Mizukiの簡単レシピとキラキラテーブルスタイリング
Mizuki
Mizukiの簡単レシピとキラキラテーブルスタイリング

♡レンジで6分♡超簡単鶏塩チャーシュー♡【#時短#節約#作り置き#鶏むね肉】

Mizukiさんによるフーディストノート公式連載です。身近な食材で作れる簡単レシピとキラキラでキュートなスタイリングを紹介します。今回は「♡レンジで6分♡超簡単鶏塩チャーシュー♡【#時短#節約#作り置き#鶏むね肉】」です。
2016/12/08
2016/12/08
view
♡牛乳deぽってり満足♡ポテトポタ...
記事一覧
♡揚げずに簡単♡ささみ南蛮withオ...
おはようございます♩ 料理研究家・スイーツコンシェルジュの Mizukiです(*^^*) 今日は作りおきにもおすすめの チャーシューレシピを ご紹介させて頂きます♫ 少し前ブログにアップした 《♡レンジで6分♡超簡単鶏チャーシュー♡》 をアレンジしましたよ(*´艸`) そんな今回のチャーシューはずはり塩味! 旨味ある《鶏塩チャーシュー》です♩ こちらも作り方は全く同じで超簡単! 火を使わずに作れますよ♡ 加熱はレンジでたったの6分♩ しかもタコ糸不要です♫ そのまま食べるのはもちろん マヨネーズやぽん酢をつけても◎ たっぷりの野菜と合わせてサラダにしたり サンドイッチの具にもおすすめです♩ ごはんにもパンにも合いますよ〜(o^^o) 冷蔵庫で1週間程保存可能なので 作り置きにもおすすめ♫ 簡単でヘルシーな鶏塩チャーシューを 是非お試し下さい(*^^*) ♡レンジで6分♡ 超簡単鶏塩チャーシュー IMG_3144.JPG 【2〜3人分】 鶏むね肉…大1枚(300g) ●塩・砂糖…各小1/3 ●鶏がらスープ…小1 ●みりん…大1 ●水・酒…各大3 ●にんにくチューブ…2cm ☆ごま油・レモン汁…各小1 1.むね肉全体をフォークで刺し、身の厚いところは包丁で開いて厚みを均等にする。 e80ec40659f11e7d490076ff01491e200c3f13e2.JPG 2.深さのある耐熱容器に●を入れて混ぜ合わせ、1を入れてふんわりラップし、600Wのレンジで4分加熱する。 IMG_3148.JPG 3.一度取り出して鶏肉を裏返し、再びふんわりラップして、600Wのレンジで2分加熱する。 レンジから取り出し、ラップを外して粗熱を取る。 4.鶏肉と残ったたれと☆を保存袋に入れ、できれば一晩漬ける。 (すぐ食べる時のポイントは↓に書いてます♩) IMG_3122.JPG 5.食べる時にお好みの厚さにスライスし、(お好みで)残ったたれをかける。 ※ぽん酢やマヨネーズをつけて食べても♩ IMG_3149.JPG 《ポイント》 ♦︎必ず深い耐熱容器をご使用下さい☆ (耐熱ボウルなど) ♦︎粗熱を取った状態ですぐに食べる場合は、残ったたれを少しかけたり、ぽん酢やマヨネーズ、ドレッシングなどをつけて食べると◎ ♦︎冷やせば冷やす程綺麗に切れます♩ うちでは冷たいまま食べてます♩ ♦︎冷蔵庫で1週間程保存可能です♩ 《★スタイリングポイント★》 IMG_3146.JPG ↑ どうでもいいことなんですけど••• メイン画像よりこっちの方が好きw でもやっぱり断面が見えないと!(泣) ってことで選びませんでした( ;∀;) にしても!スライスした鶏チャーシューって綺麗ですよね(*^^*) 上から斜め左に包丁を入れ、できるだけ同じ幅になるようにスライスしています♫ そしてここからがポイント☆ スライスした鶏チャーシューの表面を軽く押さえ、断面が綺麗に見えるように少しずつずらします。 その後包丁をチャーシューの下に入れ、その状態を保ったままお皿に盛り付けます。 そうすることでスライスしたチャーシューを1枚ずつ並べるより綺麗に仕上がりますよ! わかりにくい(汗) 伝わりますでしょうか?(泣) 伝わりますように••• 毎日レシピを更新しています♫ 【Mizuki 公式LINEブログ】 http://lineblog.me/mizuki_official/
♡牛乳deぽってり満足♡ポテトポタ...
記事一覧
♡揚げずに簡単♡ささみ南蛮withオ...
Mizukiさんのこれまでの記事
この記事のキーワード
この記事を書いた人
Mizuki
Mizuki

料理研究家・スイーツコンシェルジュ。和歌山県在住。“簡単・時短・節約”をコンセプトに、ブログ「Mizukiオフィシャルブログ~奇跡のキッチン」で毎日レシピを紹介し、月間300万PVを誇る。3年連続レシピブログアワードグランプリを受賞。Instagramのフォロワーは100万人を突破(2022年7月現在)。企業のレシピ開発や雑誌、テレビ、Webメディアなどで活躍中。

 

<ブログ>
「Mizukiオフィシャルブログ~奇跡のキッチン」

<Instagram>
Mizuki(@mizuki_31cafe)

<Twitter>
Mizuki ミズキ@料理研究家(@Mizuki_31cafe)

<YouTube>
「Mizukiの奇跡のキッチン」

 

※Mizukiさんへの取材・仕事依頼はこちら