【海外ドラマ飯】崖っぷちな主婦たちが活躍する、あの人気ドラマの焼き菓子って?

【海外ドラマ飯】崖っぷちな主婦たちが活躍する、あの人気ドラマの焼き菓子って?
「海外ドラマ飯」シリーズ、今回は、郊外に住む4人の主婦たちが繰り広げるハチャメチャなエピソードを、時にはミステリアスに、基本はコメディタッチで描く大人気ドラマ『デスパレートの妻たち』です。ご近所さんの“様子見がてら”の挨拶だったり、お礼やお詫びのシーンで度々登場するアメリカ定番のホームメイドな焼き菓子「マフィン」を想像しながら作ったレシピをご紹介します♪
TOMOKO
TOMOKO
2017/06/06
2021/10/07
view

▼前回ご紹介した「海外ドラマ飯」はこちら!
http://www.recipe-blog.jp/antenna/106197

【海外ドラマ飯】「デスパレートな妻たち」のブリーの「ブルーベリーマフィン」を再現!

『デスパレートな妻たち』は、アメリカのよくある郊外として設定された「ウィステリア通り」を舞台にした大人気コメディドラマ。アメリカでは2004年~2012年にかけ全8シーズンが放送され、日本でも「デス妻ブーム」を巻き起こしました。

ありそうでなさそうな波乱万丈な主婦たちの毎日に、一方で共感しながら、一方でシニカルに笑い、ハマった人は多数!そのドラマの中で、神経質で異常なまでの潔癖症ながら、料理上手なカリスマ主婦のブリーが、何かにつけてご近所に振る舞うのがアメリカンホームメイド菓子の象徴「焼きたてのマフィン」でした。

今回は旬のブルーベリーを使ってそのマフィンに挑戦!香りづけに、そっとオレンジピールを忍ばせるのが、完璧主義のブリーをイメージしたアレンジです。

■材料 Lサイズ4個分(直径65×高さ50mmの焼き型)
(A)
 薄力粉…150g
 ベーキングパウダー…小さじ2
 塩…ひとつまみ

 バター…50g
 グレープシードオイル…20g
 砂糖…50g
 卵…1個
 牛乳…150ml
 ブルーベリー…50g
 すりおろしたオレンジの皮…適量

作り方
【1】
大きめのボウルにバター、グレープシードオイル、砂糖を入れ、泡だて器でクリーム状になるまで練ります。

【2】
【1】に溶き卵と牛乳を少しずつ加え、混ぜます。

【3】
洗って水気を拭いたブルーベリーに小麦粉をひとさじ(分量外)まぶします。(生地への色移りを防ぎます)
【2】に(A)の粉類を振るい入れ、すりおろしたオレンジの皮と粉をまぶしたブルーベリーも加え、ヘラで切るようにさっくりと混ぜます。
※ブルーベリーは飾り用に少し残しておいてください。

【4】
マフィン型に生地をすくい入れ、残しておいたブルーベリーを飾り、予熱した190度のオーブンで20分ほど焼けば出来上がり!

粉類を入れたら、混ぜすぎないのがふっくら焼きあげるポイントです!
焼きたては表面がカリッと、中がしっとりした食感ですが、冷めたらトースターなどで温め直して食べると美味しくいただけますよ。

材料をどんどん混ぜて焼くだけの簡単レシピ、たくさん焼いてドラマのように活用?(悪用?)しつつ振る舞ってくださいね。

この記事のキーワード
関連記事
新着記事