筋肉料理人の家呑みレシピと時々、アウトドア
筋肉料理人
筋肉料理人の家呑みレシピと時々、アウトドア

カレーパウダーでポークカレー

筋肉料理人さんの公式連載です。おうち飲みにぴったりな、ビールや日本酒にあう簡単おつまみレシピをご紹介します。今回は「カレーパウダーでポークカレー」です。
2020/03/16
2020/03/16
view
手羽元のタバスコぽん酢焼き
記事一覧
サバ納豆とろとろお好み焼き

ポークカレー004.jpg

∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!

皆様、お元気ですか~きょうの料理はポークカレーです。カレールーを使わずにカレーパウダーと小麦粉で、ちょっと昔風のポークカレーを作ります。カレーは市販のカレールーで美味しいのが簡単に作れますが、カレーパウダーを使って作ると素朴な風味でいい感じに仕上がります。作り方は簡単です。最初に玉ねぎや肉を炒め、そこにカレーパウダーと小麦粉を入れて炒め、後は水を少しづつ入れて溶かし、お好みの調味料で味付けします。自分の好きな味にあれんっじできるのが良いところです。

カレーパウダーでポークカレー

材料2人分

豚こま肉 200g

玉ねぎ 1個

にんじん 1/5本

にんにく 1かけ

カレーパウダー 大さじ1~2お好みで

ガラムマサラ お好みで

小麦粉 大さじ2

固形コンソメ 1と1/2個

はちみつ 小さじ1

とんかつソース 大さじ1~お好みで

しょう油 小さじ1~お好みで

サラダ油 大さじ2

バター 小さじ1

水 2・1/2カップ

温かいご飯、福神漬け、らっきょう 適宜

作り方

1)玉ねぎは薄めに切ります。にんにくはみじん切り、にんじんは熱が通りやすいように小さく切ります。

ポークカレー015.jpg

2)フライパンにサラダ油大さじ1を入れて中火にかけ、豚こま肉を炒めます。色が変わったら、一旦取り出しておきます。

ポークカレー021.jpg

2)同じフライパンにサラダ油大さじ1を足し、中火で玉ねぎ、にんにくを炒めます。ここで玉ねぎが色づくまで、焦がさないように炒めます。普通に炒めると時間がかかるので、はちみつをかけて炒めると色づくのが早いです。

ポークカレー025.jpg

玉ねぎが色づいてきたら、にんじんも入れて炒めます。

ポークカレー029.jpg

3)玉ねぎが飴色に近くなったら、カレーパウダーと小麦粉を入れて炒めます。

ポークカレー032.jpg

粉っぽさがなくなるまで炒めたら、水を少し入れては混ぜるを繰り返します。水を全部入れたら固形コンソメを入れて溶かし、取り出しておいた豚肉を戻します。とんかつソース、しょう油を加えて混ぜ、フタをして20分ほど弱火で煮込みます。

ポークカレー038.jpg

ポークカレー042.jpg

ポークカレー039.jpg

にんじんが柔らかくなったら味見をします。塩気が足りなければしょう油かとんかつソースを足します。スパイシーなのが好きな方はガラムマサラを追加しましょう。仕上げにバターを混ぜて風味づけして出来上がりです。

ポークカレー043.jpg

ポークカレー047.jpg

皿にご飯(男子なら300g位)を盛り、カレーを掛け、福神漬けや甘酢らっきょうを添えて出来上がりです。

ポークカレー001.jpg

ポークカレー003.jpg

カレーパウダーでポークカレーの完成です!カレーパウダーを多めに使っているのでスパイシーですが、サラッとして素朴な味。こってり味ではありませんが、豚肉たっぷりで食べごたえがあります。そして、カレールーを使っていないので軽いのも良いところでした。このカレーは小麦粉でとろみを付けます。思ったようにとろみがつかない時は、水溶き片栗粉を少し入れて調節してください。そして、もっと旨味がほしいって時は固形コンソメを増やすといいでしょう。カレーパウダーでも手軽にカレーは作れます。ぜひ、お試しください。

手羽元のタバスコぽん酢焼き
記事一覧
サバ納豆とろとろお好み焼き
筋肉料理人さんのこれまでの記事
この記事のキーワード
この記事を書いた人
筋肉料理人
筋肉料理人

佐賀県在住の料理研究家。「どこでも手に入る材料で作れるおいしい料理」をモットーに、ブログ・YouTube等で写真や動画を使ったわかりやすいレシピを公開中。著書に『筋肉料理人の男子ゴハンレシピ』『最高の晩酌つまみ』(ともに宝島社)などがある。趣味はニックネームの由来でもある筋トレの他、バイクや熱帯魚など多岐に渡る。

 

<ブログ>
魚料理と簡単レシピ

<Twitter>
筋肉料理人 藤吉和男(@kinniku)

<YouTube>
筋肉料理人の簡単レシピ、魚料理

 

※筋肉料理人さんへの取材・仕事依頼はこちら