筋肉料理人の家呑みレシピと時々、アウトドア
筋肉料理人
筋肉料理人の家呑みレシピと時々、アウトドア

鶏むね肉とキノコのクリームパスタ、牛乳で簡単レシピ

筋肉料理人さんの公式連載です。おうち飲みにぴったりな、ビールや日本酒にあう簡単おつまみレシピをご紹介します。今回は「鶏むね肉とキノコのクリームパスタ、牛乳で簡単レシピ」です。
2018/04/29
2022/03/28
view
手羽元のはちみつタバスコ焼き
記事一覧
カツオユッケ、カツオたたきのユ...

鶏むね肉ときのこのクリームパタ004.jpg


∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですか~今日の料理は鶏むね肉とキノコのクリームパスタです。鶏むね肉を加熱しても固くならないように下処理し、牛乳を使った簡単クリームパスタにします。鶏むね肉は安くてヘルシーですが、ぱさついて美味しくない・・・そんなイメージがありますが、この作り方なら鶏むね肉をしっとり柔らかく、美味しく食べられますよ。

まず、このレシピですが、男性向けのレシピにしています。と言うのも、日常的に筋トレしてる私がタンパク質を補給しつつ満腹する!そういう目的で作ったレシピだからです。このレシピでは鶏むね肉を100g使っているので、タンパク質が20~25g位(これにプラスして牛乳のタンパク質が7~8g)含まれています。この位含まれていれば筋トレ、スポーツをやっている方の昼食としては十分でしょう。全体にかなりボリュームがあるので、食べ盛りの男子高校生もかなり満足できると思います。女性なら2人で分けてもいいかなってレシピです。


鶏むね肉とキノコのクリームパスタ

材料 1人分(少食の方なら2人分)

鶏むね肉     100g

ペンネ      80g

キノコ(お好みのもの) 80g

小松菜       1株(50g)

にんにく      1/2かけ

バター       10g

A

片栗粉    大さじ1/2

鶏ガラスープの素 小さじ1/4

しょう油     小さじ1/4

黒こしょう、塩、昆布出汁の素   少々

日本酒    大さじ1/2


B

牛乳      1カップ(200ml)

固形コンソメ  1/2個

牛乳      1カップ(200ml)

鶏むね肉ときのこのクリームパタ019.jpg


作り方

1)キノコは石突きを切り取り、一口大に切ります。ここではヒラタケを使ったので、大きいものは小さく切りました。小松菜は根本を切り取り、5cm幅に切ります。茎と葉を分けておきます。にんにくはみじん切りです。

鶏むね肉ときのこのクリームパタ020.jpg

鶏むね肉ときのこのクリームパタ021.jpg

鶏むね肉ときのこのクリームパタ022.jpg


2)鶏むね肉の下処理をします。鶏むね肉は1cmの厚みの一口大に切ります。それをまな板に広げ、包丁の背で肉の繊維が少し潰れるくらいに叩きます。

鶏むね肉ときのこのクリームパタ025.jpg


これをボウルに入れ、Aとにんにくの1/3を加えて手でもみましょう。こうすることで鶏むね肉に日本酒、片栗粉、下味が浸透し、加熱した時に水分を蓄えるので固くならず、ジューシー、旨みたっぷりに仕上がります。

鶏むね肉ときのこのクリームパタ028.jpg

鶏むね肉ときのこのクリームパタ029.jpg


3)鍋に1リットルの水と塩小さじ2、昆布出汁の素小さじ1/2を入れて火にかけ、ペンネを説明書の時間ゆでます。茹で上がったらザルにあげておきます。

鶏むね肉ときのこのクリームパタ026.jpg

4)フライパンにバターとにんにくを入れて中火にかけます。バターが溶けたら下処理した鶏むね肉を広げていれ、焼き目がついたら返します。返したら小松菜の茎を入れ、鶏むね肉の反対側にも焼き目がついたらきのこを入れて炒めます。Bと茹で上がったペンネを加え、時々、混ぜながら煮込みます。牛乳の量が2/3位になったら小松菜の葉を入れて混ぜます。牛乳の量が半分くらいになったら黒こしょうをふって出来上がりです(煮詰め方で塩分を調節します。お好みに煮詰めてください。)。

鶏むね肉ときのこのクリームパタ031.jpg

鶏むね肉ときのこのクリームパタ034.jpg

鶏むね肉ときのこのクリームパタ037.jpg

鶏むね肉ときのこのクリームパタ039.jpg

鶏むね肉ときのこのクリームパタ040.jpg

鶏むね肉ときのこのクリームパタ042.jpg

鶏むね肉ときのこのクリームパタ043.jpg


皿に盛り付けて頂きます。

鶏むね肉ときのこのクリームパタ011.jpg

鶏むね肉ときのこのクリームパタ012.jpg

鶏むね肉ときのこのクリームパタ015.jpg


鶏むね肉とキノコのクリームパスタの完成です! 下処理して料理した鶏むね肉はしっとり柔らかで旨味があり、とても美味しいです。牛乳ベースのクリームソースが絡んでとても美味しい。ペンネは説明書の時間下茹でし、その後に牛乳で煮込んでいるので柔らかめにしています。柔らかめのペンネは味がしっかり絡み、このくらい煮込んだほうが日本人好みの口当たりになっていて美味しいと思います。トレーニーにお勧めのパスタレシピです。



関連動画







danshigohan.jpg筋肉料理人の男子ゴハンレシピ

手羽元のはちみつタバスコ焼き
記事一覧
カツオユッケ、カツオたたきのユ...
筋肉料理人さんのこれまでの記事
この記事のキーワード
この記事を書いた人
筋肉料理人
筋肉料理人

佐賀県在住の料理研究家。「どこでも手に入る材料で作れるおいしい料理」をモットーに、ブログ・YouTube等で写真や動画を使ったわかりやすいレシピを公開中。著書に『筋肉料理人の男子ゴハンレシピ』『最高の晩酌つまみ』(ともに宝島社)などがある。趣味はニックネームの由来でもある筋トレの他、バイクや熱帯魚など多岐に渡る。

 

<ブログ>
魚料理と簡単レシピ

<Twitter>
筋肉料理人 藤吉和男(@kinniku)

<YouTube>
筋肉料理人の簡単レシピ、魚料理

 

※筋肉料理人さんへの取材・仕事依頼はこちら