まぶして振ってコクうまアップ♪粉チーズ焼き

まぶして振ってコクうまアップ♪粉チーズ焼き
粉チーズを使うとコクとうま味が増し、お料理にアクセントを与えてくれます。具材にまぶして火にかければ香ばしいチーズのカリカリ感が楽しめ、溶けたチーズは食材同士をくっつける糊の役割もしてくれて使い勝手も良いんです。冷蔵庫に粉チーズが眠っている方はぜひ活かしてみてくださいね。
フーディストノート
フーディストノート
2017/10/03
2022/04/27
view

ナスのパルメザン焼き

ナスのソテーにコクのあるカリカリチーズがしっかり絡まって、ぎゅっとおいしさの詰まった一品に!輪切りにしたナスをオリーブオイルで加熱して焼き色をつけたら、粉チーズを両面に何度かしっかり振れば完成。あつあつを召し上がれ!

レシピをチェック!>>

カリカリレンコン鶏つくね

レンコンの周りについたチーズのカリカリ感がたまりません。ひき肉を丸めたら湯通ししたレンコンではさみ、粉チーズをまぶしてこんがり焼くだけ。出来立てはもちろん冷めてもおいしいから、お弁当にもオススメです。

レシピをチェック!>>

じゃがいものガレット

じゃがいもの千切りに粉チーズ&黒こしょうをざっくりと混ぜてから作るガレット。チーズとベーコンのコクで、ついつい箸が進みます!

レシピをチェック!>>

鮭のカリカリソテー

カリッとした食感と香ばしさがおいしい、オリーブ油で焼く鮭のムニエル。衣に、砕いたコーンフレークと粉チーズ、バジルを使うのがポイントです!メインにもお弁当にもどうぞ。

レシピをチェック!>>

豚薄切り肉のミルフィーユソテー

ほんのりチーズのコクがたまらない豚薄切り肉ミルフィーユソテー。豚薄切り肉に軽く粉チーズを振り、脂身の方向を変えて次々に重ねていき、仕上げにフォークで全体を刺します。フライパンで火を通せば完成!

レシピをチェック!>>

粉チーズは完成したお料理にかけていただくのもおいしいですが、加熱させると、うま味が加わって味に深みが増します。ぜひいろいろなアレンジをお試しください!

この記事のキーワード
関連記事
新着記事