あいりおーの“毎日作りたくなる”おうちパン
あいりおー
あいりおーの“毎日作りたくなる”おうちパン

クリスマスにはリース仕立てのクグロフ

あいりおーさんのフーディストノート公式連載です。主にホームベーカリーを使った、初心者でも簡単に作れるおうちパンをご紹介します。今回は「クリスマスにはリース仕立てのクグロフ」です。
2015/12/11
2021/12/13
view
厚焼きフォカッチャ!
記事一覧
オーブン使わずグリルdeピザ!

1211レシピブログ1.jpg
みなさんこんにちは_φ(ゝc_,・*)♪

12月に入ってもう1/3も過ぎてしまったかと思うと、年賀状やクリスマスの準備や大掃除とやることがいっぱいで、気持ちが忙しくなってきますね。

毎年同じことを言っている気がしますが、みなさんはもう準備できましたか~?゜+・(о´▽`о)゜+・

クリスマスまであと2週間ほど、ケーキにチキンにピザに~と

きっとおいしいテーブルなんでしょうね~。

そんなクリスマスにぴったりなパンをご紹介します♪

赤と緑でちょっぴりおめかししたクグロフはクリスマスのリースのよう。

一般的にはバター、砂糖たっぷりのブリオッシュ生地に、洋酒でつけたフルーツが入っていたり、発酵生地を使った本格的なものまでいろんなクグロフがありますが、

ここは「毎日つくりたくなるおうちパン」ってことで手軽で簡単に作ります。

しかもブリオッシュよりはライトなタイプです♪

生地に生クリームやアーモンドプードルをちょっぴり配合してリッチな味わいです。

生クリームはケーキ作りの余りなんか使って作ればわざわざ買わなくても済みます^^

では早速レシピと作り方をご紹介します。

「リース仕立てのクグロフ」レシピ

材料 (クグロフ型14cm2個分、または18cm1個分)

強力粉…180g
アーモンドプードル…20g
ブラウンシュガー(なければ普通の砂糖でもOK)…30g
・塩…3.6g
スキムミルク…6g
耐糖性インスタントドライイースト…3g
・卵黄…1個18g
・水…95g
・生クリーム…20g
バター…30g
ミックスドライフルーツ…100g(蒸し器で4分蒸しておく)

トッピング
コーティングチョコレートホワイト…60g程度
ドライクランベリー…適宜
グリーンピスタチオ…適宜
・アーモンドなどお好みのナッツ…適宜(180度で8分ほどローストしておく)

作り方

1211レシピブログ3.jpg1. ミックスドライフルーツは蒸し器に入れて4分ほど蒸す。

※蒸す前の上の写真と、蒸した後の下の写真とでは、フルーツが適度な水分を含んでふっくらとしているのがわかると思います。水分を含ませることでとってもおいしくなり、パン生地の水分も吸わないのでおすすめです。
1211レシピブログ4.jpg
2. 卵黄、水、生クリームは一緒に合わせておく。バター、ミックスフルーツ以外の・印の材料をホームベーカリーやこね機にセットし、スイッチオン。10分後、バターを投入。

残り時間4分前くらいに1の冷めたドライフルーツを入れてこね上げ、ボウルに入れてシャワーキャップをかぶせて30℃くらいのところで生地が2倍~2.5倍になるまで1次発酵する。

※生地に入っている糖分とフルーツの影響で普通のパン生地よりも発酵に時間がかかりますが、生地の変化を見て画像のように大きくなっていたらOKです

1211レシピブログ5.jpg
3. 2の1次発酵が終わった生地を2分割して、生地を丸め直します。

15分ほど生地を休ませます。

※その際、生地が乾燥しないように私は大きなビニール袋をかぶせています

1211レシピブログ6.jpg
4. 3の生地を再び丸め直し、画像のように真ん中に穴を開け

指で広げて、オイルスプレーを塗ったクグロフ型に穴を押し広げるように入れる。

生地を入れたら、手で軽く押さえて平にならします。

1211レシピブログ7.jpg
5. 4の生地を35℃に設定したオーブンや発酵器で一回り大きくなるまで2次発酵させる。

※この時生地が乾燥しないよう、お湯を少し入れたトレーなどをオーブンの天板の下に入れておくと湿度を保って発酵できますよ

1211レシピブログ 8.jpg
6. 5の生地を200℃に余熱したオーブンで14分~15分ほど焼成する。
焼けたら型ごとキッチンの台に軽く打ち付け、中の熱い空気を逃し、型から出して、ケーキクーラーで粗熱を取る。

※18cm型の場合は20分ほど焼成します
※ご家庭のオーブンに合わせて温度、時間は調整してください

1211レシピブログ8.jpg7. トッピングのコーティングチョコを湯煎でとかし、絞り袋に入れてパンの上にかける。トッピングのクランベリーやナッツをチョコが乾く前にのせる

※スプーンですくってかけても良いです

※絞り袋を使うことで、きれいな「たら~り」とした仕上がりにできます

※部屋が寒いとすぐチョコが固まるので寒い今時期は手早く作業するのがポイントです

1211レシピブログ9.jpg
ほわんほわんの生地にフルーツがとってもよく合うクグロフです。

焼いた日に食べるならそのままで、翌日以降は軽くトーストがおすすめです。

最後まで読んでくださってありがとうございます。
。” ゚☆,。・:*:・゚★o(´▽`*)/♪Thanks♪\(*´▽`)o゚★,。・:*:・☆゚”

厚焼きフォカッチャ!
記事一覧
オーブン使わずグリルdeピザ!
あいりおーさんのこれまでの記事
この記事のキーワード
この記事を書いた人
あいりおー
あいりおー

福岡県在住。子どもたちの為に始めたキャラ弁作りをきっかけに2006年からブログを開始。その後、パンやお菓子も作れるお母さんになりたいという思いから全く縁のなかったパンやお菓子作りを開始。写真の美しさや世界観にも定評があり、今では企業へのレシピ提供やCM撮影用のパン制作など、多方面で活躍の幅を広げている。著書『あいりおーのお店みたいなパンレシピ』(宝島社)も好評発売中。

 

<ブログ>
Happy Delicious Bakery
Happy Delicious Bakery Sweets

 

<Instagram>
あいりおー(@airio830)

 

※あいりおーさんへの取材・仕事依頼はこちら