思わず二度見!?おもてなしにもぴったりな「青い緑茶」を楽しもう

思わず二度見!?おもてなしにもぴったりな「青い緑茶」を楽しもう
「ん?青色??」と、思わず二度見してしまいそうな青いドリンクの正体は、いったい何でしょう?…
その正体は、誰もが知っている、あのドリンク!美容にもいいと言われる青いドリンクで、まだまだ暑いこの季節に涼しげなティータイムを楽しんでみませんか?


アンジェ web shop
アンジェ web shop
2018/08/22
2021/09/28
view

青く澄んだドリンクの正体は!?

思わず二度見してしまいそうな青いドリンクの正体は、美容に敏感な女性に人気の青い花・バタフライピーをブレンドした緑茶なんです。

その神秘的な青の秘密って?

見た目にも癒やされる青色の秘密は、天然の蝶豆といわれる植物。バタフライピー(英名)という名で呼ばれる青い花のハーブなんです。
天然色素としてタイや東南アジアではかなり幅広く使われていて、バタフライピーの青い花をハーブティーにして飲むと、若く美しくいられると言われているんだそう。

その理由は、青い色素の「アントシアニン」!ブルーベリーなどにも 含まれるポリフェノールの一種だから、身体に嬉しい効果が期待できるんです。

ハーブ×宇治茶の美味しさをお届け

こちらのブルーグリーンティーは、無農薬栽培されたハーブと厳選した緑茶と香りをブレンドした、体にもやさしい緑茶。
「青の美しさを愉しむ」をテーマに、何年もかけて試行錯誤を重ねてできたこだわりの青い緑茶です。

ブレンドした緑茶の茶葉には、日本緑茶発祥の地で長い歴史と文化によって培われた宇治茶を使用。

青い色を楽しみながら、日本人でも飲みやすい味わいに仕上がっていますよ。

レモンで色が変わる!?

アントシアニンは、酸性やアルカリ性の成分を足すと、色が変化するのも特徴。

ブルーグリーンティーに、レモンを数滴垂らすと、不思議!爽やかなブルーからミステリアスな雰囲気のパープルに色が変化します。

見た目の楽しさだけでなく、レモンの爽やかな風味が加わって味も変化します。

みんなのティータイムでも♪

まるで青い絵の具を溶かしたような青い緑茶、その名も「Petit Point ブルーグリーンティー」。

夏のテーブルにぴったりの爽やかな味わいだから、インスタグラマーさん達も涼しげなティータイムを楽しんでいる様子です。

manamiさん(@xoxo_manami_125)

インスタグラマーのmanamiさんのインスタグラムにも、南の島の海の色のような青い緑茶が!
かき氷器で作った細かな氷がたくさん入って、なんとも美味しそう。

kyoko. さん(@kyoko_plus)

フルーツサンドに合わせて、さっぱりとした味わいの青い緑茶を楽しんでいたのはkyoko.さん。
青い緑茶そのままの色と、レモンを絞ったパープル色が、食卓を涼しく演出してくれます。

いかがでしたか?
夏のティータイムに涼しさをもたらしてくれる青い緑茶「petit point ブルーグリーンティー」は、美しさを届けてくれるプチギフトとしてもきっと喜ばれるはず。

ぜひこの夏こんなお茶で、涼を感じながらきれいになってみませんか?

■紹介した商品
Petit Point ブルーグリーンティー/青い緑茶

■アンジェ web shop
日々の暮らしに「幸せ」を添えるお手伝い。
キッチンツール、テーブルウェア、家電など話題のグッズを多数揃えています。

↓キッチンツール&レシピ「エブリデイキッチン」はこちら
http://www.angers-web.com/ekitchen

この記事のキーワード
関連記事
新着記事