少ない材料でOK!よっちさんの「驚きチキンカツ」を作ってみよう♪

少ない材料でOK!よっちさんの「驚きチキンカツ」を作ってみよう♪
サクサクの衣がおいしい「チキンカツ」は、年齢問わず人気のメニュー♪一方、パン粉や「つなぎ」をつける材料が多いカツは、おうちで作るには面倒に感じることも…。そんな時は、思い切ってつなぎの材料を省略してみませんか?今回は、ブログやInstagramで節約料理を発信しているフーディスト・よっちさんの「驚きチキンカツ」をご紹介します。基本の材料はたった2つだけ!?ぜひレシピをチェックしてみてくださいね。
フーディストノート
フーディストノート
2021/09/11
2021/09/09
view

「水」を使って衣付け!?「驚きチキンカツ」

節約レシピを多く発信するフーディスト・よっちさん。中でも、鶏むね肉はリーズナブルなお肉として重宝しているそうです。今回は、そんなよっちさん考案の「驚きチキンカツ」をご紹介。「卵は不要、基本の材料は2つだけ!鶏むね肉と思えないほどふわっふわの仕上がりで、揚げなくてOKなのも手軽に作れるポイントです」とよっちさん。衣付けのポイントは「水使い」とのこと!よっちさんが何年も作っている、おうちの定番レシピだそうですよ♪

材料(~5人分)

鶏むね肉…2枚
パン粉…適量
水…大さじ1・大さじ2
塩こしょう…少々
サラダ油…適量

A. 砂糖、塩…各ひとつまみ
A. 酒…大さじ1

作り方

1.  鶏むね肉を観音開きにし、食べる人数に合わせて切り分ける。
(鶏むね肉を一人一枚でいただく場合は、切り分けは不要です)
鶏むね肉を観音開きにする

2. ビニール袋に鶏むね肉とA. を入れて揉み込み、20分冷蔵庫に置いておく。
2. ビニール袋に鶏むね肉とA. を入れて揉み込み、20分冷蔵庫に置いておく。

3. バットを2つ用意する。
・水バット:鶏むね肉に水をくぐらせるバット
・パン粉バット:パン粉を入れるバット

空の「水バット」に鶏むね肉を入れ、塩こしょうを揉み込む。水大さじ1を鶏むね肉にかけて馴染ませる。
空の「水バット」に鶏むね肉を入れ、塩こしょうを揉み込む。水①を鶏むね肉にかけて、馴染ませる。
4. 「パン粉バット」に移し、両面にパン粉をつける。4. 「パン粉バット」に移し、両面にパン粉をつける。5.  「水バット」に戻し、水大さじ2をかけて馴染ませる。

5.  「水バット」に戻し、水②をかけ馴染ませる。

6. 「パン粉バット」に移し、更にパン粉をつける。ラップをして、10分以上時間を置く。
(暑い日は冷蔵庫へ。寒い時期は常温でOKです)

6. 「パン粉バット」に移し、更にパン粉をつける。ラップをし10分以上時間を置く(暑い日は冷蔵庫へ。寒い時期は常温で良いです)。

7. フライパンにサラダ油大さじ2を入れ、中火で熱する。鶏むね肉にパン粉をギュッと押しつけてからフライパンにのせる。
7. フライパンにサラダ油大さじ2を入れ、中火で熱する。鶏むね肉にパン粉をギュッと押しつけてからフライパンに乗せる。8. 蓋をして焼き、下の面がこんがりしたら裏返す。

8. 蓋をして焼き、下がこんがりしたら裏返す。 8. 蓋をして焼き、下がこんがりしたら裏返す。

次の鶏むね肉を焼く時は、フライパンをきれいに拭いてから再度サラダ油大さじ2程度を入れて、同じように焼いてくださいね!

驚きチキンカツ

完成です♪

お水をかけながらパン粉を付けることで密着してくれるんですね!

また、砂糖と塩、酒を揉みこんで時間をおいた鶏むね肉は、パサつかずふわっふわの仕上がりに♪

さらに焼き上がり後、すぐに食べない場合は網にのせることもおいしさのポイント。
「そのままお皿にのせると、蒸気で湿ってしまうんです」と、よっちさん。

よっちさん特製♪チキンカツにぴったりのソースレシピ

よっちさんのおうちでは「時間のない日は、ケチャップとお好み焼きソースをかけて食べる」そうですが、時間のある日は特製ソースを作るときも♪

材料(たっぷり5人分)

ケチャップ…大さじ6
お好み焼きソース…大さじ5
コンソメキューブ…1個
砂糖、酒、みりん…各大さじ2
レモン汁…小さじ1
無塩バター…10g

作り方

全てを小鍋に入れグツグツしたら、火にかけながらヘラで2分間かき混ぜて完成!
***
よっちさんのチキンカツなら少ない材料で作れるので、覚えておくと気軽に作れますよ♪鶏むね肉のレパートリー料理を増やしたいという方にもおすすめです。ぜひ作ってみてくださいね。
よっちさん
よっちさん

ネクストフーディスト3期生。3人の子どもを育てながら、ブログやInstagramで、節約料理やアイデア生活、子育てについて発信している。レシピコンテスト受賞経験多数あり。夢は、レシピ本を出版すること。

<ブログ>
「のんびりよっちのアイデアブログ」

<Instagram>
よっち【料理研究家(節約・時短レシピ)】(@yocccccccchi)

この記事のキーワード
関連記事
新着記事