。
(※在庫状況は変動いたします。)

▼ご紹介した商品
グリラー GRILLER/ツールズ/イブキクラフト

■アンジェ web shop
北欧雑貨、うつわ、テーブルウェアから旬のギフトアイテムまで。
日々の暮らしを彩るお手伝い。

↓キッチンツール&レシピ「アンジェbyエブリデイキッチン」はこちら
https://www.angers-web.com/ekitchen

この記事のキーワード
関連記事
新着記事