つるんとおいしい!「とうもろこしの冷製茶碗蒸し」

つるんとおいしい!「とうもろこしの冷製茶碗蒸し」
夏野菜の代表格である「とうもろこし」。シンプルにゆでたり蒸したりするだけでも十分おいしいけれど、旬を味わい尽くした夏の終わりにおすすめしたいのは、とうもろこしをふんだんに使った茶碗蒸しです。ミキサーで卵と合わせて撹拌してから蒸すと、ぎゅっと凝縮されたとうもろこしの甘みや旨味をお楽しみいただけます。旬が終わる前にぜひ作ってみてくださいね。
アンジェ web shop
アンジェ web shop
2021/09/02
2021/12/02
view

つるんとおいしい「とうもろこしの冷製茶碗蒸し」レシピ

材料(ボデガカップ200cc 4個分)

とうもろこし…2本(正味 250〜300g)
卵…2個
白だし…40ml
水…200ml

(白だし餡の材料)
白だし…小さじ2
水…100ml
片栗粉…小さじ1

作り方

とうもろこしの冷製茶碗蒸し

1. とうもろこしを1本ずつラップで包み、600Wの電子レンジで5〜6分加熱します。粗熱が取れたら、包丁で粒を外し、50gほどを飾り用に分けておきます。

2. とうもろこし、卵、白だし、水をミキサーに入れ、なめらかになるまで撹拌し、ザルで濾します。

3. 4等分になるようにボデガカップに注ぎ入れ、1個ずつふんわりとラップをかけたら、2個ずつ300Wの電子レンジで5〜6分加熱します。粗熱が取れたら、冷蔵庫に入れ冷やします。

4. だし餡の作ります。材料を小鍋に入れ、混ぜながら火にかけます。とろみがついたら、火から下ろし、氷水に当てます。粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やします。

とうもろこしの冷製茶碗蒸し

5. 飾り用のとうもろこしを、冷やした茶碗蒸しの上にのせ、その上から白だし餡をかけたら完成です。

茶碗蒸しの加熱時間は、ご家庭の電子レンジに合わせて調節してください。なるべく低いワット数でじっくり加熱するのがポイントです加熱時間が足りないようであれば、30秒ずつ追加で加熱してください。

電子レンジで加熱すると、加熱ムラが出やすいので、2個ずつ加熱するのも、きれいに仕上げるポイントです。

とうもろこしの冷製茶碗蒸し

市販の白だしを使うだけで、簡単に味が決まり時短にもなります。また、餡を上にかけることで、見た目も味も本格的な仕上がりに。

とうもろこしのおいしい季節が終わる前に、ぜひ作ってみてくださいね。

マルチなガラスカップ「ボデガ」

残暑につるんと食べたい。ボデガカップで作る「とうもろこしの冷製茶碗蒸し」

ドリンク用のカップとしてはもちろん、器としても使い勝手抜群なボデガ。すっきりとした無駄のないカタチは、テーブルにおいてあるだけで洗練された雰囲気を演出してくれます

強化ガラスなので電子レンジ使用もOK。ひんやりデザートや、温かいスープを入れてお使いいただくことも可能です。

残暑につるんと食べたい。ボデガカップで作る「とうもろこしの冷製茶碗蒸し」

今回は、ボデガの器を使った、ミキサーと電子レンジで作れるお手軽レシピをご紹介しました。

市販の白だしを使うだけで、簡単に味が決まり時短にもなります。また、餡を上にかけることで、見た目も味も本格的な仕上がりに。

とうもろこしのおいしい季節が終わる前に、ぜひ作ってみてくださいね。

 

アンジェ web shop
アンジェ web shop

北欧雑貨、うつわ、テーブルウェアから旬のギフトアイテムまで。
日々の暮らしを彩るお手伝い。

▼キッチンツール&レシピ「アンジェbyエブリデイキッチン」
https://www.angers-web.com/ekitchen

この記事のキーワード
関連記事
新着記事