筋肉料理人の家呑みレシピと時々、アウトドア
筋肉料理人
筋肉料理人の家呑みレシピと時々、アウトドア

カツオユッケ、カツオたたきのユッケ風

筋肉料理人さんの公式連載です。おうち飲みにぴったりな、ビールや日本酒にあう簡単おつまみレシピをご紹介します。今回は「カツオユッケ、カツオたたきのユッケ風」です。
2018/05/06
2022/06/08
view
鶏むね肉とキノコのクリームパス...
記事一覧
豚ばら肉のガーリック酒塩焼き、...

A4290085.jpg


∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!

皆さん、お元気ですか~今日の料理はカツオユッケです。市販のカツオのたたきブロックを刺身に切り、自家製のユッケタレでユッケ風に仕上げます。市販の冷凍カツオのたたきはお値段安く、しかも美味しくて良いのですが、独特の匂いというか臭みのあるものが多いです。ユッケ風にすると臭みが抑えられ、食べやすく、しかも美味しくなります。

P4290036.jpg


上の画像は真空パックから出したカツオのたたきです。パックから出した時、臭みのないものはそのまま使ってOK。気になるくさみがある時は日本酒をかけるか酢をかけます。そしてキッチンペーパーで包み、水気を吸い取ります。その状態で匂いを嗅いでみるとあら不思議、臭みがずいぶん柔らかくなっていると思います。日本酒、酢、どちらも魚の臭みを消すのに特効があるからです。これを刺身に切ってユッケ風にします。

カツオユッケ、カツオたたきのユッケ風

材料1人分

冷凍カツオのたたき    100g

卵黄            1個

茗荷            2本

刻みねぎ          適宜

A:ユッケたれ材料(作りやすい分量)

コチュジャン、しょう油      各大さじ1 
酢、砂糖、ごま油         各大さじ1/2 
おろしにんにく           小さじ 1/4~ 
白いりごま             大さじ1

作り方

1)ユッケタレを作ります。Aを混ぜ合わせておきます。ユッケタレにはコチュジャンを使います。コチュジャンは韓国の甘辛味噌で、今はスーパで普通に売っています。このタレは焼肉に使っても美味しいです。

P4290028.jpg

P4290031.jpg


2)茗荷を切ります。茗荷は薄く小口切りにして下さい。切ったら皿にドーナッツ状に盛り付けます。

P4290033.jpg

P4290034.jpg


3)カツオのたたきを切ります。カツオのたたきは本来、厚く切ったほうが美味しいのですが、冷凍カツオは身が締まって固いので薄く切ります。5ミリ位の厚みに切りましょう。包丁の刃元から切先まで長く使って引くように切ります。

P4290037.jpg


切った刺身を皿に盛ります。皿には茗荷をドーナッツ状に盛っているので、ここにカツオのたたき同士が少し重なるように盛り付けます。こうすると中央が凹んだ形になるので、ここに卵黄を落とし、周囲に刻みねぎをちらします。

A4290053.jpg


お好みでユッケタレをかけて頂きます。

A4290087.jpg

A4290092.jpg

A4290095.jpg


カツオユッケの完成です!卵黄を潰し、カツオをユッケタレと卵黄にまぶし、茗荷と一緒に頂きます。ユッケたれは甘くて辛くスパイシー、茗荷も風味が強く、カツオの臭みは全く気にならず美味しく食べられます。匂いは消えますが旨味は素晴らしくく強いので、カツオの旨味を存分に楽しめます。これを丼にしても美味しいのでお試し下さい。




関連動画






danshigohan.jpg筋肉料理人の男子ゴハンレシピ

鶏むね肉とキノコのクリームパス...
記事一覧
豚ばら肉のガーリック酒塩焼き、...
筋肉料理人さんのこれまでの記事
この記事のキーワード
この記事を書いた人
筋肉料理人
筋肉料理人

佐賀県在住の料理研究家。「どこでも手に入る材料で作れるおいしい料理」をモットーに、ブログ・YouTube等で写真や動画を使ったわかりやすいレシピを公開中。著書に『筋肉料理人の男子ゴハンレシピ』『最高の晩酌つまみ』(ともに宝島社)などがある。趣味はニックネームの由来でもある筋トレの他、バイクや熱帯魚など多岐に渡る。

 

<ブログ>
魚料理と簡単レシピ

<Twitter>
筋肉料理人 藤吉和男(@kinniku)

<YouTube>
筋肉料理人の簡単レシピ、魚料理

 

※筋肉料理人さんへの取材・仕事依頼はこちら