気分もあがるピクニックランチ!見た目も◎なバゲットサンドレシピ

気分もあがるピクニックランチ!見た目も◎なバゲットサンドレシピ
青空の下でのんびり過ごすのに最高な季節になりましたね!今回は、ピクニックに持っていきたい、バゲットを使ったサンドイッチレシピをご紹介します。美味しいごはんを味わいながら芝生の上にごろんとすれば、とびきり贅沢な週末になりますよ♪


アンジェ web shop
アンジェ web shop
2018/05/18
2021/10/07
view

「丸ごとバゲットサンド」レシピ 

バゲットを丸ごと1本使った、「丸ごとバゲットサンド」は見た目のインパクト大!ボリュームもあって見栄えもするのに手軽に作れるのが魅力です。

材料 3〜4人分

バゲット(太め)…1本
パストラミ…1パック
フリルレタス…10枚程度
オリーブ…10個
スライスチーズ(チェダー)…10枚
トマト…1個
マヨネーズ…適量
粒マスタード…適量

作り方

【1】
バゲットに1~1.5cm間隔で切り込みを入れていきます。具材を挟む部分に対し、ちぎる部分は深めに切り込みを入れます。

野菜は洗って、しっかり水分をきります。フリルレタスは適当な大きさにちぎり、トマトはスライスしておきましょう。

【2】
具材を挟む部分に、マヨネーズと粒マスタードを塗っていきます。

【3】
具材を挟む部分にフリルレタスを挟んでいきます。

【4】
バランスを見ながら他の具材も挟み、お好みで粒マスタードをのせれば完成です。

バゲットを丸ごと大胆に使った「丸ごとバゲットサンド」は、そのまま丸ごとピクニックに持っていきたいところですが、保存容器には入らないし、都合の良いビニール袋もなかなかないし、どうやって持っていこう…と悩まれる方も多いはず。

そんな時に使えるのは、ラッピングアイデア。特別なワックスペーパーなどがなくても、自宅で取っておいた包装紙や、100円ショップでも手に入るようなラッピング用のクラフト紙などで代用ができます。
ペーパーでくるんだバゲットサンドをそのままバスケットに入れて、小粋にお出かけしてみませんか?

ラッピングの仕方

【1】
バゲットよりも少し大きめのペーパーを用意して、バゲットの下に敷きます。

【2】
基本はキャンディ包み。手前を折り返し、奥を折り返し、くるむようにしてラッピングペーパーでバゲットを包みます。上に重なる方の紙の端を2cmほど折り返すと見栄えが良くなります。

【3】【4】
キャンディのように端をねじります。

両端をねじった、まるでキャンディのようなフードラッピング。テーブルにのせたら、中身を見せるようにして開けてあげてくださいね。

2つの味を楽しむ「スタッフドバゲット」

お次はバゲットをくり抜いて具材を詰める「スタッフドバゲット」。
スタッフドバゲットは持ち運びも簡単で、お子さんでも食べやく、アレンジもしやすいのが特徴。

今回はカレー味を楽しむ「ドライカレー」、大人も楽しめる「クリームチーズ&フルーツ」の2つの味をご紹介します。

材料 3〜4人分

・バゲット(細め)1本

(具材1)ドライカレー
合い挽き肉…250g
にんにく(みじん切り)…1片
生姜(みじん切り) …1片
玉ねぎ(みじん切り)…1/2個
ミックスベジタブル…100g
カレー粉…大さじ1~2
コンソメキューブ…1個
ケチャップ…大さじ2
水…100cc

(具材2)クリームチーズ&ドライフルーツ
クリームチーズ…150~200g
フルーツグラノーラ…50g
レーズン…大さじ3
メープルシロップ…大さじ2

具材1:ドライカレーの作り方

【1】
にんにく、生姜、玉ねぎはみじん切りにしておきます。

【2】
フライパンに油を入れて、にんにく・生姜を入れて香りがたつまで炒めたら、玉ねぎとミックスベジタブルを入れます。

【3】
野菜に火が通ったら、合い挽き肉を入れて炒めあわせます。

【4】
カレー粉を入れて香りがたつまで炒めたら、水、コンソメキューブ、ケチャップを入れて煮詰めていきます。

具材2:クリームチーズ&フルーツの作り方

【1】
クリームチーズは、常温に戻しておきます。

【2】
材料を全て入れて、しっかり混ぜたら完成です。

スタッフドバゲットの作り方

【1】
細めのバゲットを1/2本にカットして、両端を切り落とします。バゲットの中身をブレッドナイフでくり抜きます。
※くり抜いたパンは、ドライカレーの具材として混ぜてもOK。生パン粉としても使えますよ。

【2】
細いスプーンやヘラを使って、具材を詰めていきます。

【3】
中身をしっかり詰めたら、ラップで巻いて冷蔵庫で30分以上寝かします。

【4】
2センチほどの幅にカットして完成です。

ピクニックではカッティングボードにのせれば、気分もあがるランチの完成です。
片手でつまめて、具材がこぼれることもないので、お子さんでも食べやすいのが魅力。

クリームチーズ&フルーツは大人用のワインのお供としても◎。グラノーラの代わりにナッツを入れるのもおすすめです。

ピクニックを盛り上げる、名脇役のアイテムたち

なくても楽しめるけど、あった方が断然快適に過ごせるのは、コンパクトなテーブルや、使い勝手のいいカッティングボードなど。
お気に入りのアイテムがあれば、より快適に過ごせそうですね。

▼使用したアイテム
バカンス バンブーテーブル

バカンス バンブーテーブル グラン

BRUNO ビニールゴザ S

くるみの木 カッティングボード

煮柳バスケット フタ付き 大

晴れた日の週末、こんな気分のあがる「バゲットサンド」をお供に、ピクニックをお楽しみ下さい。

■アンジェ web shop
日々の暮らしに「幸せ」を添えるお手伝い。
キッチンツール、テーブルウェア、家電など話題のグッズを多数揃えています。

↓キッチンツール&レシピ「エブリデイキッチン」はこちら
http://www.angers-web.com/ekitchen

この記事のキーワード
関連記事
新着記事